ワンダと巨像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワンダと巨像
ジャンル アクションアドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation 2
PlayStation 3
PlayStation 4
開発元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
プロデューサー 海道賢仁
ディレクター 上田文人
デザイナー 上田文人
音楽 大谷幸
人数 1人
メディア [PS2]DVD-ROM
[PS3][PS4]Blu-ray Disc/ダウンロード
発売日 [PS2]
アメリカ合衆国の旗 2005年10月18日
日本の旗 2005年10月27日
欧州連合の旗 2006年2月17日
[PS3]
日本の旗2011年9月22日
アメリカ合衆国の旗2011年9月27日
欧州連合の旗 2011年9月28日
[PS4]
中華民国の旗香港の旗2018年2月6日
アメリカ合衆国の旗2018年2月6日
欧州連合の旗2018年2月7日
日本の旗2018年2月8日
対象年齢 [PS2]CERO:12才以上対象
[PS3/PS4]CEROB(12才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI12
OFLC(豪州): M
コンテンツ
アイコン
[CERO]暴力
売上本数 [PS3]日本の旗 45,174本[1]
テンプレートを表示

ワンダと巨像』(ワンダときょぞう、英題:Shadow of the Colossus)は、 ソニー・コンピュータエンタテインメント(のちのソニー・インタラクティブエンタテインメント)より2005年10月27日に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。後にPlayStation 2 the Bestが廉価版として2006年6月8日に発売された。キャッチコピーは「最後の一撃は、せつない。」。

PlayStation 3用のHDリマスター版が2011年9月22日に発売され、ダウンロード版が2012年1月31日に発売された。

PlayStation 4版の発売が告知され[2]2018年2月8日に発売された。ブルーポイントゲーム開発でフルリメイクされており、新要素として「フォトモード」が追加された。

概要[編集]

ICO』を手掛けた上田文人とその開発チームによるゲーム作品。主人公であるワンダを操作し、ゲーム世界内に点在する巨像と呼ばれる巨大な敵を探し出して撃破することを目指すゲームである。

巨像を倒すには、各巨像によって異なる弱点を攻撃する必要があるのだが、弱点に辿りつくまでに様々な仕掛けがある。ゲーム内容を巨像との戦いのみに特化し、それ以外の要素を極力排除したのが特色。

一般的なゲームのように、状況説明してくれるキャラクターや看板や標識などがあるわけでもなく、ザコ敵や中ボスなどが現れるようなこともない。広大なマップの中に放り出され、剣の光とマップ以外にほとんど手がかりがなく、明確なボスの居場所も提示されないため、独特な世界観をユーザーに提供している。

また、遠くに見えている風景が近づいて行くにつれて、切り替えのストレスがなく地形を表示したり、空間の独特な空気感など、ゲーム上での自然な演出方法などにも独自の工夫が凝らされている。

そのアクション性の高いシステムや、独特な雰囲気を持つ音楽やグラフィック、演出面が高く評価され、国内外で様々な賞を受賞している。

2009年にはソニーピクチャーズ主導でハリウッド映画化されることが発表されている。2014年には、アンディ・ムスキエティ監督がメガホンを取ることが報じられたものの、2022年に至るまで制作の進捗は報告されていない。

システム[編集]

基本的なゲームの流れは以下の通りである。

  1. 広大なマップを旅する。道中で見つかる果物やトカゲを捕食するとワンダの能力がアップする。
  2. 剣の光をヒントに、ボスの居場所をつきとめ、その場所まで移動する。
  3. ボスのいるダンジョンをクリアして、ボスの居場所までたどり着く[3]
  4. 注意深く観察するか剣の光で弱点を発見し、巨像に登る方法を探しだす。
  5. 巨像にしがみついて登っていき、弱点を剣でついて倒す。
  6. 巨像を倒すと、スタート地点の祠に戻され、次の巨像のヒントを聞かされる。

本作もICO同様、パラメーターや経験値といった一般的なゲームシステムによらないシンプルなスタイルを採用している。実際ゲーム中に使用するパラメータは腕力と体力のみで、2つのメーターで視覚的に表示され、具体的な数値は把握できないようになっている。

また基本的に武器やアイテムの入手も無く[4]、プレイヤーは自分の知恵と判断力のみでクリアしなければならない。主人公のパワーアップは各巨像を倒した後少しずつ行われるほか、各地にいる光るトカゲの尻尾や木の実を食べることによって行われる。

舞台である「いにしえの地」は広大な一枚のマップで構成されており、そのすべてがシームレスにつながっている。いにしえの地は場所によって砂漠や湿原、谷川や古代遺跡などが散在しており非常にリアリティにあふれる。

各巨像は形状や弱点の場所はもちろん行動パターンやリアクションに個性があり、それらを見極めた上で闘う必要がある。巨像によっては地形を利用した戦い方を求められるためアクションアドベンチャーというよりはアクションパズルに近い特色を持つ。

開発スタッフによると「掴む」アクションに特にこだわったとのこと。また腕力を上げることが攻略の鍵となることからジャンルを「握力ゲー」と呼ぶファンもいる[要出典]

ストーリー[編集]

プロローグ
主人公の少年・ワンダは、呪われし運命により生け贄にされて魂を失ってしまった少女・モノの魂を呼び戻すために、けっして足を踏み入れてはならない禁足地とされている「古の地」にある祠を訪れた。
本編
その古えの祠でワンダは、大いなる存在である「ドルミン」の天の声により、少女の魂を戻す方法を教えられる。それは、祠にある「16体の偶像」と対になっている、古の地に存在する「16体の巨像」を倒すことだった。かざした剣の光に導かれ、ワンダは巨像を倒すため愛馬アグロと共に「古の地」を駆け回っていく。
たった一人の少女の命を救うためだけに、罪なき16体もの巨像の命を奪おうとするワンダ。それは少年の独善的なエゴでしかなく、部族では禁じられた禁忌の所業であった。各地にある巨像を殺すたびに、ワンダに「ヘビのような黒い影」が入り込んでいき、次第にワンダの身体は呪いのように『黒い影』によって侵されていく。
ラスト
やがて、16体目の巨像を倒した頃、ワンダの行いを止めようと、呪術師エモンとその部下たちが古の祠に訪れる。そこに死者の魂たちに取り憑かれてしまった、巨像と同じ角をはやし蒼い瞳をしたワンダが現れる。エモン達は反逆者であるワンダに矢を浴びせ、剣で心臓を一突きにして殺してしまう。
すると、亡くなったワンダの身体が『黒い影』によって完全に覆われていき、死者と同様の姿となる。巨像を操っていたのは「黒い影の死者たち」であり、彼らはワンダと同じく「ドルミンに操られた者の末路」であったのだ。
我が身体を16の部位に刻み、我の力を封印してきた愚かなる人間どもよ……。我が名はドルミン……戦士の身体を借り今ここに蘇らん
16体の石像に封印されていたドルミンは、ワンダの巨像討伐によって復活。ドルミンによって奪われたワンダの身体は、頭には角が生え、黒い影の死者たちをも取り込んでいき、これまで倒してきた巨像と同様に巨大になり、エモン達を撃退していく。
ドルミンに恐れおののき呪術師たちは逃走していく中、エモンが「古の剣」を祠の泉に投げいれると、封印の力が発動してドルミンは泉へと吸い込まれた。そして、唯一この禁足地と外界とをつないでいた橋も崩れ落ちてしまう。
エピローグ
やがて、魂をなくしていたモノが目を覚まし、傷ついたアグロに案内されていくと、ドルミンが封印された泉には、「小さな角の生えた赤ん坊」がいた。ワンダの面影のあるその赤ん坊を少女は優しく抱きかかえ、アグロと共に『古の祠』の階段を登っていき、『天空庭園』に辿り着くのであった。

登場キャラクター[編集]

『ICO』と同じく、ゲーム中の台詞はすべて架空の言語である(日本語字幕付き)。

ワンダ(Wander)
- 野島健児
本作の主人公。少女の魂を呼び戻すために古の地にやってきた青年。頑健な肉体を持ち、身軽で剣と弓の扱いに長けるほか馬術にも通じている。愛馬のアグロを連れている。
モノ(Mono)
声 - 生天目仁美
本作のヒロイン。魂を失った少女。ワンダにとって特別な存在のようであるが、具体的な関係は不明。なぜ魂を失ったかも、作中では明らかにされていない。
ワンダの活躍により魂が戻って復活した後、「ワンダと思われる赤ん坊」を連れて、古えの祠の上部にある「空中庭園」に行った所で物語は終わっている。
アグロ
ワンダの愛馬。第16の巨像を討伐する道中で、崩れた橋から落下してしまい、死亡したものと思われていた。しかしエンディングにて、後ろ足を骨折しながらも自力で『古えの祠』まで戻り、モノを連れて「ワンダと思われる赤ん坊」の元へと導いた。その後、モノと共に古の祠の上にある「空中庭園」まで登っていく。
ドルミン(Dormin)
声 - 中多和宏氷上恭子
姿無き天の声。「魂を操る術」を持つと言い伝えられている大いなる存在。古の祠では、おおまかな「巨像の居場所」を教えてくれる。ワンダが巨像と戦っている時には、「巨像を倒すためのヒント」を教えてくれる。
作中では多くは語られていないが、かつてエモンの一族の祖先たちが、ドルミンの強大な力に驚異を感じてドルミンの身体を16の部位に刻んで、16体の巨像と対になる「石像」に力を封印してきたらしい。
エモン(Emon)
声 - 坂東尚樹
ワンダの行為を阻止する為に、武装した仲間たちと共にやってきた術士の老人。

収集アイテム[編集]

光るトカゲ
トカゲは古の地の各地にどこにでもいるが、その中でも特定の場所にいるシッポの光ったトカゲを弓矢で攻撃すると、シッポを切り離せる。それを取得すると「握力ゲージ」をアップできる。かなりすばしっこく、見晴台の塔の上にいるトカゲにはかなり苦労させられる。立ち止まっていると、トカゲの動く音や鳴き声が聞こえるため、探す際の参考になる。
見晴台の上だけでなく、地面にいる場合もある。各地にある見晴台には必ず1~3匹いる他、それ以外の場所にも合計40か所トカゲが存在するポイントがある。ノーマルのタイムアタック報酬(8体撃破)により「トカゲの感知石」が手に入ると、地図に近くのトカゲが表示されるようになり探すのが楽になる。
1ドットずつしかゲージが増加しないため、トカゲや果実だけでゲージを増加させていくのは非常に効率が悪いため、特にメリットもないため全てのトカゲや果実を集める必要はない。クリア後にNew Game+でプレイして、巨像を1体倒してセーブしたら、再度New Game+を繰り返すのが最も効率的である。
果樹の実
マップ上のいたる所には果樹があり、果樹の実を弓矢で撃ち落として拾うと、ワンダの体力がアップする。果実は比較的に多く存在しているため、握力よりも体力のほうが早く上昇させることができる。周回プレイをする場合には巨人を撃破することでHPアップしていくため、すべての果実を取得しなくても比較的簡単にHPが上限にまで達する。
ハードモードのタイムアタック報酬(8体撃破)により「果樹の地図」が手に入ると、地図にまだ取得していない果樹の実がすべて表示されるようになり、探すのが楽になる。
謎の光
PS4版では、新規要素として「キラキラ輝く謎の光」が追加された。マップ上に79個隠されており、マップ画面で個数がカウントされている。謎の光にある程度近くに行くと、鉄琴のようなエフェクト音も再生される。また、ある程度近く(2.5mほど)に行かないと、キラキラした光が表示されない。
海外ユーザーのPS4Trophies氏は、彼の攻略グループで短期間のうちに79個全ての位置を調査したが、当初これらをすべて収集しても何も起こらなかった。PS4Trophies氏とそのグループは「79の意味」を考えるうちに、79という半端な数であることから推理して、10進数の79が「16進数では4F」にあたることに気付く。『ワンダと巨像』のマップは、横軸には数字があり、縦軸にはアルファベットがつけられており、4Fは初期位置の「古えの祠」の場所であった。
この「古えの祠」の周辺を散策すると、光の粒が出ている壁がある。その壁の前で祈ることで壁が開き、その内部の秘密部屋において「ドルミンの剣」を入手できる[5]。ドルミンの剣は、攻撃力は上がるが回復速度が下がる効果を持つ。
タイムアタック報酬
難易度ノーマル、難易度ハードにおいて、巨像を倒していくと、倒した巨像と対になっている偶像の前で祈ることで、タイムアタックにチャレンジできる。そこでタイム内に倒した巨像の数に応じて、クリア報酬アイテムがもらえる。

巨像[編集]

形状とサイズ
巨像は、禁断とされている「いにしえの地」の各地に点在している。人型、獣型、さまざまな姿をしており、陸や湖、空や砂漠の各地に生息している。16体存在しており、英語版では巨像はColossusと訳されている。
サイズは数メートル~百メートルを超えるものまでさまざまではあるが、人間と比べると総じて非常に巨大である。体に毛のような草が生えており、足場となる石材が組み込まれているため、そこをワンダが掴んだり足掛かりにして登っていくことができる。
魂を操る力を持つドルミンにより、古えの祠にある『封印の像』と対になる『巨像』に魂を入れられた「黒い影の死者たち」によって、巨像は動いていると推測される。巨像を破壊することで、対となる『封印』の像も破壊され、死者の呪いが破壊した者に取りつき、16体の破壊に失敗した者を『新たな巨像の候補者』にするサイクルとなっている。
急所と弱点
それぞれの巨像には「青白く光る急所」を1〜3つほど持っており、いにしえの剣で光を当てることで紋章が浮かび上がるほか、剣を持ったワンダが近くにいくことでも紋章が光るようになっている。
前述の「青白く光る急所」以外にも、『赤い霧をまとった弱点』を持っている巨像もおり、そこを攻撃することで態勢を崩したり、転倒させたり、剣を落とさせることができる。
巨像の討伐後
それぞれの巨像を倒すと、何本ものヘビのような黒い影がのたうちまわり、影がワンダの身体を侵食して、その瞬間に黒い影の力を取り込んで、握力ゲージとHPゲージが微増する。
その後、ワンダは最初の神殿に戻され、そこで倒した巨像の数だけ「黒い影の者たち」に取り囲まれる。その後、対になる石像が破壊されて、次の攻略対象である巨像が示される。
巨像を倒すと、地図上にその巨像の位置が記されるほか、その位置から天空に『光の柱』がそそり立ち、上空に魔法陣が描かれる。
名称 形状 居場所 弱点 備考
第一の巨像 ミノタウロス 峡谷の荒野 左足 攻撃方法は棍棒と踏み付け。
第二の巨像 雄牛 海辺の砂浜 足の裏 巨大だが動きが非常に鈍い。
第三の巨像 騎士 湖上のダンジョン 攻撃方法は剣の振り下ろし。鎧を纏っているが脆い。
第四の巨像 麒麟 地下道のある平原 首のつけ根 地下道を覗き込む癖がある。
第五の巨像 飛竜 湖上の塔群 --- 滑空したり振り落とそうとする。
第六の巨像 髭面の大男 地下神殿 --- ヒゲをつたって登れる。
第七の巨像 電気ウナギ 北西の湖 背びれの横 電気を放出して攻撃する。
第八の巨像 ヤモリ 階層のある神殿 壁を登って、毒霧を飛ばす。
第九の巨像 カメ 間欠泉の荒野 足の裏 炎弾を吐くが、間欠泉に弱い。
第十の巨像 砂龍 砂漠の穴 両目 砂中を高速で動き、人間では逃げ切れない。
第十一の巨像 獅子 洞窟の遺跡 --- 火を恐れる。全身を覆う鎧を剥がす必要がある。
第十二の巨像 ポセイドン 北東の湖 腹部 腹部の弱点が隠れており、晒さなければ攻撃できない。
第十三の巨像 ヘビ 南部の砂漠 エラ袋 袋状の部分を攻撃すると高く飛べなくなる。
第十四の巨像 ケルベロス 崩れた遺跡 --- 猪のように突進を繰り出す。
第十五の巨像 ミノタウロス 北東の寺院 右肘 二つ目の弱点は剣を持つ掌にある。
第十六の巨像 イービス 最南端の荒野 腰の後ろ
左腕の付け根
左胸
高層ビルの如き巨体から火球を放つ。

前作との繋がり[編集]

本作は、同じ開発チームによるアクションアドベンチャーゲーム『ICO』の次作として開発が開始され、初期のプロジェクト名には「Next ICO」を意味する「NICO」という仮名がつけられていた[6]

本作と『ICO』は同じ世界を舞台にした作品であると設定されており[6][7]、作中には両作の繋がりを示唆する様々な要素が散りばめられているが[6][7]、具体的な関連性がどのようなものであるかは受け手の想像に委ねる形となっている[6]

開発者の上田文人によると、「ワンダの衣装デザイン」「天の声の言葉」「影の存在」など似ている部分もあるが、「具体的な時間のつながりはないが、両方とも舞台となる世界は同じ」であると語られている。

また、『ワンダと巨像』の最終場面で登場する赤ん坊は、『ICO』の背景設定にある「角が生えた赤ん坊」の第1号とのことから、ICOよりも以前の物語であると推測されているが、その赤ん坊がICOの主人公であるのか、血縁はあるのかどうかは不明である。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

ゲーム中の音楽はカット・シーンや巨像の登場シーンなどきわめて限られた場面のみで使用され、オーケストラが使用されたサウンドトラックと、音楽が消えて主人公と馬、自然の環境音のみが聞こえるサウンドスケープの対比が効果を上げた。

サウンドトラックは映画『ガメラ』シリーズほか、アニメやゲームの音楽を多数手がけた大谷幸によるもので、各国で評価を得た。

評価[編集]

移植[編集]

PlayStation 3への移植
2010年9月の東京ゲームショウにて、『ワンダと巨像』と『ICO』のPlayStation 3への移植、フルHDリマスター版の制作が発表された。PS3版は7.1ch サラウンド、フルHD、トロフィー、3D立体視に対応している。PS2版からのHDリマスター化により、解像度的な粗さがなくなり、かなりの画質向上がなされた。
2作品がセットになった「ICO/ワンダと巨像 Limited Box」も同時発売された。なお海外では2作品を1枚のBDにパッケージしている。
PlayStation 4への移植
2018年2月には、PS4版のフルリメイク版が発売された。PS3版とは異なり、グラフィックなど多くの部分を新たに新規制作されたフルリメイクである。
最新のゲームエンジンにより再現されたグラフィックは、PS3版をはるかに上回るクオリティーとなり、草原や森の草木はもちろん巨像の体毛の一本一本が判別できるなど、PS4ソフトの中でも上位レベルの美麗さとなった。また、PS4 Proでは4K/30fpsもしくはフルHD/60fps対応となり、HDRにも対応された。
さらに「フォトモード」の実装されたり、「複数のコントロール設定」が用意されて操作性が改善されるなど、一部追加要素も存在する。トロフィーについても、PS3版とは一部異なるトロフィーが用意された。
マップ各地に79個存在する「謎の光」が追加され、すべて集めて「隠された部屋」に行くと、「ドルミンの剣」を入手できるようになった。

関連商品[編集]

  • ガイドブック
    • 『ワンダと巨像 公式攻略&設定本 古えの地綺譚』 ISBN 4-7577-2580-9
    • 『Shadow of the Colossus(TM) Official Strategy Guide』(Official Strategy Guides(Bradygames)) ISBN 0-7440-0643-0
  • オリジナルサウンドトラック
    • 「ワンダと巨像 大地の咆哮」 KICA-1379

脚注[編集]

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』エンターブレイン、2013年。 
  2. ^ [E3 2017]「ワンダと巨像」がPS4で登場。2018年にリリース 4Gamer.net 2017年6月13日
  3. ^ 第一・第二の巨像のように、ダンジョンがないボスもいる。
  4. ^ 一度クリアすることでプレイ可能になるタイムアタックモードで、2体クリアする毎に入手できるボーナスアイテムが難易度ノーマルとハードで各8個ずつある。
  5. ^ https://automaton-media.com/articles/newsjp/20180212-62698/
  6. ^ a b c d インタビュー『ワンダと巨像』”. 電撃ドットコム (2005年10月28日). 2011年5月9日閲覧。
  7. ^ a b 『ICO』と『ワンダと巨像』:上田文人氏にインタビュー”. WIRED (2006年3月14日). 2011年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]