佐々木萌詠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ささき もえ
佐々木 萌詠
生年月日 (1996-05-20) 1996年5月20日(25歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 168 cm
血液型 O型
職業 元・女優
活動期間 2012年 - 2018年
活動内容 映画・テレビ
事務所 イー・コンセプト
主な作品
南くんの恋人〜my little lover, Rの法則, うな子
テンプレートを表示

佐々木 萌詠(ささき もえ、1996年5月20日 - )は、日本の元・女優。2012年から2018年にかけて活動。イー・コンセプトに所属していた。

経歴・人物[編集]

1996年5月20日、生まれる。プロフィールでは神奈川県出身[1]だが、インターネット番組『デ☆ビューch』に出演した際、自らを「九州の女」と語ったことがある[2]

15歳のときに所属事務所(イー・コンセプト)にスカウトされる。篠原涼子鈴木杏樹上地雄輔工藤里紗などが所属することで知られる事務所である。2012年、河合塾のCMで芸能界デビュー。同年3月12日公開の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』に出演[3]

2013年9月16日より、R's第4期メンバーとして『Rの法則』に出演(2017年3月27日放送をもって番組卒業)。

2015年、本人によると転機が訪れる。ドラマ『南くんの恋人〜my little lover』で、「初めて“必要な役”として物語に関わることができ」た。「上がった(女優の)階段は一段でも降りることはできないと気が引き締まった。生涯女優として生きたいからこそ、いつか主役の場所に立ちたいし、憧れの篠原涼子さんにも追いつきたい」とサンスポの取材に答えている[4]

2016年9月20日に公開された[5]鹿児島県志布志市のウナギの宣伝動画『うな子』に出演。ただしこの動画は問題視され、9月26日に削除される[6]12月22日から翌年2月22日にかけて、ウェブ上の連載『動画で納得、今さら聞けない自転車のキホン』に出演。スポーツバイク初心者ではあるものの、初めてのロードバイク「MOE号」を手に入れ[7]、連載をこなした[8]

2017年5月11日より公開されたレオパレスのCMでは、広瀬すずの友人を演じた[9]

2018年、引退。事務所の公式サイトでプロフィールが確認できる最後の日付は2019年1月17日である[1]

特技はクラシックバレエ、ヒップホップダンス、ピアノ[8]。太い眉毛は特にいじってない。「ナチュラルな黒髪とまゆを生かして時代劇もやってみたい」と語ったこともある[3]

フィルモグラフィ[編集]

(この節、特に断らない限り出典:[1]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ(バラエティ)[編集]

CM[編集]

  • 河合塾(2012年)
  • サントリー「デカビタC」(2017年)
  • レオパレス21 恋するレオパレス3rd Season(「女子大生すず」篇, 「はじめてのホムパ」篇)(2017年5月11日 - )

Web[編集]

  • 鹿児島県志布志市ふるさと納税PR動画 『うな子』(2016年9月20日 - 26日)
  • 動画で納得、今さら聞けない自転車のキホン(2016年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 佐々木萌詠の最新情報”. japanmusic.jp. 株式会社ジャパン・ミュージックエンターテインメント. 2019年1月17日閲覧。
  2. ^ フレッシュ女優・佐々木萌詠“九州の女”パワーで頑張る!”. deview.co.jp. 株式会社oricon ME (2012年12月21日). 2021年10月17日閲覧。 “佐々木は特に印象に残ったオーディションとして「初めてトライしたオーディション」を挙げた。「まだレッスンを受け始めて間もない時期で、どうしようととまどいましたが、『やるしかない!九州の女だから!』と気合を入れました」”
  3. ^ a b “あの役”で話題 『Cyclist』連載出演中の佐々木萌詠さん、サンスポ「NEWヒロイン」に登場”. cyclist.sanspo.com. 株式会社産経デジタル (2017年1月18日). 2017年5月15日閲覧。
  4. ^ 【はばたけ ’17NEWヒロイン】第2の篠原涼子!佐々木萌詠、黒髪&太眉で魅せる”. sanspo.com. 株式会社産経デジタル (2017年1月15日). 2021年10月17日閲覧。
  5. ^ 「養って」美少女が訴える 志布志市のPR動画「少女U」に賛否の声”. huffingtonpost.jp. BuzzFeed Japan株式会社 (2016年9月24日). 2016年9月26日閲覧。
  6. ^ Tatsunori Tokushige(徳重辰典) (2016年9月26日). “賛否呼んだ「うなぎ美少女飼育」動画を削除 市長がホームページで謝罪”. buzzfeed.com. BuzzFeed Japan株式会社. 2021年10月13日閲覧。
  7. ^ 後藤恭子 (2017年2月3日). “「こんなときどうするの?」 路上で慌てないための自転車の“心得”伝授”. cyclist.sanspo.com. 株式会社産経デジタル. 2017年2月6日閲覧。
  8. ^ a b 私にぴったりの1台は? プロが直伝、初めてのスポーツ用自転車選び”. cyclist.sanspo.com. 株式会社産経デジタル (2016年12月22日). 2017年1月18日閲覧。
  9. ^ 女子大生になった広瀬すず、ひとり暮らしを始めた部屋で好きな人と二人きりに…ついに想いを告白!?”. music-book.jp. 株式会社エムティーアイ (2017年5月13日). 2021年10月17日閲覧。
  10. ^ モモニンジャー山谷花純が映画『シンデレラゲーム』で初主演! 初日舞台挨拶”. Astage. 株式会社オアノエンターテインメント (2016年10月4日). 2021年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]