キャスト・アウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャスト・アウェイ
Cast Away
Cast Away - Logo.png
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 ウィリアム・ブロイルズ・ジュニア
製作 スティーヴ・スターキー
トム・ハンクス
ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ
製作総指揮 ジョーン・ブラッドショウ
出演者 トム・ハンクス
ヘレン・ハント
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ドン・バージェス
編集 アーサー・シュミット
製作会社 イメージムーバーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス/20世紀フォックス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年12月22日
日本の旗 2001年2月24日
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $429,632,142[1] 世界の旗
$233,632,142[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
33億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

キャスト・アウェイ』(Cast Away)は、2000年アメリカ映画

概要[編集]

ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演作品。両者がタッグを組むのは1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』以来2度目である。無人島に流れ着いた男性のサバイバル生活を描いており、シーンのほとんどをトム・ハンクス1人で演じた。

トム・ハンクスは本作の役作りのため22.7kg減量し、第58回ゴールデングローブ賞では主演男優賞(ドラマ部門)を受賞した。第73回アカデミー賞では主演男優賞と録音賞にノミネートされたが受賞には至らなかった。

本作内にて「ウィルソーン!」と叫ぶ場面が強く印象に残る。ジョン・ムーア監督がエネミー・ラインにて空母から落ちたラグビーボールに対し、脈絡もなく「ウィルソーン!」と叫ぶ場面があり「観客から笑いが起きていた。よく分かったね」とムーア監督がメイキング映像の中で述べている。これはキャスト・アウェイから採られたものであった。

あらすじ[編集]

1995年12月。フェデックスのシステムエンジニア、チャック・ノーランド(トム・ハンクス)は効率と生産性を上げるために分刻みの時間に拘り世界中を飛び回っていた。彼はテネシー州メンフィス在住のケリー・フレアーズ(ヘレン・ハント)と長年付き合っており結婚も意識していた。親族と過ごすクリスマスパーティーの最中、マレーシアでのトラブル解決のため呼び出されると、チャックはケリーに大晦日には戻って一緒に過ごす事を約束し貨物機で出発する。ところがチャックの乗った機は悪天候で太平洋に墜落してしまう。なんとか救命ボートにしがみ付いて嵐に耐えたチャックはとある島に漂着するが、そこは動物すらもいない無人島であった。

チャックの他には積荷である箱が10箱ほどと、同じ機に乗っていたアルバートの遺体も流れ着いていた。この島は浜から数百メートル離れたあたりを高波に囲まれており、遠方に光を見つけた際に脱出を試みるも、高波に救命ボートはあっけなくひっくり返されてしまうのだった。短期間での解決は無理だと考えたチャックは、回収していた積み荷の箱を、天使の羽根のロゴが描かれているひと箱を除き開封し、ビデオテープをロープ代わりに、スケート靴を鏡や斧代わりに、ドレスのネット部分を魚獲りの網にするなどし食料の確保しようとするが、やはり火がないと食すのは難しいと考え火おこしを試みる。しかし翌日まで続けても火は起こせず、手の平を切る怪我を負ってしまう始末。その際自棄になり放り投げたウィルソン製のバレーボールに付着した血が人の顔のように見えたチャックは、そこに目や口を書き込み、ウィルソンと名付け話し相手にするのであった。 無事に火を起こす事もでき食料の確保に成功したものの、救助隊が捜索するであろう範囲を計算すると、自分を発見するのは極めて不可能に近いという結論に至る。

4年後。チャックは離れた場所から銛で魚を仕留められるほどに、島での生存に適応していた。この4年の間に自殺も検討したチャックだが、島での唯一の話し相手であるバレーボールのウィルソンの存在と、ケリーへの愛を支えに正気を保って生き延びていたのだ。そんなある日、流れ着いた仮設トイレの板を帆にした筏(イカダ)を作れば、どうしても越えられなかった高波を越えられるのではないかと思いつく。1年前に自殺のテストで使用したロープを回収するなど使える材料をかき集め筏を作り、潮や風が脱出に適した沖向きに変わった事を合図に島の脱出を決行する。荷物は親友ウィルソンと、唯一開封しなかった羽根のロゴが描かれている箱。チャックにとって希望のシンボルだった羽根のロゴを書き込んだ帆は上手く機能し、高波を乗り越えることに成功、ついに島を脱出したのであった。しかしそこは広大な太平洋の真ん中、何日漂流しても船に遭遇する気配はない。激しい嵐に帆が飛ばされても希望を捨てなかったチャックだったが、半壊した筏からウィルソンが外れ流されてしまうと、必死に救出を試みるも、体力を消耗しきった状態では、筏からの命綱を離れて追う事ができず、どんどん遠のいていくウィルソンに謝る事しかできなかった。そしてウィルソンを失ったチャックは初めて大声を上げて子供のように泣きじゃくった末、ついに生還する気力と希望をも失いオールを海に放つのであった。 しかし筏の上に倒れ、ただ死を待つ状態だったチャックを、通りがかった貨物船が発見する。

1ヶ月後、体調も回復したチャックは会社の計らいで帰国を祝うセレモニーやパーティー、そしてケリーとの再会の場を用意される。しかし再会の場にケリーの代わりに現れた男性から「自分はケリーの夫だ。ケリーはあまりの事に動揺して今日は来れない」と告げられるのだった。4年前、チャックは死んだとされ葬儀も行なわれており、ケリーも今や再婚して娘をもうけていたのだ。 後日、チャックは雨の夜中にケリーの家を訪れ再会を果たす。お互いに愛している事を確かめ合うふたりだったが、ケリーには新しい家庭があり、もう元の関係には戻れないのだ。

その後ウィルソンと同製品も購入したチャックは、羽の箱を送り主に荷物を届けにテキサス州カナディアンを訪れるが、家主が不在のため感謝するメモ書きを添えて戸口に箱を置いて去る。しかし十字路で行き先を決めかねているチャックに、通りがかった女性が道案内を済ませ走り去る際、女性のトラックに箱と同じ天使の羽が車の後部に描かれていることに気付く。一人になったチャックは各行き先を眺め、最後に女性の車が走り行く方を見て穏やかに微笑むのであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Cast Away (2000)”. Box Office Mojo. 2009年12月1日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)610頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]