野球部員、演劇の舞台に立つ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野球部員、演劇の舞台に立つ!』(やきゅうぶいん、えんげきのぶたいにたつ)は、竹島由美子の2010年の小説、それを原作とする2012年公演の舞台、2018年公開の日本の青春映画

概要[編集]

竹島が福岡県八女市西日本短期大学附属高等学校で教員、演劇部顧問をしていた当時の実話を元に執筆した[1]。演劇部に入った元野球部員の成長を描く[1]

書誌情報[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

野球部員、演劇の舞台に立つ!
監督 中山節夫
脚本 ハセベピロウィナー
鈴木一美
片島章三
山崎太基
原作 竹島由美子『野球部員、演劇の舞台に立つ!』
出演者 渡辺佑太朗
舟津大地
川籠石駿平
山田慎覇
柴田杏花
佐々木萌詠
芋生悠
山田杏奈
鹿毛喜季
田中奈月
林遣都
宮崎美子
宇梶剛士
音楽 小六禮次郎
主題歌 Good Coming『ユビノサキヘ』
撮影 岡雅一
制作会社 京映アーツ
製作会社 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」製作配給委員会
配給 パンドラ
公開 日本の旗 2018年2月24日
上映時間 102分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

監督の中山節夫は出版前に本作を読んで映画化を構想、約10年が経過した2017年3月より、竹島の地元である八女市で撮影が開始された[1]。文部科学省特別選定作品。

2018年2月24日に公開。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位となった[3][4]

登場人物・キャスト[編集]

望月潤
演 - 渡辺佑太朗
野球部のエース。演劇部顧問から演劇部に参加するよう誘われる。
中園美緒
演 - 柴田杏花
演劇部のエース。演劇に真剣に取り組もうとしなかった潤に強く当たる。
松永亮太
演 - 舟津大地
川口和馬
演 - 川籠石駿平
由布卓也
演 - 山田慎覇
島田彩音
演 - 佐々木萌詠
川上智花
演 - 芋生悠
堺千郷
演 - 山田杏奈
平井理史
演 - 鹿毛喜季
三田結菜
演 - 田中奈月
田川柾智
演 - 林遣都
三上朋子
演 - 宮崎美子
八幡浩一郎
演 - 宇梶剛士

脚注[編集]

外部リンク[編集]