ココニイルコト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ココニイルコト
監督 長澤雅彦
脚本 長澤雅彦
三澤慶子
原案 最相葉月
製作 安田匡裕
坂上直行
伊達寛
出演者 真中瞳
堺雅人
音楽 REMEDIOS
主題歌 スガシカオココニイルコト
撮影 藤澤順一
編集 掛須秀一
製作会社 「ココニイルコト」パートナーズ
配給 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 2001年6月23日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ココニイルコト』は、2001年公開の日本映画。 監督は長澤雅彦。主演は本作が女優デビュー作となる真中瞳堺雅人

ストーリー[編集]

東京の中堅広告代理店に勤務する駆け出しのコピーライター・相葉志乃は、不倫相手の上司・橋爪常務の夫人から手切れ金を渡された上、大阪支社の営業部へ転属された。「願っても叶わない、信じても無駄」そうやって自分を傷つけずに生きてきた彼女は、理不尽な人事を受け入れ新しい職場に出勤するが、そこにはもうひとり中途採用で入社した前野悦朗という新人がいた。「ま、ええんとちゃいますか」が口癖の彼は、何があっても明るく笑っているちょっと変わった青年だった。ある日、得意先の玩具屋の社長・丸山の接待の席で失態を演じた志乃は、しかし前野のとっさの機転から逆にクリスマス向けの広告を任されることになる。クリエイティヴな職場へ復帰出来るチャンスだ。だが、今の志乃には重圧ばかりがかかる。そんな彼女の心を癒し励ましてくれる前野。お陰で、彼女は丸山社長も納得の素晴らしいCMを作ることに成功する。ところが、仕事を終えた彼女に前野の訃報が届いた。実は、彼は以前から心臓に病気を抱えており、志乃の説得で2度目の手術を控えていたのだが、間に合わなかったのだ。それから数日後、前野の住んでいたアパートを借りることにした志乃は、もう少し大阪で頑張ってみようと心に誓うのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]