ムーンライト&ヴァレンチノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーンライト&ヴァレンチノ
Moonlight and Valentino
監督 デヴィッド・アンスポー
脚本 エレン・サイモン
原作 エレン・サイモン
製作 アリソン・オーウェン
エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
出演者 エリザベス・パーキンス
ウーピー・ゴールドバーグ
グウィネス・パルトロー
キャスリーン・ターナー
ジョン・ボン・ジョヴィ
音楽 ハワード・ショア
撮影 ジュリオ・マカット
編集 デヴィッド・ローゼンブルーム
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 グラマシー・フィルムズ
日本の旗 日本ビクター
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年9月29日
日本の旗 1996年10月5日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,484,226[1]
テンプレートを表示

ムーンライト&ヴァレンチノ』(原題:Moonlight and Valentino)は、1995年制作のアメリカ合衆国ドラマ映画

劇作家ニール・サイモンの娘エレン・サイモン作の戯曲の映画化で、エレン自身が脚本を担当。また、ジョン・ボン・ジョヴィの初出演映画でもある。

あらすじ[編集]

詩人で大学講師のレベッカはある日突然、夫を自動車事故で失った。近所に住む親友のシルヴィや妹のルーシーは彼女を何とか慰めようとするが、レベッカが本当に頼ることができたのは、皮肉なことに不仲の続く継母のアルバータであった。

シルヴィやルーシー、アルバータはレベッカの傷ついた心を癒そうと度々彼女のもとを訪れ、一緒に出かけたりするが、彼女たちも夫との仲がうまくいかないなど、それぞれ自分の悩みを抱えていた。

ある日、アルバータはレベッカの誕生日のプレゼントに家の塗替えを依頼する。レベッカはこれに反発するが、それが以前から彼女たちがセクシーだと噂していた近所に住むペンキ屋であることにレベッカの心は揺れ動く。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Moonlight and Valentino (1995) - Box Office Mojo”. boxofficemojo.com. 2019年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]