クロコダイル・ダンディー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロコダイル・ダンディー2
Crocodile Dundee II
監督 ジョン・コーネル
脚本 ポール・ホーガン
ブレット・ホーガン
製作 ジョン・コーネル
ジェーン・スコット
製作総指揮 ポール・ホーガン
出演者 ポール・ホーガン
リンダ・コズラウスキー
音楽 ピーター・ベスト
撮影 ラッセル・ボイド
編集 デヴィッド・スティーヴン
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 オーストラリアの旗 1988年5月20日
アメリカ合衆国の旗 1988年5月25日
日本の旗 1988年8月6日
上映時間 111分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 AUS$15,800,000[1]
興行収入 オーストラリアの旗 AUS$24,916,805[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $109,306,210[2]
世界の旗 $239,606,210[2]
配給収入 日本の旗 7億9000万円[3]
前作 クロコダイル・ダンディー
次作 クロコダイル・ダンディー in L.A.
テンプレートを表示

クロコダイル・ダンディー2』(Crocodile Dundee II)は、1988年制作のオーストラリアの映画。『クロコダイル・ダンディー』の続編。

あらすじ[編集]

ミック・ダンディーはオーストラリアからニューヨークに来てスーと同棲生活を始めたものの失業してしまい、悶々とした日々を過ごしていた。

その頃、南米コロンビアでは、スーの前夫のカメラマン・ボブがルイス・リコの麻薬組織を追っていたが、彼等の殺人の現場を撮影した所を見つかって殺害されてしまう。

しかし、そのフィルムは一足早くスーのもとに郵送されていたため、スーとダンディーは組織から狙われる事になるが、ダンディーは仲間たちと共に組織に立ち向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ テレビ朝日
マイケル・J・"クロコダイル"・ダンディー ポール・ホーガン 羽佐間道夫 青野武 羽佐間道夫
スー・チャールトン リンダ・コズラウスキー 弥永和子 榊原良子 弘中くみ子
ウォルター・ライリー ジョン・メイロン 峰恵研 富田耕生 緒方愛香
ルイス・リコ ヘクター・アーバリー 池田勝 原康義 古川登志夫
ミゲル ファン・フェルナンデス 納谷六朗 池田勝 家中宏
リロイ・ブラウン チャールズ・ダットン 緒方賢一 増岡弘 島田敏
ブラニガン ケネス・ウェルシュ 糸博 阪脩
DEA捜査官 スティーヴン・ルート
ボブ・タナー デニス・ボウトシカリス 小島敏彦 内田直哉
チャーリー アーニー・ディンゴ
ドンク スティーヴ・ラックマン
ナゲット ジェリー・スキルトン
フランク ガス・マーキュリオ
ホセ ルイス・ガスマン
役不明又はその他 大塚芳忠
島香裕
片岡富枝
石森達幸
秋元羊介
大塚明夫
滝沢ロコ
神代知衣
さとうあい
星野充昭
菅原淳一
森一
こおろぎさとみ
小室正幸
笹岡繁蔵
巴菁子
秋元羊介
牛山茂
堀内賢雄
塚田正昭
伊井篤史
高宮俊介
梁田清之
吉水慶
安永沙都子
沢田澄代
西宏子
喜田あゆ美
渡辺美佐
麻見順子
吉田孝
たかお鷹
西村知道
岩崎ひろし
渡部猛
後藤哲夫
宮寺智子
一城みゆ希
沢海陽子
石塚理恵
多田野曜平
乃村健次
永井誠
演出 伊達康将 福永莞爾 蕨南勝之
翻訳 島伸三 たかしまちせこ 岩本令
制作 東北新社
初回放送 1991年4月13日
ゴールデン洋画劇場
2001年6月24日
日曜洋画劇場
  • テレビ朝日版は2018年2月1日にWOWOWで放送される際、地上波放送時にカットされた部分を追加録音した物が放送された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Crocodile Dundee II (1988)”. IMDb. 2011年4月2日閲覧。
  2. ^ a b Crocodile Dundee II”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年4月2日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)470頁
  4. ^ クロコダイル・ダンディー2[吹替補完版]”. 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]