ONCE ダブリンの街角で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ONCE ダブリンの街角で
Once
監督 ジョン・カーニー
脚本 ジョン・カーニー
製作 マルティナ・ニーランド
製作総指揮 デヴィッド・コリンズ
出演者 グレン・ハンサード英語版
マルケタ・イルグロヴァ英語版
撮影 ティム・フレミング
編集 ポール・ミューレン
製作会社 サミット・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
アイルランドの旗 ブエナビスタ
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年3月22日
アイルランドの旗 2007年3月23日
日本の旗 2007年11月3日
上映時間 87分
製作国 アイルランドの旗 アイルランド
言語 英語
製作費 €130,000
興行収入 $20,710,513
テンプレートを表示

ONCE ダブリンの街角で』(ワンス ダブリンのまちかどで、原題: Once)は、2007年公開[1]ジョン・カーニー脚本および監督のアイルランドの音楽映画。アイルランドダブリンを舞台に、ストリートで出会った地元の男とチェコ系移民の女が音楽を通して心を通わせていくラブストーリーで、自然主義俳優およびミュージシャンのグレン・ハンサード英語版マルケタ・イルグロヴァ英語版が主演している。映画撮影以前より2人は「ザ・スウェル・シーズン英語版」の名で音楽活動をしており、映画のオリジナル曲全ての作曲および演奏を行った。

映画製作中の約6ヶ月間、アイルランド映画局の最高責任者が不在だったため、部下の裁量ではおよそ€112,000という低い予算しか組めなかった。制作費は€130,000(米ドル150,000)[2]だったが映画は成功をおさめ[3]、アメリカの映画館各館の平均興行収入を越えた[4]。全米では2館からの公開だったが、その後口コミで話題になり、140館まで劇場数を増やしたほか、サウンドトラックは全米チャートで2位を獲得した。好評を得て[5][6]2007年のインディペンデント・スピリット賞の外国映画賞を受賞した。ハンサードとイルグロヴァの曲『フォーリング・スローリー英語版Falling Slowly第80回アカデミー賞歌曲賞を受賞し、サウンドトラックはグラミー賞にノミネートされた。

キャッチコピーは、『ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ』『人生でたった一度、心が通じる相手に出会えたら…ストリートから始まるラブストーリー』。

あらすじ[編集]

ダブリンのストリート・ミュージシャンである30代の"男"(演:グレン・ハンサード英語版)は商店街であるグラフトン・ストリート英語版でギターの弾き語りをしているがなかなか成功に結びつかない。ある日"男"の音楽に惹かれ、チェコ移民である花売りの"女"(演:マルケタ・イルグロヴァ英語版)が曲や恋人について彼に話しかける。"男"が音楽活動の他に、実家で掃除機[注釈 1]の修理をしていると聞いて喜び、"女"は壊れた掃除機の修理を依頼する。

翌日"女"は掃除機を持って現れ、ふたりは自らの生い立ちや人生を語る。途中彼女が定期的にピアノを借りている楽器店へ寄り道し、"男"は"女"に自分の曲を教え、一緒に演奏する (Falling Slowly) 。"男"は実家の店に向かうバスの中で、長年交際した女性が彼を騙して出て行ったことを音楽に乗せて答える (Broken Hearted Hoover Fixer Sucker Guy)。店で"女"は"男"の父親(演:ビル・ホドネット)に会う。"男"は"女"を2階の自室に誘うが、"男"が泊まっていってほしいと言うと"女"は怒って出て行く。

翌日仲直りをし、"男"は自分の曲を"女"に渡す。"女"は"男"を自宅での夕食に招待し、"男"は彼女にチェコに残してきた夫がおり、娘と"女"の母親(演:ダヌシュ・クトレストヴァ)と同居していることを知る。"女"は"男"の帰宅後にCDを聴き、曲の1つに作詞をして "If You Want Me" と名付ける。"女"は道を歩きながら、あるいは即興でそれぞれが演奏するパーティなどで歌い練習する(Gold他)。

"男"はロンドンへ行った元彼女(演:マルチェラ・ブランケット)のことを思い返し、「変っていく君に追いつけない」という "Lies" という曲を作曲する。"女"は"男"に彼女を取り戻すよう応援する。彼はロンドンへ向かうことを決心し、デモテープを持っていくために"女"に共にレコーディングしてくれることを頼む。

"男"の父親のバイクで海を見に行き、"男"が"女"に別居中の夫を今も愛しているのか尋ねると、"女"はチェコ語で "Miluju tebe" と答えるが[8]、はにかみながら今何と言ったのか訳すのを拒否する[注釈 2]。他のストリート・ミュージシャン(演:ゲラルド・ヘンドリック、アラスター・フォーリー、ヒュー・ウォルシュ)をバンドに迎え、レコーディングに向かう。彼らは1曲目When Your Mind's Made Up を演奏するとすぐに、小バカにしていたエンジニアのエイモン(演:ゲオフ・ミノゲ)に好印象を与える。明け方、10分の休憩中に"女"は空いている別スタジオでボールドウィンのピアノを見つけ、"女"が作曲した曲を"男"に弾いて聴かせる ("The Hill") 。収録は一晩中続き、一行はエイモンの車で曲を聴きながら海岸へ向かう。

"男"が"女"の家の近所まで送ると、"女"は夫がダブリンに来て同居することを明かす。"男"はダブリンでの最後の夜を彼女と過ごしたいと語るが、"女"は「間違いがあるかもしれず」良くないアイデア(hanky-panky)だと拒絶する。"男"が父親にデモテープを聴かせると、父親は"男"のロンドンへの移住を経済的に支援してくれる。空港に行く前、"男"は"女"のためにチェコ・ペトロフ製のピアノを購入して自宅に届けさせる。その後、元彼女に電話をすると、元彼女は彼の到着を喜ぶ。一方ダブリンでは、"女"の夫(演:Senan Haugh)がダブリンに引っ越してきて同居を開始する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

その他日本語吹き替え
佐々木敏小森創介文月くん高瀬右光冠野智美飯島肇岐部公好興津和幸

スタッフ[編集]

  • 監督 - ジョン・カーニー
  • 製作 - マルティナ・ニーランド
  • 製作総指揮 - デヴィッド・コリンズ
  • 脚本 - ジョン・カーニー
  • 撮影 - ティム・フレミング
  • プロダクションデザイン - タマラ・コンボイ
  • 衣装デザイン - ティツィアーナ・コルヴィシエリ
  • 編集 - ポール・ミューレン

製作[編集]

主演であるハンサードとイルグロヴァの2人は共にプロのミュージシャンである[9]。ハンサードのバンドであるザ・フレイムズの元ベース奏者であったカーニー監督はストリート・ミュージシャンの話を映画化およびサウンドトラックの作曲を長年の友人であるハンサードに依頼し続けていたが、主演を俳優になる以前にロック・ミュージシャンとして契約しようとしていたキリアン・マーフィーを起用するつもりでいた[10][11]。またマーフィはこの映画のプロデューサーの1人となる予定であった。しかしマーフィは当時17歳で芝居経験のないイルグロヴァの相手役になること、ハンサード作曲の音程が急に高低する曲を大声で歌うことに不安があったため降板し、同時に他のプロデューサー達も経済的理由により降板した[12]。カーニー監督は1991年にダブリンのソウルミュージックコピーバンドについてのアンサンブル映画『ザ・コミットメンツ』でギター奏者のアウトスパン・フォスター役を演じただけの作曲家であるハンサードに白羽の矢を立てた。当初ハンサードは気が進まず、うまく演じる自信がなかったが、映画全体に関わること、低予算に合わせることを条件に承諾した[12]

低いながらも予算の約75%はアイルランド映画局Bord Scannán na hÉireann から出資され、残りの一部はカーニー監督のポケットマネーからまかなった。カーニー監督は自身の給料を主演2名に与え、もし映画が成功したら利益を皆に配分する約束をした。17日間、最小限度の人数で撮影され、コスト削減のために自然光や友人達の家を使用した[2]。歌い継ぐパーティのシーンはハンサード自身のアパートで撮影され、ハンサードの実際の友人がパーティ参加者および演奏者として出演し[13]、ハンサードの母親キャサリン・ハンサードがソロの歌声を披露した。ダブリンの通りでのシーンは許可なく、望遠レンズで撮影され、多くの通行人は映画撮影中であることを知らされていない。望遠レンズはほぼ演技未経験の主演者達にカメラがあることを忘れさせてリラックスさせ、いくつかの台詞はアドリブであった[12]

撮影中、カーニー監督はロマンスを予見し、ハンサードとイルグロヴァをボガートバコールと呼んだ。ハンサードとイルグロヴァは実生活でも交際を始め、北米で共に映画の宣伝活動をして回り、ハンサードのアパートで同居していた[14]。『エンターテイメント・ウィークリー』誌から引用:

主演2名が恋愛に発展したことは、2006年1月のダブリンでの撮影を容易にした。「ずっと彼女に恋していたが、私は彼女はまだほんの子供だと自分に言い聞かせていた」。当時37歳のハンサードは6年前からの知り合いで共演者のイルグロヴァが19歳であることを気にしていた。「最終的に何か貴重な、プライベートな変化を記録している感じだった」[4]

その後ハンサードはこの交際が終わったことを明かした[15]。「もちろん、私達はお互いの腕の中に飛び込んだ。これは私達の友情においてとても重要な部分であるが、私はお互いに本当にこうなりたかったのではないと結論を出したのだと思う。それで私達は今は別々にいる。私達はただの、本当に良い友人である」。

ハンサードとイルグロヴァは映画のストーリー上でも結ばれなかったことに本当に満足している。インタビューでハンサードは「アメリカの配給社が結末を変えて私達にキスをさせ、私は映画の宣伝活動に全くやる気をなくした」と語った[13]。ハンサードは、イルグロヴァの役である"女"が字幕なしのチェコ語でアドリブで「いいえ、私はあなたを愛している」と言ったが、撮影中彼は役の"男"同様に彼女が何と言ったのかわからなかったと語った[16]

ハンサードとイルグロヴァはインタビューで、今後俳優業を続けるつもりはないと語った。イルグロヴァは撮影中に緊張していたことについて「私は全く良い女優ではない」と語り[17]、ハンサードは映画について「前向きに、別の人生を生きていく」と語るのみであった[17]

映画撮影終了後もハンサードとイルグロヴァは音楽を発表し、ザ・スウェル・シーズンとしてツアー公演を行っている。

ハンサードとイルグロヴァは『シンプソンズ』のエピソード『In the Name of the Grandfather 』に登場した。

主な受賞[編集]

CD・DVD[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

舞台化[編集]

この映画は同名ミュージカル『ONCE ダブリンの街角で』として舞台化された。2011年12月6日、ニューヨーク・シアター・ワークショップで開幕した。脚本はエンダ・ウォルシュ、演出はジョン・ティファニーが担当した[18]

2012年2月、このミュージカルはブロードウエイへ進出し、バーナード・B・ジェイコブズ・シアターで上演された。2012年2月28日からプレヴュウ公演が行われ、2012年3月18日に正式に開幕した[19]。ジョン・ティファニーの演出により、"男"役はスティーヴ・カジー、"女"役はクリスティン・ミリオティ、舞台および衣装はボブ・クロウリーが担当することとなった。音楽は映画使用曲に2曲が追加され、出演者が演奏も行う。このミュージカルは開幕後概ね好評を得た[20]。開幕以降このミュージカルはThe Outer Critics' CircleDrama LeagueThe New York Drama Critics' Circle そしてトニー賞において最優秀ミュージカル作品賞を獲得している。

ブロードウエイ公演はトニー賞においてミュージカル作品賞ミュージカル主演男優賞(スティーヴ・カジー)、ミュージカル主演女優賞(クリスティン・ミリオティ)、ミュージカル助演女優賞(エリザベス・A・デイヴィス)、ミュージカル演出賞を含む11部門でノミネートされた[21]。2012年6月10日、作品賞、演出賞、脚本賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した[22]

2014年11月27日から12月14日までEXシアター六本木にてアメリカ・ツアー・プロダクションの来日公演[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ここでふたりが言う「フーヴァー英語版」とは掃除機メーカーの名前だが、イギリス・アイルランドでは掃除機の総称としても用いられている[7]
  2. ^ 映画内では訳は出てこないが、チェコ語で「私が愛しているのはあなたよ」という意味である。

出典[編集]

  1. ^ It was first shown in complete form at the Sundance Film Festival on 20 January 2007
  2. ^ a b Weisman, Jon. "Once Upon a Time", Variety, 18 July 2007. Accessed 11 August 2007.
  3. ^ IMDb box office information
  4. ^ a b Entertainment Weekly, 14 June 2007: "'Once a Hero"
  5. ^ Once at Rotten Tomatoes”. RottenTomatoes.com. 2012年12月20日閲覧。
  6. ^ Metacritic entry for Once”. Metacritic.com (2009年12月17日). 2012年12月20日閲覧。
  7. ^ 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “hoover”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  8. ^ Cival. “Once (2006)”. Film.moviezone.cz. 2012年12月20日閲覧。
  9. ^ Scott, A. O. "Movie Review: Once", The New York Times, 16 May 2007. Accessed 21 April 2008.
  10. ^ CHUD.com cast and director interview from 14 May 2007
  11. ^ O'Hagan, Sean. "'I just want to challenge myself with each role'", The Observer, 11 June 2006. Accessed 8 August 2006.
  12. ^ a b c The Gazette from 14 April 2007
  13. ^ a b Interview 3 of 4 with Glen Hansard and Marketa Irglova - YouTube[リンク切れ]
  14. ^ du Lac, J. Freedom. "Making a Name for Themselves: 'Once's' Guy and Girl, In Tune On- and Off-Screen, Shed Their Anonymity", The Washington Post, 17 February 2008. Accessed 21 April 2008.
  15. ^ “Tempting fame”. The Sydney Morning Herald. (2009年1月23日). http://www.smh.com.au/news/entertainment/tempting-fame/2009/01/22/1232471466567.html?page=fullpage#contentSwap1 
  16. ^ E! Online, 24 August 2007: Once Is Not Enough: Summer's Secret Smash - Interview with Glen Hansard Accessed 14 January 2008.
  17. ^ a b Once video interview with stv.tv
  18. ^ Rooney, David (2011年11月24日). “Theater Listings for Nov. 25-Dec. 1”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/11/25/theater/theater-listings-for-nov-25-dec-1.html?_r=1&adxnnl=1&adxnnlx=1322499380-gKxVDuttqarluQoaahkKag 2011年11月28日閲覧。 
  19. ^ Playbill Vault Entry for 'Once' Broadway Production”. Playbillvault.com. 2012年12月20日閲覧。
  20. ^ Jones, Kenneth (2012年3月18日). “Once, the Irish-Kissed Musical About "Falling Slowly," Opens on Broadway”. Playbill.com. 2012年3月18日閲覧。
  21. ^ Sneitker, Mark (2012年5月1日). “Tony Awards nominations 2012”. ew.com. 2012年5月1日閲覧。
  22. ^ The American Theatre Wing's Tony Awards®”. TonyAwards.com. 2012年12月20日閲覧。[出典無効]
  23. ^ http://once-musical.jp/

外部リンク[編集]