加藤守雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 守雄(かとう もりお 1913年11月2日 - 1989年12月26日)は、日本の国文学者。旧姓土井(どい)。は杜壮。通称「馬さん」「もり」。

年譜[編集]

人物[編集]

同性愛者である折口から「森蘭丸織田信長に愛されたということで、歴史に名が残った。君だって、折口信夫に愛された男として、名前が残ればいいではないか」と迫られ、同衾を要求されたため名古屋の実家に帰郷。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『折口信夫回想』 池田弥三郎・岡野弘彦共編、中央公論社 1968
  • 『迢空・折口信夫研究』 池田弥三郎対談、角川書店 1973

関連人物[編集]

脚注[編集]