レッスルマニア29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッスルマニア29
Wrestlemania 29 Stage.jpg
公式大会曲 "Coming Home" by Diddy – Dirty Money ft. Skylar Grey

"Bones" by ヤング・ガンズ[1]
"Letters from the Sky" by Civil Twilight[2]

イベント詳細
シリーズ レッスルマニア
主催 WWE
開催年月日 2013年4月7日
開催地 ニュージャージー州,イーストラザフォード
会場 メットライフ・スタジアム[3]
入場者数 80,676人[4]
PPV購入数 120万件[5]
興行収入 7200万ドル[6]
チケット売上 1230万ドル[4]
PPV年表
エリミネーション・チェンバー(2013) レッスルマニア29 エクストリーム・ルールズ(2013)
レッスルマニア年表
レッスルマニアXXVIII レッスルマニア29 レッスルマニアXXX

レッスルマニア29(―トゥエンティーナイン、WrestleMania 29)は、アメリカのプロレス団体WWE2013年4月7日に開催された年間最大の大会、及びPPVの名称である。

概要[編集]

  • 2012年2月に開催が決定。ニューヨークエリアでの開催は5回目で、ニュージャージー州での開催としては1988年・89年アトランティックシティで開催されたレッスルマニアIVV以来となる[7]
  • 開催地に選ばれたニュージャージー州はニューヨーク・シティ同様にWWF/WWWF時代からのWWEの本拠地であり、ニューヨーク州と隣接していることもあってレッスルマニアXX以来のニューヨークエリアでのレッスルマニア開催がアピールされた。また、会場のステージセットもエンパイア・ステート・ビルディングブルックリン橋のようなニューヨーク州の観光地をイメージして構築された。

対戦カード[編集]

No. 対戦 契約 時間
プレショー ○ザ・ミズ vs ウェイド・バレット(c)● WWE・インターコンチネンタル王座選手権 04:05
1 ○ザ・シールド vs シェイマス and ランディ・オートン and ビッグショー● 6人タッグマッチ 10:34
2 ○マーク・ヘンリー vs ライバック● シングルマッチ 08:02
3 ○チーム ヘル・ノー(ケイン and ダニエル・ブライアン) (c) vs. ドルフ・ジグラーand ビッグ・E・ラングストン(w/ AJ リー)● WWE・タッグチーム王座選手権 06:16
4 ○ファンダンゴ vs クリス・ジェリコ● シングルマッチ 09:11
5 ○アルベルト・デル・リオ (w/ リカルド・ロドリゲス) (c) vs. ジャック・スワガー (w/ ゼブ・コルター)● 世界ヘビー級王座選手権 10:28
6 ○ジ・アンダーテイカー vs. CM パンク(w/ ポール・ヘイマン)● シングルマッチ 22:07
7 ○トリプルH (w/ ショーン・マイケルズ) vs ブロック・レスナー (w/ ポール・ヘイマン)● 完全決着ルール試合、負ければトリプルHは引退 23:58
8 ○ジョン・シナ vs ザ・ロック(c) WWE王座選手権 23:59
(c) – refers to the champion(s) heading into the match

出典[編集]

  1. ^ Tweet WrestleMania Theme Song”. WWE Music Group @WWEMusic. 2013年5月1日閲覧。
  2. ^ WWE Music”. WWE.com. 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ Sulla-Heffinger, Anthony. “WWE's Triple H talks Wrestlemania XXIX”. New York Post. 2012年11月15日閲覧。
  4. ^ a b WWE.com- WrestleMania shatters records”. WWE (2013年4月7日). 2013年5月1日閲覧。
  5. ^ WWE WrestleMania 29 Is A Financial Success”. Rant Sports (2013年4月25日). 2013年5月1日閲覧。
  6. ^ WWE Corporate - Highest Grossing WrestleMania Ever”. WWE (2013年4月25日). 2013年5月1日閲覧。
  7. ^ Vorkunov, Mike. “WrestleMania 29 to be held in New Jersey at MetLife Stadium”. 2012年2月16日閲覧。