河島博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河島博(かわしま ひろし、1930年12月5日 - 2007年4月6日)は、日本の実業家。日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の第5代社長。

来歴・人物[編集]

静岡県浜松市生まれ。名古屋経済専門学校(現名古屋大学経済学部)卒業。1951年日本楽器製造入社。1966年取締役、1974年常務、1976年専務を歴任。1977年1月、46歳の若さで日本楽器製造の第5代社長に就任し、過去最高の経常利益を達成する。1980年6月、会長であった川上源一との方針の相違により解任される。1982年、ダイエーの副社長に就任し、V字改革を進める。1987年、リッカーの管財人社長に就任。1989年、ダイエー副会長に就任。1997年、ダイエー副会長を退任。

2007年4月6日、肝不全のため死去。享年76。

本田技研工業の第2代社長であった河島喜好は実兄。

評伝[編集]

  • 加藤仁「社長の椅子が泣いている」(講談社、2006年)

関連項目[編集]