アウト・オブ・タウナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウト・オブ・タウナーズ
The Out-of-Towners
監督 サム・ワイズマン
脚本 マーク・ローレンス
製作 ロバート・エヴァンス
ロバート・コート
デイヴィッド・マッデン
テリー・シュワルツ
出演者 スティーヴ・マーティン
ゴールディ・ホーン
ジョン・クリーズ
音楽 マーク・シャイマン
撮影 ジョン・ベイリー
編集 ケント・ベイダ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年4月2日
日本の旗 2000年6月10日(東京のみ)
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000 (概算)
テンプレートを表示

アウト・オブ・タウナーズ』(The Out-of-Towners)は、1999年に製作されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。 主演はスティーヴ・マーティン

概要[編集]

本作は、1970年に製作されたニール・サイモン脚本、ジャック・レモン主演のコメディ『おかしな夫婦』のリメイク作品である。ジャック・レモンらに代わり、今回はコメディ俳優として高い評価のあるスティーヴ・マーティンと、アカデミー賞女優でありコメディエンヌのゴールディ・ホーンがコミカルな夫婦を演じている。共演にはイギリスのコメディ集団モンティ・パイソンのリーダーとして知られるベテラン俳優ジョン・クリーズや、当時のニューヨーク市長だったルドルフ・ジュリアーニも出演している。舞台がニューヨークということもあり、NYで活躍するアーティストや俳優なども数多く顔を出している。

あらすじ[編集]

オハイオ州に住む熟年夫婦のヘンリー(スティーヴ・マーティン)とナンシー(ゴールディ・ホーン)は、息子のアラン(オリバー・ハドソン)のヨーロッパ留学を見送ったばかり。ヘンリーは勤務していた広告会社をクビになり、ナンシーはこれからの二人きりの長い生活に気をもんでいた。クビになったことをナンシーには言えず、一人でこっそりニューヨークへ出向いて、面接試験を受けようとしていたヘンリーだが、一人寂しいナンシーは勝手についてきてしまったことから騒動が始まる。ニューヨークへ着くはずの飛行機は霧のためにボストンへ着陸。翌日の朝に面接を控えたヘンリーは、焦りながら空港を走り回るが、荷物が紛失したり、列車に乗り遅れたりで右往左往。

ようやくレンタカーを借りた2人だったが、道を間違えたことで予想以上の時間を費やしてようやくマンハッタンへ辿り着く。しかしブロードウェイ役者だと名乗る男から強盗に遭い、財布とバッグはあえなく略奪。おまけに予約していた高級ホテルの支配人マルソー(ジョン・クリーズ)からは、ヘンリーのクレジット・カードが使えないことを鼻で笑われ、軽くあしらわれながらホテルを追い出されてしまう。散々な一日に肩を落とす2人は、仕方なくNYに住む娘のアパートへ向かう2人だったのだが…。

スタッフ・キャスト[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヘンリー・クラーク スティーヴ・マーティン 羽佐間道夫
ナンシー・クラーク ゴールディ・ホーン 小山茉美
支配人マルソー ジョン・クリーズ 阪脩
グレッグ マーク・マッキニー 牛山茂
アラン・クラーク オリバー・ハドソン
宿泊客の男 ジョゼフ・メイハー
市長 ルドルフ・ジュリアーニ
シーナ シンシア・ニクソン
アパートの隣人 クリストファー・デュラング
化粧室の婦人 アン・ヘイニー

スタッフ[編集]

  • 監督:サム・ワイズマン
  • 原作:ニール・サイモン 『おかしな夫婦』より
  • 製作:ロバート・エヴァンス、ほか
  • 脚本:マーク・ローレンス
  • 音楽:マーク・シャイマン
  • 撮影:ジョン・ベイリー
  • 編集:ケント・ベイダ

外部リンク[編集]