レッスルマニア35

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WrestleMania 35
情報
主催 WWE
ブランド Raw
SmackDown
205 Live
開催日 2019年4月7日
観客数 82,265[1]
都市 East Rutherford, New Jersey
会場 メットライフ・スタジアム
レッスルマニア年表

レッスルマニア34 WrestleMania 35 レッスルマニア36

レッスルマニア35(WrestleMania 35)はWWEが主催するペイ・パー・ビューイベント、かつ年間最大で世界最大のプロレスイベントレッスルマニアの第35回大会。2019年4月7日にニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムで開催された。

概要[編集]

レッスルマニアフィナーレの花火

開催地は2018年3月15日に発表された[2]。本興行はロウスマックダウンの合同であり、WWEの旗艦イベント。同地での開催は2013年レッスルマニア29以来6年ぶり。ニュージャージーでの開催は4回目(IVV29)。ニューヨーク都市圏では6度目(I2XXX、29)。

背景[編集]

本大会では3月4日放送の『ロウ』でNBC『サタデー・ナイト・ライブ』のコリン・ジョストマイケル・チェを特派員に任命。翌週のロウでアレクサ・ブリスが司会進行を務めると発表された[3]

大会までのあらすじ[編集]

メインイベント[編集]

1月のロイヤルランブルの女子ロイヤルランブル戦で優勝したベッキー・リンチは28日の『ロウ』でロウ女子王者ロンダ・ラウジーとの対戦を選択[4]。ベッキーは2018年12月16日のTLCでのメインイベントであるスマックダウン女子王座トリプルスレットTLC戦アスカに王座を奪われ、2019年1月27日ロイヤルランブルでの王座戦でも敗退、王座を奪還できなかったが同日に行われた直後のロイヤルランブル戦でラナに代わって28番目に登場しそのまま優勝した。しかし2月4日放送では、ステファニー・マクマホンが診断書提示を要求したもののベッキーは拒否し、直後にステファニーを襲撃。その結果ベッキーは無期限出場停止処分を課される事となった[5]。翌週のロウでビンス・マクマホンCEOが登場し、ベッキーに対してレッスルマニアを含む60日間の出場停止処分を命し、代わりにシャーロット・フレアーがロウ女子王座戦に出場することが発表された。しかし3月4日放送『ロウ』で、ベッキーの出場停止を解除。3.10ファスト・レーンでシャーロットと対戦。勝利すればレッスルマニアでラウジー、シャーロットとのトリプルスレットでのロウ女子王座戦に挑むことになっていた[6]。その結果、シャーロットが反則負けを喫したことにより正式に本大会でのトリプルスレット戦での開催が決定した[7]。同月25日『ロウ』でラウジーが本大会のメインイベントをロウ女子王座戦を行うと発表。翌日『スマックダウン』でシャーロットがアスカが保持するスマックダウン女子王座戦を電撃に実施。シャーロットが新王者となり[8]、このため、ロウ女子王座戦は事実上統一女子王座戦となった。4月1日『ロウ』でステファニーが勝者にロウ・スマックダウン両王座のベルトを獲得する勝者総取りにすると発表[9]

世界選手権試合[編集]

一方男子ロイヤルランブル戦を制したセス・ロリンズは28日の『ロウ』で、ユニバーサル王者ブロック・レスナーとの対戦を選択[4]

WWE王座戦は2月12日の『スマックダウン』で2.17エリミネーション・チェンパーでのガントレットマッチでのWWE王座次期挑戦者決定戦でコフィ・キングストンがダニエル・ブライアンが保持するエリミネーション・チェンパー形式のWWE王座戦の挑戦権を獲得した。しかしECでコフィはダニエルの前で敗れ、3.10ファスト・レーンでシングルでのWWE王座戦が組まれる予定だった。しかし2月26日『スマックダウン』でビンスCEOが登場し、電撃的にケビン・オーエンズを挑戦者に指名される。オーエンズはファスト・レーンでもダニエルの前に散り、3月12日『スマックダウン』でビンスCEOがコフィがWWE王座の挑戦のチャンスが与えられ[10]、翌週、ガントレットマッチを実施。最後まで勝ち残り[11]、翌週の放送では、エグザビアー・ウッズ & ビッグEとのタッグチームガントレットマッチでも勝利し、コフィがダニエルが持つWWE王座戦に挑むことになった[8]

その他の試合[編集]

2月17日のエリミネーション・チェンバーで戸澤陽を下し防衛に成功したバディ・マーフィーはクルーザー級王座次期挑戦者決定戦を2日後の205 Liveでトーナメント戦を実施し、レッスルマニアで王座戦を行うとドレイク・マーベリックGMが発表[12]。1回戦でトニー・ニース、ドリュー・グラック、オニー・ローキャン、セドリック・アレクサンダーが準決勝に進出した[13][14]。3月19日放送でトニー・ニースがマーフィーが保持するクルーザー級王座戦の挑戦権を獲得した。

2018年10月に放送の『スマックダウン1000』でエボリューションの一員としてゲスト登場したバティスタが2019年2月25日『ロウ』でのリック・フレアー70歳生誕祭でフレアーを襲撃し、トリプルHを挑発[15]。その2週間後のロウにて、バティスタとトリプルHのフェイスオフが行われ、反則裁定なしのノー・ホールズ・バード戦を行う事が決定[3]

また、カート・アングルは本大会をもって引退することが発表された[3]

2018年11月にサウジアラビアで行われたクラウン・ジュエルでのWWEワールドカップ決勝でザ・ミズの代わりにシェイン・マクマホンが代打出場してそのまま優勝。その後ザ・ミズとタッグを組み、スマックダウンタッグ王座を戴冠。しかし2月17日のエリミネーション・チェンパーでウーソズに敗れ王座陥落し、3月10日のファスト・レーンでも敗退。その際にシェインがザ・ミズを襲撃して仲間割れし、本大会でのシングルマッチが決定した[10]

結果[編集]

No. 結果 試合形式 時間[16][1]
1P バディー・マーフィー (c) vs. トニー・ニース WWEクルーザー級王座戦[17] 10:40
2P カーメラサラ・ローガンを最後に脱落させ勝利[Note 1] 女子バトルロイヤル杯争奪戦[18] 10:30
3P ザ・リバイバル (ダッシュ・ワイルダー & スコット・ドーソン) (c) vs. カート・ホーキンス & ザック・ライダー WWEロウタッグ王座戦[19] 13:20
4P ブラウン・ストローマンコリン・ジョストを最後に脱落させ勝利[Note 2] アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤル[20] 10:20
5 ブロック・レスナー (c) (with ポール・ヘイマン) vs. セス・ロリンズ WWEユニバーサル王座戦[21] 2:30
6 AJスタイルズ vs. ランディ・オートン シングルマッチ[22] 16:20
7 ウーソズ (ジェイ・ウーソ & ジミー・ウーソ) (c) vs. アリスター・ブラック & リコシェ vs. ザ・バー (セザーロ & シェイマス)● vs. 中邑真輔 & ルセフ (with ラナ) フェイタル・フォー・ウェイ形式WWEスマックダウンタッグ王座戦[23] 10:10
8 シェイン・マクマホン vs. ザ・ミズ フォールズ・カウント・エニウェア戦[24] 15:30
9 ●ザ・ボス・アンド・ハグ・コネクション (ベイリー & サーシャ・バンクス) (c) vs. ザ・ディーヴァズ・オブ・ドゥーム (ベス・フェニックス & ナタリヤ) vs. アイコニックス (ビリー・ケイ & ペイトン・ロイス)○ vs. ナイア・ジャックス & タミーナ フェイタル・フォー・ウェイ形式WWE女子タッグ王座戦[25] 10:45
10 ダニエル・ブライアン (c) (with ローワン) vs. コフィ・キングストン○ (with ビッグ・E & エグザビア・ウッズ) WWE王座戦[26] 23:45
11 サモア・ジョー (c) vs. レイ・ミステリオ WWE US王座戦[27] 1:00
12 ローマン・レインズ vs. ドリュー・マッキンタイア シングルマッチ[28] 10:10
13 トリプルH vs. バティスタ ノー・ホールズ・バード戦[29]
トリプルH敗北: レスラーを引退
24:45
14 バロン・コービン vs. カート・アングル シングルマッチ (アングル引退試合)[30] 6:05
15 ボビー・ラシュリー (c) (with リオ・ラッシュ) vs. フィン・ベイラー WWEインターコンチネンタル王座戦[31] 4:05
16 ロンダ・ラウジー (ロウc) vs. シャーロット・フレアー (SDc) vs. ベッキー・リンチ 勝者総取りトリプルスレット形式WWEロウ女子 & WWEスマックダウン女子王座戦[32] 21:30
  • (c) – 試合開始時点でのチャンピオンを指す
  • P – プレショーで行われた試合を指す
  1. ^ 脱落順: Maria Kanellis, Nikki Cross, Candice LeRae, Naomi, Ember Moon, Lana, Kairi Sane, Ruby Riott, Liv Morgan, Zelina Vega, Dana Brooke, Mandy Rose, Mickie James, Sonya Deville, Asuka, Sarah Logan
  2. ^ 脱落順: Curtis Axel, Lince Dorado, Tyler Breeze, EC3, Shelton Benjamin, Bo Dallas, Heath Slater, Titus O'Neil, No Way Jose, Karl Anderson, Rhyno, Bobby Roode, Gran Metalik, Kalisto, Chad Gable, Konnor, Viktor, Luke Gallows, Otis, Tucker, Jinder Mahal, Harper, Ali, Apollo Crews, Andrade, Matt Hardy, Jeff Hardy, Michael Che, Colin Jost

クルーザー級次期挑戦者決定トーナメント[編集]

  First round
205 Live
(2/26,[13] 3/5[14])
Semifinals
205 Live
(3/12)
Final
205 Live
(3/19)
                           
  1  トニー・ニース Pin  
8  カリスト  
     トニー・ニース Pin  
     ドリュー・グラック  
4  The Brian Kendrick
  5  ドリュー・グラック Sub  
       トニー・ニース Pin
     セドリック・アレクサンダー
  3  ウンベルト・カリージョ  
6  オニー・ローキャン Pin  
     オニー・ローキャン
     セドリック・アレクサンダー Pin  
2  セドリック・アレクサンダー Pin
  7  戸澤陽  

脚注[編集]

  1. ^ a b WrestleMania 35 results: Powell’s live review of Ronda Rousey vs. Becky Lynch vs. Charlotte Flair for the Raw and Smackdown Women’s Titles, Daniel Bryan vs. Kofi Kingston for the WWE Championship, Brock Lesnar vs. Seth Rollins for the WWE Universal Championship, Batista vs. Triple H, AJ Styles vs. Randy Orton”. Pro Wrestling Dot Net. 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ WrestleMania returns to MetLife Stadium in April 2019
  3. ^ a b c Powell, Jason (2019年3月11日). “3/11 Powell’s WWE Raw TV Review: The Shield’s farewell, Batista and Triple H, Finn Balor vs. Bobby Lashley for the Intercontinental Championship, all roads lead to WrestleMania coming out of WWE Fastlane”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月12日閲覧。
  4. ^ a b Powell, Jason (2019年1月28日). “1/28 Powell’s WWE Raw TV Review: Royal Rumble fallout, Braun Strowman vs. Drew McIntyre, Kurt Angle vs. Baron Corbin, qualifying matches for the Elimination Chamber match that will crown the WWE Women’s Tag Champions”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年1月29日閲覧。
  5. ^ Powell, Jason (2019年2月4日). “2/4 Powell’s WWE Raw TV Review: Becky Lynch and Stephanie McMahon, Kurt Angle addresses his WWE future, Bobby Lashley vs. Finn Balor, Jeff Jarrett vs. Elias, Sasha Banks and Bayley vs. Alicia Fox and Nikki Cross in a qualifying match for the Elimination Chamber”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年2月5日閲覧。
  6. ^ Powell, Jason (2019年3月4日). “3/4 Powell’s WWE Raw TV Review: Triple H’s response to Batista attacking Ric Flair, Charlotte Flair wants Vince McMahon to name her the Raw Women’s Champion, SNL Weekend Update hosts appear, final hype for WWE Fastlane”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月5日閲覧。
  7. ^ Powell, Jason. “Powell’s WWE Fastlane 2019 live review: Becky Lynch vs. Charlotte Flair, Daniel Bryan vs. Kevin Owens for the WWE Championship, The Shield vs. Drew McIntyre, Bobby Lashley, and Baron Corbin, The Usos vs. Shane McMahon and The Miz for the Smackdown Tag Titles”. Pro Wreslting Dot Net. 2019年3月10日閲覧。
  8. ^ a b Barnett, Jake (2019年3月26日). “3/26 Barnett’s WWE Smackdown Live TV Review: New Day respond to Vince McMahon sabotaging Kofi Kingston, Asuka vs. Charlotte for the Smackdown Women’s Championship, Kurt Angle vs. AJ Styles”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月27日閲覧。
  9. ^ Powell, Jason (2019年4月1日). “4/1 Powell’s WWE Raw TV Review: WrestleMania 35 go-home edition, Stephanie McMahon announcement regarding Ronda Rousey vs. Becky Lynch vs. Charlotte Flair, Batista and Brock Lesnar appearances, Baron Corbin vs. Rey Mysterio, The Revival vs. Aleister Black and Ricochet for the Raw Tag Titles”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年4月2日閲覧。
  10. ^ a b Barnett, Jake (2019年3月12日). “3/12 Barnett’s WWE Smackdown Live TV Review: Vince McMahon addresses Kofi Kingston, Shane McMahon explains his attack on Miz, Samoa Joe vs. R-Truth for the U.S. Title, The Hardys, Ricochet, and Aleister Black vs. The Bar, Rusev, and Shinsuke Nakamura”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月13日閲覧。
  11. ^ Barnett, Jake (2019年3月19日). “3/19 Barnett’s WWE Smackdown Live TV Review: Kofi Kingston vs. Randy Orton, Samoa Joe, Sheamus, Cesaro, and Rowan in a gauntlet match, The Miz addresses Shane McMahon’s attack, Sasha Banks and Bayley vs. The Iiconcis”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月20日閲覧。
  12. ^ Martin, Adam. “WWE 205 Live Results – 2/19/19 (New tournament to determine No. 1 Contender)”. WrestleView. 2019年2月20日閲覧。
  13. ^ a b Vishwakoti, Anish (2019年2月27日). “2/26 Anish V’s WWE 205 Live TV Review: Two first-round tournament matches to determine Buddy Murphy’s challenger for the WWE Cruiserweight Championship at WrestleMania”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月4日閲覧。
  14. ^ a b Vishwakoti, Anish (2019年3月6日). “3/5 Anish V’s WWE 205 Live TV Review: Two more first-round tournament matches to determine Buddy Murphy’s challenger for the WWE Cruiserweight Championship at WrestleMania”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年3月6日閲覧。
  15. ^ Powell, Jason (2019年2月25日). “2/25 Powell’s WWE Raw TV Review: Roman Reigns returns, Ric Flair’s 70th birthday celebration”. Pro Wrestling Dot Net. 2019年2月25日閲覧。
  16. ^ WrestleMania 35 Kickoff Show results: Powell’s live review of the Andre the Giant Memorial Battle Royal, WWE Women’s Battle Royal, Buddy Murphy vs. Tony Nese for the WWE Cruiserweight Championship”. Pro Wreslting Dot Net. 2018年4月7日閲覧。
  17. ^ Tony Nese def. Buddy Murphy to win the Cruiserweight Championship”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  18. ^ Carmella won the Second Annual WrestleMania Women’s Battle Royal”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  19. ^ Zack Ryder & Curt Hawkins def. The Revival for the Raw Tag Team Championship”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  20. ^ Braun Strowman won the sixth annual Andre the Giant Memorial Battle Royal”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  21. ^ Wortman, James (2019年4月7日). “Seth Rollins def. Brock Lesnar to win the Universal Championship”. WWE. 2019年4月8日閲覧。
  22. ^ Wortman, James (2019年4月7日). “AJ Styles def. Randy Orton”. WWE. 2019年4月8日閲覧。
  23. ^ The Usos def. Aleister Black & Ricochet, The Bar and Shinsuke Nakamura & Rusev”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  24. ^ Shane McMahon def. The Miz (Falls Count Anywhere Match)”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  25. ^ The IIconics def. Bayley & Sasha Banks, Nia Jax & Tamina and Natalya & Beth Phoenix to win WWE Women’s Tag Team Championship”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  26. ^ Kofi Kingston def. Daniel Bryan to win the WWE Championship”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  27. ^ United States Champion Samoa Joe def. Rey Mysterio”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  28. ^ Wortman, James (2019年4月7日). “Roman Reigns def. Drew McIntyre”. WWE. 2019年4月8日閲覧。
  29. ^ Triple H def. Batista (No Holds Barred Match)”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  30. ^ Baron Corbin def. Kurt Angle”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  31. ^ Finn Bálor def. Bobby Lashley to win the Intercontinental Championship”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  32. ^ Becky Lynch def. Ronda Rousey and Charlotte Flair to win the Raw and SmackDown Women’s Championships”. WWE (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]