バーベット・シュローダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーベット・シュローダー
Barbet Schroeder
Barbet Schroeder
トロント国際映画祭(2008年)
生年月日 (1941-08-26) 1941年8月26日(81歳)
出生地 イランの旗 イランテヘラン
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画プロデューサー、映画監督、俳優
ジャンル 映画
配偶者 ビュル・オジエ
 
受賞
ヴェネツィア国際映画祭
上院議会金メダル
2000年『La virgen de los sicarios』
セザール賞
ドキュメンタリー映画賞
2007年『L'avocat de la terreur』
その他の賞
テンプレートを表示

バーベット・シュローダー(Barbet Schroeder、1941年8月26日 テヘラン - )は、イランテヘランで生まれたフランス国籍のスイス人(ドイツ系)で、フランスやアメリカで活躍する映画プロデューサー映画監督俳優。フランス語読みのバルベ・シュローデルの名で、エリック・ロメールとともに映画製作会社レ・フィルム・デュ・ロザンジュを創立したことで知られる。

来歴・人物[編集]

1941年8月26日イランテヘランで生まれる。子供のころ地質学者の父に伴いコロンビアに行く。シュローデルは、フランスで教育を受けることを選び、名門リセコンドルセ校Lycée Condorcet)とアンリ四世校Lycée Henri-IV)でバカロレアを取得するまで学び、ソルボンヌ大学で哲学を修めた。映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』に参加、彼の文章はヌーヴェルヴァーグ運動に伴走した[1]

1962年、21歳のとき、当時42歳のロメールとともに製作会社「レ・フィルム・デュ・ロザンジュ」をフランス・パリに設立。同社作品の第一作はロメール監督『モンソーのパン屋の女の子』、同作をもって「六つの教訓話」シリーズの製作を開始となり、プロデューサーはもちろんシュローデルであった。

短編映画を2本演出したのち、ジャン=リュック・ゴダールはシュローデルを『カラビニエ』(1962年12月開始、1963年公開)の助監督に採用した[1]。ロメール監督『シュザンヌの生き方』(1963年公開)をプロデュースするかたわら、ジャン=ルイ・コモリとともに助監督をつとめた。

1965年5月19日、シュローデル渾身の企画、オムニバス映画『パリところどころ』公開。監督は、ジャン=ダニエル・ポレジャン・ルーシュジャン・ドゥーシェ、ロメール、ゴダール、クロード・シャブロルのヌーヴェルヴァーグを代表する6人。アソシエイト・プロデューサー パトリック・ボーショー、アシスタント・プロデューサーにシュローデルのアンリ四世校時代の仲間でのちにジャン・ユスターシュ監督のプロデューサーとなるピエール・コトレルが参加。

1969年、満を持して長編劇映画『モア』で監督デビュー。ルクセンブルク西ドイツ資本との合作。シュローデル自身がプロデューサーのほかアソシエイト・プロデューサーにコトレル、撮影監督ネストール・アルメンドロス、音楽ザ・ピンク・フロイド。ロザンジュ社異色のロック映画となる。

1978年INA(フランス国立音響映像研究所)とローザンジュ社とが共同製作したドキュメンタリーフィルム『ココ、言葉を話すゴリラ Koko, le gorille qui parle』を監督。シュローデルは1970年代に4本の長編映画を演出するがいずれも撮影監督はアルメンドロス。

1987年メナヘム・ゴーラン監督率いるイスラエル系企業ザ・キャノン・グループが、ミッキー・ロークフェイ・ダナウェイが主演するアメリカ映画『バーフライ』の監督にシュロデールを抜擢、ハリウッド・デビューする。プロデューサーはシュローデル自身とフランシス・フォード・コッポラ。以降、日本では英語読み風 のバーベット・シュローダーとして知られるようになるが、英語名はバーベイ・シュローダーだと「死の接吻」のプロモーションで来日したサミュエル・L・ジャクソンが強調していた。

主なプロデュース作品[編集]

主な監督作品[編集]

主な出演作品[編集]

[編集]

  1. ^ a b 仏語版Wikipedia Barbet Schroederの項の記述より。

外部リンク[編集]