スクリーマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スクリーマーズ
Screamers
監督 クリスチャン・デュゲイ
脚本 ダン・オバノン
ミゲル・テファダー・フロレス
製作 トム・ベリー
フランコ・バティスタ
出演者 ピーター・ウェラー
音楽 ノーマンド・コーベイル
撮影 ロドニー・ギボンズ
編集 イヴ・ラングロワ
配給 松竹富士
公開 カナダの旗 1995年9月8日
日本の旗 1996年11月30日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
日本の旗 日本
言語 英語
製作費 $20,000,000
テンプレートを表示

スクリーマーズ』(原題:Screamers)は、フィリップ・K・ディックによる短編SF小説『変種第二号』(邦題:『人間狩り』もあり)を原作として、1996年に公開されたアメリカのトライアンフ・フィルムズ製作、クリスチャン・デュゲイ監督、ピーター・ウェラー主演の近未来SF映画。続編に『スクリーマーズ:ザ・ハンティング英語版』(2009年)がある。

ストーリー[編集]

西暦2068年、惑星シリウス6Bにより発見された鉱石「ベリニウム」の採掘を巡り、惑星開発企業「NEB」側と、労働者や科学者の連合との間で戦争が続いていた。惑星には連合軍が開発した「スクリーマー」と呼ばれる防御用兵器が投入されていた。「スクリーマー」が出没する地点は不明。所在不明の工場で製造され、生きるもの全てを襲うプログラムにより、今では連合軍側にとっても大きな脅威となっていた。

連合軍司令官ヘンドリクスンは無意味な戦争を一刻も早く中止するため、NEB攻撃部隊のエースと共にNEB基地へ和平交渉に向かった。核兵器と放射線で汚染された雪原を進み、廃墟に隠れていた少年デイヴィッドに出会う。

登場人物[編集]

ジョー・ヘンドリクスン
演 - ピーター・ウェラー
連合軍の司令官。NEBの総司令からの和睦を進めてきたが、エースが乗っていた戦闘機が墜落したことと、総司令が2年前に処刑されたことを知り、NEB基地に和平交渉に向かう。NEB側の人間がスクリーマーによって全滅したことに直面。生存者3人の内、ロスはタイプ2の正体を知ろうとする自分の手違いで死なせてしまい、残るベッカーやジェシカと共に自らの基地に案内するも、タイプ3のスクリーマーによって全滅されたことに直面。タイプ3の大群を全滅した後、タイプ2がベッカーだと知り胴体を真っ二つにする。ジェシカとともに、司令官にしか開かない秘密基地に隠された脱出艇に乗って脱出しようと邪魔になっているクレーンを動かす際に、チャックの顔になったベッカーと対決、劣勢の状況を打開し彼を消滅させた。しかし、もう1人のジェシカが現れた際は、自分を投げ飛ばした敵のジェシカを見極めようとしたが、ジェシカがもう1人のジェシカによって胴体を貫かれたことで敵ジェシカに向かって発砲。予備点火の余波で大破した後、機能停止になりかけていたジェシカを看取り、シリウスを脱出した。
ベッカー
演 - ロイ・デュプイ(チャックフェイス:ロン・ホワイト)
NEBの兵士。タイプ2の正体が不明な状況の中、ジェシカの説明を真に受け仲間だったロスを刺殺する。
実は彼こそタイプ2のスクリーマーで、タイプ3の大群を全滅した翌朝で本性を露にする。「自分自身が親であり兄弟」「俺は生まれつきの悪魔」などと自負するなど冷酷な性格。助けようとしたエースを殺害し、ヘンドリクスンに牙をむけようとしたが、彼によって胴体が真っ二つにされる。しかし、この段階では機能停止になっていなかったのか、その後チャックを殺害し、彼の顔でヘンドリクスンと対峙し優勢に持ち込むが、ヘンドリクスンが持っていたナイフが右肩に刺さり、それを避雷針に電流を流したことで機能不全に陥り転落、特殊なレーザーにより完全に消滅した。なお、ロスとともに姿を現した時の顔は、NEBの司令官のクーパーという男性の顔をコピーしたものである模様。
ギネマ旬報データベースには、ベッカーの胴体が真っ二つにされた後の顛末が劇中と違っており、チャックの顔ではなくエースの顔をコピーしてヘンドリクスンと対峙することと敵ジェシカが現れるのと同じタイミングで登場することが記載されていた[1]
ジェシカ・ハンソン
演 - ジェニファー・ルービン
NEB基地内で闇屋をやっている女性。仲間が次々と失われる中、ヘンドリクスンと行動を共にしていた。ヘンドリクスンに脱出艇に乗ろうと勧められた際、なぜか拒否反応しているが、実はベッカー同様スクリーマーであり、同型のジェシカが現れるまで素性を伏せていたことが判明。ヘンドリクスンによって退けられるが、敵ジェシカがヘンドリクスンを投げ飛ばし、地球に向かおうとするのを自らの手で阻止し、同型のスクリーマー同士の肉弾戦を繰り広げる[注 1]。しかし、発射2分前のアナウンスを聞いたことで隙を作ってしまい、敵ジェシカによって胴体に風穴が開けられてしまう。その後、敵ジェシカは予備点火の余波で跡形もなく大破し、ヘンドリクスンに敵ジェシカから人間を救ったと称え看取られた後に機能停止した。そのため、劇中に登場するスクリーマーの中で人間を救った唯一のスクリーマーとなった。
マイケル・ジェファーソン
演 - アンディー・ラウアー
NEB攻撃部隊所属で通称エース。ある任務のため戦闘機に乗っていたが、乗っていた戦闘機が墜落事故を起こし、連合軍に救助されたことで、ヘンドリクスンにNEB基地を案内した。その後、連合軍の基地に引き返した翌朝、ベッカーを助けようとしたが、タイプ2の正体がベッカーだと知ったヘンドリクスンを制止もむなしく、彼に殺害された。
ロス
演 - チャールズ・パウエル
NEBの兵士。臆病な性格をしている。その結果、タイプ2の説明をしたジェシカの真に受けたベッカーに刺殺される。しかし、ヘンドリクスンによって人間であることを周知してしまった。
チャック・エルバラク
演 - ロン・ホワイト
連合軍所属の兵士で、ヘンドリクスンとは旧知の仲。NEBの兵士が持っていた和睦の手紙をタイプ1のスクリーマーを蹴散らしてまで入手した。しかし、和平交渉に行ったヘンドリクスンがNEBから帰ってきたときには他の兵士と共に死亡していたが、自らの顔を被ったベッカーによると、その時点ではまだ生きており、ベッカーの胴体が真っ二つにされ、ヘンドリクスンとジェシカがその場を後にした直後に殺害された模様。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS フジテレビ
ジョー・ヘンドリクスン ピーター・ウェラー 磯部勉 羽佐間道夫
ベッカー ロイ・デュプイ 田中正彦 秋元羊介
ジェシカ・ハンソン ジェニファー・ルービン 山像かおり 一城みゆ希
マイケル・"エース"・ジェファーソン アンディー・ラウアー 平田広明 牛山茂
ロス チャールズ・パウエル 坂東尚樹 江原正士
チャック・エルバラク ロン・ホワイト 谷口節 玄田哲章
グリーン ブルース・ボア 岩田安生 小島敏彦
デイビッド マイケル・カロス くまいもとこ 近藤玲子
役不明またはその他 深水由美
伊藤栄次
大坂史子
坂口賢一
定岡小百合
古澤徹
八十川真由野
佐藤しのぶ
坂口進也
桜澤凛
翻訳 久保喜昭 日笠千晶
演出 松岡裕紀 松川陸
調整 白井康之 栗林秀年
効果 南部満治
プロデューサー 山形淳二
制作 プロセンスタジオ ザック・プロモーション
初回放送 2000年5月20日
ゴールデン洋画劇場

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ジェシカと敵ジェシカを見分けるポイントが2つあり、1つ目は服装で、ジェシカの方はヘンドリクスンがチャックの顔を被ったベッカーを倒した直後にヘルメットを外し、上着のファスナーを途中までおろしているのに対し、敵ジェシカの方はヘンドリクスンに撃たれるまで上着のファスナーはきちんとしている。もう1つはジェシカの右手のひらにヘンドリクスンがつけた傷を隠すため手袋の上に包帯をしているが、敵ジェシカの方にはそれらしきものがない。しかし、ジェシカが敵ジェシカのヘルメットの吹き飛ばした直後の服装がジェシカのものと敵ジェシカのものが逆になっているシーンが少なからず存在している(特に特殊なレーザーでダメージを受けるシーン)。

出典[編集]

外部リンク[編集]