クリストファー・デュラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリストファー・デュラング
誕生 1949年1月2日
ニュージャージー州
職業 劇作家、脚本家、俳優
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な受賞歴 オビー賞、トニー賞
公式サイト http://www.christopherdurang.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

クリストファー・デュラングChristopher Durang, 1949年1月2日 - )は、アメリカ合衆国劇作家。風変わりで時に不条理戯曲で知られる。1980年代にとくに人気があった。

経歴[編集]

デュラングはニュージャージー州モントクレア(Montclair)の生まれ。母親は秘書をしていたパトリシア・エリザベス、父親は建築家のフランシス・フェルディナンド・デュラング・ジュニア[1]。バークレー・ハイツ(Berkeley Heights)で育つ。子供の頃は、ニュー・プロヴィデンス(New Providence)のOur Lady of Peace Schoolなどカトリック・スクールに通った。ハーバード大学英語学の文学士(B.A.)を、イェール・スクール・オブ・ドラマYale School of Dramaで美術学修士号(M.F.A.)を取得。パートナーのジョン・オーガスティンとペンシルベニア州バックス郡に住んでいる。二人は20年間一緒である[2]

Dramatists Guild of America議会のメンバーで、ジュリアード音楽院の劇作講座の共同座長でもある。

作品[編集]

戯曲[編集]

デュラングが主に扱うのは、児童虐待カトリック教会教義と文化、そして同性愛である。

デュラングの作品はブロードウェイオフ・ブロードウェイを含めてアメリカ合衆国内のあちこちで広く上演されてきた。

主な作品は次の通り。

『Sister Mary Ignatius Explains It All for You』、『The Marriage of Bette and Boo』、『Betty's Summer Vacation』ではオビー賞を受賞。『A History of the American Film』はトニー賞ミュージカル脚本賞(Tony Award for Best Book of a Musical)にノミネートされた。2006年には『Miss Witherspoon』がピューリッツァー賞 戯曲部門の最終候補に残った。

他に『Durang/Durang』と題された一夜興業の1幕パロディ集があり、それには『Mrs. Sorken』、『A Stye Of the Eye』、『Nina in the Morning』、『Wanda's Visit』、『Business Lunch at the Russian Tea Room』、そしてテネシー・ウィリアムズガラスの動物園』のパロディ『For Whom The Southern Belle Tolls』が含まれる。

さらに、『The Nun Who Shot Liberty Valence』、『The House of Husbands』(ウェンディ・ワッサースタインとの共作)、『The Adventures of Lola』未製作の脚本がある。

映画[編集]

『ニューヨーカーの青い鳥』では、ロバート・アルトマンとともに脚本を書いた。

俳優[編集]

デュラングは舞台・映画で俳優もこなしている。オフ・ブロードウェイの『Das Lusitania Songspiel』ではイェール・スクール・オブ・ドラマの同窓生で仲間・友人のシガニー・ウィーバーと共演し、皮肉な批評を受けている。ウィーバーとは自作の『The Marriage of Bette and Boo』でも共演した。

脚注[編集]

  1. ^ Biography at FilmReference.com
  2. ^ Smith, Dinithia (2005年11月26日). “Christopher Durang Explores the Afterlife, Including His Own”. New York Times. 2007年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]