赤ちゃんはトップレディがお好き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤ちゃんはトップレディがお好き
Baby Boom
監督 チャールズ・シャイア
脚本 ナンシー・マイヤーズ
チャールズ・シャイア
製作 ナンシー・マイヤーズ
出演者 ダイアン・キートン
音楽 ビル・コンティ
撮影 ジェフリー・ハワード
編集 リンジー・クリングマン
製作会社 ユナイテッド・アーティスツ
ナンシー・マイヤーズ=チャールズ・シャイア・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM/UA Communications Co.
日本の旗 ユナイト映画=UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年10月30日
日本の旗 1988年3月26日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,500万ドル[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 2,600万ドル[2]
テンプレートを表示

赤ちゃんはトップレディがお好き』(あかちゃんはトップレディがおすき、原題: Baby Boom)は、1987年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画チャールズ・シャイア監督の作品で、出演はダイアン・キートンなど。突然、赤ちゃんの面倒をみることになったキャリアウーマンの戸惑いと愛情を描いた作品[3]

第45回ゴールデングローブ賞1988年)では、ミュージカル・コメディ部門の作品賞と主演女優賞(ダイアン・キートン)にノミネートされた。

ストーリー[編集]

大企業の出世争い、その最前線にいる独身女性のJC。財産管理から異性関係まで常に計算をして行動する彼女が、会ったことのないまま死んだ親戚から譲られたのは女の子、それも赤ちゃんだった。始めは拒絶反応を示すが紆余曲折を経て新しい家族を受け入れる。

その日から全ての歯車は狂い始め、重要なポストから外され、彼氏とも別れ、ついには都落ちで田舎に引っ越すことに。しかし、どん底から立ち直ると起業して新たな市場を開拓。ハンサムなお医者さんとも恋仲に、と上り坂へ。

そんな彼女の企業を買いたいと古巣から話が持ち込まれる。役員として厚遇するという提案に舞い上がるが、そこで自分がこれまでの経験から変わったことに気づく。経営陣入りを歓迎する重役たちの前で、彼女が出した結論は「nope(ここではnoの田舎の方言)」だった。

故郷へ帰り診療所の受付を通り過ぎ診察室に入っていくJC。受付のおばさん(で町長)と診察待ちの女の子が顔を合せてニッコリする。明日は恋人と「農村ニュース」のテレビを見る予定だ。家に戻ると赤ちゃんのエリザベスが「ママ」と初めて言葉をかけてくれる。明るい部屋で2人はお喋りをする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
J・C・ワイアット ダイアン・キートン 弥永和子
スティーヴン ハロルド・ライミス 牛山茂
フリッツ サム・ワナメーカー 大木民夫
ケン ジェームズ・スペイダー 後藤敦
ヒューズ パット・ヒングル 青森伸
バーン ブリット・リーチ
ジェフ サム・シェパード 金尾哲夫
エリザベス クリスティナ&ミシェル・ケネディ

※日本語吹替:テレビ版・初回放送1993年4月28日水曜ロードショー

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

出典[編集]

  1. ^ Larocca, Amy (2015年9月11日). “In Conversation With Nancy Meyers”. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ Baby Boom”. Box Office Mojo. 2017年2月24日閲覧。
  3. ^ 赤ちゃんはトップレディがお好き - 映画.com

外部リンク[編集]