暗殺の瞬間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暗殺の瞬間
Sista Kontraktet
監督 シェル・スンズヴァル(Kjell Sundvall
脚本 マッツ・ハーレン、ボルイェ・ハンソン、ヨーハン・ボガエウス
製作 ボルイェ・ハンソン
出演者 ミカエル・パーシュブラント
マイケル・キッチン(Michael Kitchen
公開 スウェーデンの旗 1998年
日本の旗 1999年7月3日
上映時間 107分
製作国 スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 スウェーデン語
英語
テンプレートを表示

暗殺の瞬間』(原題:Sista Kontraktet)は、1998年スウェーデン映画

ストーリー[編集]

警察官のニーマン(ミカエル・パーシュブラント)は勤務中に遭遇した強盗事件で犯人に撃たれ負傷してしまう。療養中に提出しておいた転属願いにより公安部(Rikspolisstyrelsens säkerhetsavdelning:Säpo)に配属され、スウェーデンへの入国者のチェックをしていると既に死亡しているイギリス人の名を騙った入国者を発見した。

パスポートの写真を照会すると、その人物は国際刑事警察機構から手配されている国際的な「暗殺者」(マイケル・キッチン)であることが分かり宿泊先のホテルに向かうものの一足違いで取り逃がしてしまった。その後、街中でニーマンは偶然に暗殺者の姿を見かけ、逗留先を突き止めて監視活動に入ったがその動きから暗殺者の目的は皆目知れなかった。

暗殺者の監視中に王立テニス・スタジアム(Kungliga tennishallen)周辺で姿を見失ってしまった時、同時刻にそこに居たのがオロフ・パルメ首相であることに気づいたニーマンは暗殺者の目的を確信し警告を発した。しかし、何らかの対策が講じられる様子も無く何故かニーマンは任務から外され、共に捜査をしていた同僚も他の部署へと振り向けられてしまう。そして、ニーマン達がそれまで集めた暗殺者に関する証拠物件もいつの間にか消えていた。

キャスト[編集]

吹き替え[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:ボルイェ・ハンソン
  • 監督:シェル・スンズヴァルKjell Sundvall
  • 脚本:マッツ・ハーレン、ボルイェ・ハンソン、ヨーハン・ボガエウス
  • 撮影:シェル・ラーゲルース
  • 音楽:

出典[編集]

外部リンク[編集]