WWEエクストリーム・ルールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エクストリーム・ルールズ(Extreme Rules)はアメリカのプロレス団体WWEが主催する、プロレス興行の名称。また、同興行を扱うPPVの名称でもある。2005年から2008年まで行われたワン・ナイト・スタンド(One Night Stand)から、2009年に変更された。この興行はワン・ナイト・スタンド同様、全試合がハードコア・ルールの公演である。

試合結果[編集]

第1回大会(2009年)WWE Extreme Rules 2009[編集]

  • ダーク・マッチ -Dark Match-
ミッキー・ジェームスケリー・ケリー vs ベス・フェニックスローザ・メンデス
コフィ・キングストン(c) vs MVP vs マット・ハーディー vs ウィリアム・リーガル
レイ・ミステリオ(c) vs クリス・ジェリコ
  • サモアン・ストラップ・マッチ -Samoan Strap Match-
CMパンク vs ウマガ
クリスチャン(c) vs ●ジャック・スワガー vs トミー・ドリーマー
  • 豚小屋マッチ形式"ミス・レッスルマニア"戦 -Hog Pen Match for the title of Miss WrestleMania-
ヴィッキー・ゲレロチャボ・ゲレロ vs サンティーナ・マレラ
試合直前にヴィッキーがハンディキャップマッチへと変更
ランディ・オートン(c) vs バティスタ
  • サブミッション・マッチ -Submission Match-
ジョン・シナ vs ビッグ・ショー
エッジ(c) vs ジェフ・ハーディー
試合後CMパンクが登場しマネー・イン・ザ・バンクの権利を行使し、王座戦が組まれる
  • 世界ヘビー級王座戦 -World Heavyweight Championship-
●ジェフ・ハーディー(c) vs CMパンク○

第2回大会(2010年)WWE Extreme Rules 2010[編集]

  • ダーク・マッチ -Dark Match-
コフィ・キングストン vs ドルフ・ジグラー
  • ガントレット・マッチ -Gaunlet Match-
○ショー・ミズ(ビッグ・ショー&ザ・ミズ) vs ジョン・モリソン&Rトゥルース
○ショー・ミズ(ビッグ・ショー&ザ・ミズ) vs MVP&マーク・ヘンリー
●ショー・ミズ(ビッグ・ショー&ザ・ミズ) vs ハート・ダイナスティ(タイソン・キッド&デビッド・ハート・スミス)○
ハート・ダイナスティがWWE統一タッグ王座の第一挑戦者となる
  • ヘアー・マッチ -Hair Match-
CMパンク vs レイ・ミステリオ
CMパンクが負けた場合は丸坊主となる。
  • ストラップ・マッチ -Strap Match-
JTG vs シャド・ガスパード
ジャック・スワガー(c) vs ランディ・オートン
シェイマス vs トリプルH
ミシェル・マクール(c) (w / レイラ&ヴィッキー・ゲレロ) vs ベス・フェニックス
エッジ vs クリス・ジェリコ
ジョン・シナ(c) vs バティスタ

第3回大会(2011年)WWE Extreme Rules 2011[編集]

シン・カラ vs タイソン・キッド
ランディ・オートン vs CMパンク
シェイマス(c) vs コフィ・キングストン
  • カントリー・ウイピング・タックチームマッチ -Tag Team Country Whipping Match-
マイケル・コール&ジャック・スワガー vs ジム・ロス&ジェリー "ザ・キング" ローラー
  • フォールズ・カウント・エニウェアマッチ -Falls Count Anywhere Match-
レイ・ミステリオ vs コーディ・ローデス
  • ノーDQ・敗者WWE追放マッチ -No Disqualification losers Leaves WWE Match-
レイラ vs ミシェル・マクール
クリスチャン vs アルベルト・デル・リオ
ケイン&ビッグ・ショー(c) vs ザ・コア(ウェイド・バレット&エゼキエル・ジャクソン)●
ザ・ミズ(c) vs ジョン・モリソン vs ジョン・シナ

第4回大会(2012年)WWE Extreme Rules 2012[編集]

サンティーノ・マレラ(c) vs ザ・ミズ
  • フォールズ・カウント・エニウェアマッチ -Falls Count Anywhere Match-
ランディ・オートン vs ケイン
ビッグ・ショー(c) vs コーディ・ローデス
シェイマス(c) vs ダニエル・ブライアン
1本目 ○シェイマス vs ダニエル・ブライアン●
2本目 ●シェイマス vs ダニエル・ブライアン○
3本目 ○シェイマス vs ダニエル・ブライアン●
  • ハンディキャップマッチ -2-on-1 Handicap Match-
ライバック vs アーロン・レリック&ジェイ・ハットン●
CMパンク(c) vs クリス・ジェリコ
ニッキー・ベラ(c)(w / ブリー・ベラ) vs レイラ
ジョン・シナ vs ブロック・レスナー

第5回大会(2013年)WWE Extreme Rules 2013[編集]

ザ・ミズ vs コーディ・ローデス
コフィ・キングストン(c) vs ディーン・アンブローズ
  • ストラップ・マッチ -Strap Match-
シェイマス vs マーク・ヘンリー
アルベルト・デル・リオ(w / リカルド・ロドリゲス) vs ジャック・スワガー(w / ゼブ・コルター)●
  • トルネード形式WWEタッグ王座戦 - Tornado tag team match for the Tag Team Championship-
チーム・ヘル・ノーケイン&ダニエル・ブライアン)(c) vs ザ・シールドセス・ロリンズ&ロマン・レインズ)○
ランディ・オートン vs ビッグ・ショー
ジョン・シナ(c) vs ライバック
両者試合続行不能でノー・コンテスト
ブロック・レスナー(w / ポール・ヘイマン) vs トリプルH

第6回大会(2014年)WWE Extreme Rules 2014[編集]

エル・トリート(w/ディエゴフェルナンド) vs ホーンスワグル(w/ヒース・スレイタージンダー・マハルドリュー・マッキンタイア)●
セザーロ(w / ポール・ヘイマン) vs ジャック・スワガー(w / ゼブ・コルター) vs ロブ・ヴァン・ダム
  • ハンディキャップ・マッチ -2 on 1 handicap match-
アレクサンダー・ルセフ(w / ラナ) vs Rトゥルースエグザビアー・ウッズ
ビッグ・E(c) vs バッド・ニュース・バレット
  • 6人タッグチーム・マッチ -6-person Tag Team Match-
ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ロリンズ&ロマン・レインズ) vs エボリューション(トリプルH&ランディ・オートン&バティスタ)●
ブレイ・ワイアット(w/ルーク・ハーパー&エリック・ローワン) vs ジョン・シナ
ペイジ(c) vs タミーナ・スヌーカ
ダニエル・ブライアン(c) vs ケイン

第7回大会(2015年)WWE Extreme Rules 2015[編集]

ネヴィル vs バッド・ニュース・バレット
ディーン・アンブローズ vs ルーク・ハーパー
  • キス・マイ・アス・マッチ -Kiss My Ass Match-
ドルフ・ジグラー vs シェイマス
シェイマスは試合に負けたがジグラーにローブローを行い、逆に自分の尻にキスさせた
タイソン・キッド&セザーロ(c) vs ニュー・デイ(ビッグ・E&コフィ・キングストン(w/エグザビアー・ウッズ))○
ジョン・シナ(c) vs ルセフ(w / ラナ)●
ニッキー・ベラ(c)(w / ブリー・ベラ) vs ナオミ
ロマン・レインズ vs ビッグ・ショー
セス・ロリンズ(c) vs ランディ・オートン
ケインがケージの門番に、オートンは決め技、RKOを使えないルール

第8回大会(2016年)WWE Extreme Rules 2016[編集]

バロン・コービン vs ドルフ・ジグラー
  • トルネード形式タッグ・マッチ -Tornade Tag team Match-
ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン vs ウーソズ (ジミー・ウーソ&ジェイ・ウーソ)●
カリスト(c) vs ルセフ(w/ラナ)○
ニュー・デイ (ビッグ・E&エグザビアー・ウッズ)(w/コフィ・キングストン)(c) vs ボード・ビレインズ(エイデン・イングリッシュ&サイモン・ゴッチ)●
ザ・ミズ(c) vs ケビン・オーウェンズ vs サミ・ゼイン vs セザーロ
ディーン・アンブローズ vs クリス・ジェリコ
  • サブミッション・マッチ形式女子王座戦 -Sabmission match for Womans Championship-
シャーロット(c) vs ナタリア
ロマン・レインズ(c) vs AJスタイルズ

第9回大会(2017年)WWE RAW's Extreme Rules 2017[編集]

カリスト vs アポロ・クルーズ(w / タイタス・オニール)●
ディーン・アンブローズ(c) vs ザ・ミズ(w / マリース)○
反則裁定でも王座移動の取り決め。
  • 男女混合タッグ戦 -Mixed tag team match-
リッチ・スワン&サシャ・バンクス vs ノアム・ダー&アリシア・フォックス
アレクサ・ブリス(c) vs ベイリー
ハーディー・ボーイズ(マット・ハーディー&ジェフ・ハーディー)(c) vs シェイマス&セザーロ
ネヴィル(c) vs オースチン・エリーズ
  • フェイタル5ウェイWWEユニバーサル王座挑戦者決定戦 -Fatal 5-Way Extreme Rules match to determine the #1 contender for the WWE Universal Championship-
サモア・ジョー vs ロマン・レインズ vs セス・ロリンズ vs ブレイ・ワイアット vs フィン・ベイラー

第10回大会(2018年)WWE Extreme Rules 2018[編集]

No. 結果 試合形式 時間[2][3]
1P アンドラーデ・"シエン"・アルマス (with ゼリーナ・ヴェガ) vs. シンカラ シングルマッチ[4] 7:00
2P サニティー (エリック・ヤング, アレクサンダー・ウルフ & キリアン・デイン) vs. ニュー・デイ (ビッグE, コフィ・キングストン & エクザビア・ウッズ)● テーブルマッチ[5] 8:00
3 マット・ハーディー & ブレイ・ワイアット (c) vs. Bチーム (ボー・ダラス & カーティス・アクセル)◯ WWEロウタッグ王座戦選手権試合[6] 8:00
4 フィン・ベイラー vs. バロン・コービン シングルマッチ[7] 8:20
5 カーメラ (c) vs. アスカ WWEスマックダウン女子王座戦[8] 5:25
6 ジェフ・ハーディー (c) vs. 中邑真輔 WWE US王座戦[9] 0:06
7 ケヴィン・オーウェンズ vs. ブラウン・ストローマン
  • ケヴィン・オーウェンズがケージからの脱出により勝利
スティール・ケージマッチ[10] 8:05
8 ブラジオン・ブラザーズ (ハーパー & ローワン) (c) vs. ヘル・ノー (ダニエル・ブライアン & ケイン)● WWEスマックダウンタッグ王座戦[11] 8:20
9 ボビー・ラシュリー vs. ローマン・レインズ シングルマッチ[12] 14:50
10 アレクサ・ブリス (c) (with ミッキー・ジェームス) vs. ナイア・ジャックス (with ナタリヤ)● WWEロウ女子王座戦[13] 7:30
11 AJ スタイルズ (c) vs. ルセフ (with エイダン・イングリッシュ)● WWE王座戦[14] 15:35
12 ドルフ・ジグラー (c) (with ドリュー・マッキンタイア) vs. セス・ロリンズ
  • 5-4でドルフ・ジグラーが王座防衛
30分アイアンマンマッチ形式WWEインターコンチネンタル王座戦[15] 30:10
  • (c) – 試合開始時点でのチャンピオンを指す
  • P – プレショーで行われた試合を指す


脚注[編集]

  1. ^ WWE [@WWE]. "There's more than one way to get what you want. "Heaven's Got a Back Door" by @deadsara is an #OfficialThemeSong of #ExtremeRules." (ツイート). 14 July 2018閲覧Twitterより. 
  2. ^ Powell’s WWE Extreme Rules 2018 Kickoff Show live notes: New Day vs. Sanity in a tables match, Andrade Almas vs. Sin Cara”. Pro Wreslting Dot Net. 2018年7月15日閲覧。
  3. ^ Powell’s WWE Extreme Rules live review: Roman Reigns vs. Bobby Lashley, AJ Styles vs. Rusev vs. for the WWE Championship, Dolph Ziggler vs. Seth Rollins in a 30-minute Iron Man match for the IC Title, Bludgeon Brothers vs. Team Hell No for the Smackdown Tag Titles”. Pro Wreslting Dot Net. 2018年7月15日閲覧。
  4. ^ Andrade “Cien” Almas def. Sin Cara (Kickoff Match)”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  5. ^ SAnitY def. The New Day (Kickoff Tables Match)”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  6. ^ The B-Team def. “Woken” Matt Hardy & Bray Wyatt to become the new Raw Tag Team Champions”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  7. ^ Finn Bálor def. “Constable” Baron Corbin”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  8. ^ SmackDown Women’s Champion Carmella def. Asuka”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  9. ^ Shinsuke Nakamura def. Jeff Hardy to become the new United States Champion; Randy Orton attacked Hardy after the match”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  10. ^ Kevin Owens def. Braun Strowman in a Steel Cage Match via Escape”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  11. ^ SmackDown Tag Team Champions The Bludgeon Brothers def. Team Hell No”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  12. ^ Bobby Lashley def. Roman Reigns”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  13. ^ Raw Women’s Champion Alexa Bliss def. Nia Jax (Extreme Rules Match)”. WWE. 2018年7月15日閲覧。
  14. ^ WWE Champion AJ Styles def. Rusev”. WWE. 2018年7月16日閲覧。
  15. ^ Intercontinental Champion Dolph Ziggler def. Seth Rollins (30-Minute WWE Iron Man Match)”. WWE. 2018年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]