コドモのコドモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コドモのコドモ』は、さそうあきらによる日本漫画作品。

漫画アクション』(双葉社)で2004年5月20日号より連載。単行本は全3巻。実写版映画が2008年9月27日に公開された。

東京都の郊外に3世代で住む小学校5年生の少女が、性に関する知識がないまま幼馴染と戯れるうちに性交にいたり出産するまでの物語である。主人公の担任教師が巷間の価値観児童保護者らと様々に葛藤する。

主な登場人[編集]

主人公とその家族[編集]

持田 春菜(もちだ はるな)
本作の主人公、小学校の5年1組の児童(10歳から11歳の少女)。クラスメイトのヒロユキと「くっつけっこ」と称する「遊び」を行い妊娠してしまう。
12年後は雑誌のモデルとして活動している。
祖父
農業に従事。古風かつ保守的な思想の持ち主で、地元にマンション[1]が建つ事や八木先生の教育方針にも反感を持つ。
祖母
家族の中で最初に春菜の妊娠に気付き、生まれてくる子供のためにおしめを繕っていた。春菜の出産3日前に突然倒れ亡くなる。
名前はヨシロウ。会社員
娘と一緒で天然パーマ
6つ上で名前は秋美。春菜が騒動を起こす前に、親友の朋子が望まぬ妊娠をしてしまい、彼女の為に中絶手術を受ける病院を探したり、中絶費用を貸すなど友人思いな性格。
元(はじめ)
春菜とヒロユキの間に生まれた息子。

主人公のクラスメイト[編集]

ヒロユキ
春菜の幼馴染で春菜とは「公園デビュー」の時(乳児期)からの付き合い。昆虫が好きな大人しい性格の男子。春菜と公園で遊んでいる最中に立ち小便をしていて、春菜の誘いで木陰で性交をしてしまう。
丸山 珠(まるやま たま)
春菜の親友。
朝倉 真由(あさくら まゆ)
春菜の親友。語尾に「~ナ」をつけるのが口癖。姉も3年前に八木先生のクラスになった事があるが何らかのトラブルがあった模様で(真由曰く「結構モメた」)らしい。
吉田 美香(よしだ みか)
学級委員。生徒の中では非常にしっかりした性格で、やんちゃな性格の春菜からは「ウザい」と言われる事もあった。クラスの中で春菜の妊娠をいち早く告げられ、振り回される。将来の夢は外交官
ブタマン
ガタイの大きな少年。本当の下の名前は「万作」。
生田目 ミツオ(なまため みつお)
ブタマンの子分。両親は自宅で産婦人科を開業している。

主人公の学校に関する人物[編集]

八木 希代子(やぎ きよこ)
春菜のクラスの担任で生徒からのあだ名はヤギセン、一人暮らしでジェンダーフリーの支持者でである。若い女性教諭であるため保護者からは「指導力不足」と罵られ、同学年の教師からは「素材はいいけど色気がない」と陰口を叩かれている。12年後に生田目産婦人科で女の子を出産して「ハルナ」と名付けた。
ダイゴ
5年2組の男子児童で、春菜に好かれるが女子には興味が無い。

その他[編集]

朋子(ともこ)
秋美の親友で、大人びた容姿でダンスが得意であり春菜の憧れの存在。交際していた男性の子を妊娠して生田目産婦人科で中絶手術を受ける。将来の夢が書けなかった春菜に「フツーの大人になればいいんだよ」と諭すなど優しい性格。

書誌情報[編集]

双葉社からアクションコミックスとして出版されている。

映画[編集]

実写映画が2008年9月27日公開。上映時間122分。製作費3億円。2007年8月25日クランクイン、2008年1月23日クランクアップ、4月完成。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

批判・議論[編集]

秋田県能代市は、能代フィルムコミッション会長の斉藤滋宣能代市長神馬郁朗能代市教育委員会教育長らが検討して市として撮影に協力することを決定し、廃校能代市立渟城第二小学校校舎が撮影場所として提供された。作品のテーマが「性」であるため市の対応に批判が多く寄せられ、市議会でも一般質問に取り上げられる[2][3]などの意見に、市長らは「まずは偏見を持たずに最後まで観て欲しい」と答えている[4]

受賞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 春菜がヒロユキのマンションに遊びにいく事も快く思っておらず、度々彼女に「あのマンションには行くな」と注意している
  2. ^ J-CASTニュース『「小学5年で出産」教育上けしからん 映画ロケ地能代市ですったもんだ』2007年12月14日、ジェイ・キャスト、2009年4月14日閲覧
  3. ^ 柳谷渉『(平成19年12月定例会)一般質問』「のしろ市議会だより 第7号」(PDF)2008年1月24日、能代市議会、2009年4月14日閲覧
  4. ^ 公式サイトプロダクションノートを参照

外部リンク[編集]