池田大伍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田大伍

池田 大伍(いけだ だいご、1885年明治18年)9月6日 - 1942年昭和17年)1月8日)は、主に歌舞伎劇作家・劇評家、そして翻訳家。

生涯[編集]

池田鉸三郎・乃婦の次男に生まれた。家は、幕末からの銀座の天ぷら屋、『天金』で、兄が金太郎、本人の幼名が銀次郎だった。1891年から私塾の鍋町小学校に通い[1]、公立の麹町小学校を卒業した[2]。その後商工中学を経て、1907年早稲田大学英文科を卒業した。

環境から芝居好きに育っていて、東京毎日新聞の劇評を二年書いたのち、1911年(明治44年)、坪内逍遙らの文芸協会の演芸主事となった。文芸協会の1913年(大正2年)の解散後は、東儀鉄笛・土肥春曙らと劇団『無名会』を組織し、翌1914年、第一作『滝口時頼』を上演した。無名会が土肥が没後の1915年に解散してからは、主に書斎の人となり、劇作のほか、英国中国ドイツフランスの文学に親しんだ。

玄文社の『新演芸観劇合評会』に加わった。二代目市川左団次の相談相手として、自宅に招き招かれる親交を結び、その交わりに永井荷風が加わっていた[3]

1928年(昭和3年)(43歳)、二児をもうけた妻『あさ』を喪った。その年、二代目左団次のソ連公演に、舞台監督としてに従い、終えて、ドイツ・フランス・イタリーへ演劇巡礼を共にした。1930年に再婚した。

1940年に早稲田大学が着手した『演劇百科大事典』の編纂に携わっていたが、1942年、風邪から急性肺炎を併発して急逝した。

遙か後年の1975年に翻刻出版された訳業『元曲五種』は、次代の碩学吉川幸次郎が正確さと滑らかさに驚く出来だった[4]。その初出の雑誌(雑誌『ひと』(1932 - 1934))を保存していたのは、甥の池田弥三郎だった。

業績[編集]

台本の初演の記録(抄)[編集]

外題、演者、劇場、初演年次の順で、列記する。

  • 『滝口時頼』、無名会第2回、帝国劇場(1914年3月)
  • 『親友』(唯一の現代劇)、無名会第7回、有楽座(1915年3月)
  • 『茨木屋幸斎』、無名会第8回、有楽座(1915年5月)
  • 『一時の賭』、無名会第8回、有楽座(1915年5月)
  • 『共益貯金』、無名会、有楽座(1915年10月)
  • 『慧春尼行状』、無名会、有楽座(1916年1月)
  • 『西郷と豚姫』、無名会、有楽座(1917年5月)
  • 『名月八幡祭』、二代目市川左団次・四代目沢村源之助六代目市川寿美蔵歌舞伎座(1918年8月)
  • 『佐倉新絵巻』、二代目市川左団次、市村座(1921年11月)
  • 『根岸の一夜』、十三代目守田勘弥、帝国劇場(1922年10月)
  • 『月佳夏夜話』、二代目市川左団次、明治座(1923年6月)
  • 『妖婦』、七代目松本幸四郎、帝国劇場(1924年)
  • 『男達ばやり』、二代目左団次・松本幸四郎、歌舞伎座(1926年5月)

近年出版された文業[編集]

国会図書館が保管している著作目録は、同館のNDL-OPAC検索[1]で一覧出来るものの、ほとんどが古い。近年出版された文業のみ、以下に記す。

  • 『男達ばやり』(「東京創元社 名作歌舞伎全集 第20巻(1969)」に収録)
  • 『西郷と豚姫』(「東京創元社 名作歌舞伎全集 第25巻(1971)」に収録)
  • (訳書)関漢卿・谷子敬・武漢臣ほか:『元曲五種』、平凡社 東洋文庫(1975)

出典[編集]

  • 池田大伍:『年譜』(「改造社 現代日本文学全集35 現代戯曲名作集(1929)」の巻末)
  • 池田弥三郎:『銀座十二章』、旺文社文庫(1980)
  • 利倉幸一:『解説』(「『名作歌舞伎全集20』、東京創元新社(1969)」p.294)

脚注[編集]

  1. ^ 池田弥三郎:『銀座十二章』、旺文社文庫(1980)p.104
  2. ^ 『私の履歴書 13集 石塚粂蔵』(日本経済新聞社、1961年7月20日発行)
  3. ^ 断腸亭日乗 1919 - 1942。
  4. ^ 吉川幸次郎:『跋』(「池田大伍訳:『元曲五種』、平凡社 東洋文庫278(1975)」p.365)