ハーレム・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハーレム・ナイト
Harlem Nights
監督 エディ・マーフィ
脚本 エディ・マーフィ
製作 マーク・リプスキー
ロバート・D・ワックス
製作総指揮 エディ・マーフィ
出演者 エディ・マーフィ
音楽 ハービー・ハンコック
撮影 ウッディ・オーメンズ
編集 ジョージ・バワーズ
アラン・バルサム
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント=UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年11月17日
日本の旗 1989年12月23日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$60,864,870[2]
テンプレートを表示

ハーレム・ナイト』(原題:Harlem Nights)は、1989年制作のアメリカ合衆国の映画

エディ・マーフィスティングともいえる映画で、マーフィが主演・監督・脚本・製作総指揮の1人4役をこなしている。彼の初監督作品である。

彼の主演作品としては、1985年『ビバリーヒルズ・コップ』、86年『ゴールデン・チャイルド』、87年『ビバリーヒルズ・コップ2』、88年『星の王子 ニューヨークへ行く』に続いて5年連続、5本目の全米No.1ヒットとなった(翌1990年にも『48時間PART2/帰って来たふたり』が全米No.1ヒットし、それも合わせると、6年連続全米No.1ヒットを記録するという快挙を成し遂げた)。

一方、評価はまちまちで、第62回アカデミー衣装デザイン賞第10回ゴールデンラズベリー賞最低監督賞最低脚本賞にノミネートされ、ゴールデンラズベリー賞最低脚本賞を受賞した[3]

あらすじ[編集]

1918年ニューヨークハーレム。孤児だったクイックは、ハーレム最大のクラブの経営者シュガー・レイに引き取られて育てられ、彼の右腕をつとめるまでになった。

ある日、ギャングのボス、バグジーが悪徳刑事のフィルを使ってレイに嫌がらせをし、売り上げの3分の2のピンハネを要求してくるが、クイックとレイは逆に彼らを罠にはめて、大金をせしめようと画策する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(ソフト版/フジテレビ版)

脚注[編集]

外部リンク[編集]