スプリンターセルコンビクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプリンターセルシリーズ > スプリンターセルコンビクション
スプリンターセル コンヴィクション
ジャンル ステルスアクション
対応機種 Xbox 360 / Windows / Mac OS X / iPhone / iPod touch / iPad
開発元 ユービーアイソフトモントリオール・スタジオ
発売元 ユービーアイソフト
人数 オフライン:1人 - 2人
オンライン:2人
メディア DVD-ROM1枚
対象年齢 欧州連合の旗PEGI : 18+
アメリカ合衆国の旗ESRB : M (Mature)
日本の旗CEROC(15才以上対象)
エンジン LEAD (Unreal Engine 2.5)
テンプレートを表示

スプリンターセル コンヴィクション(Splinter Cell Conviction)はスプリンターセルシリーズの第5作となるステルスアクションゲーム。フランスユービーアイソフトから2010年4月に発売された。CEROレーティングはC(15歳以上)。PC版、Xbox 360版、iPhone版で発売されるが、日本ではXbox 360版が4月28日に、5月27日にiPhone/iPod touch版が発売された。

シングルモードストーリー[編集]

かつてアメリカ国家安全保障局内の秘密組織「サード・エシュロン」に所属する秘密工作員「スプリンターセル」であったサム・フィッシャー。 現在は組織から離れ、単独で娘サラの死亡原因を探るうちに、娘の死に関わる容疑者がマルタ島にいる事を突き止める。 マルタ島で娘の死の真相を知るというギャング、アンドリー・コビンを尋問していたその時、スプリンターセルがサムを急襲。 彼らによってワシントンD.C.に連行されたサムは、かつての同僚グリムから衝撃の事実を突きつけられる。 倒すべき敵の正体を知ったサムはグリム、コステの力を借り、かつての組織「サード・エシュロン」とその背後に見え隠れする巨大組織を相手に一人立ち向かう。

協力モードストーリー[編集]

サム・フィッシャーがマルタ島へ渡る10日前。ロシア製EMP兵器が盗まれる事件が発生した。 そこで「サード・エシュロン」はスプリンターセル「アーチャー」をロシアへ派遣。ロシアの「サード・エシュロン」とも言うべき組織「ヴォロン」の秘密工作員「ケストレル」と共闘し、マフィアからロシア軍内部の協力者を割り出すと共に、ブラックマーケットに流れる前に何としてもEMP兵器を奪い返さねばならない。 アメリカとロシアの両エージェントは、ロシアの暗部へと乗り込む。

登場人物[編集]

カッコ内は日本語版の吹き替え

サム・フィッシャー玄田哲章
このシリーズの主人公。
かつてはアメリカ国家安全保障局内の秘密組織「サード・エシュロン」に所属していた秘密工作員「スプリンターセル」。
現在は組織を離れ、娘サラの死の真相を探るべく単独で行動している。
サラ・フィッシャー(白石涼子
サムの娘。「スプリンターセル 二重スパイ」の冒頭で交通事故死。23歳没。
ヴィクター・コステ(若本規夫
サムの親友であり、元海軍特殊部隊「シールズ」に所属。20年前の湾岸戦争では、部隊長であったサムを単身救出している。
現在はセキュリティコンサルティング会社を設立。サムからは「兄弟」と呼ばれている。
トーマス・ジェフリー・リード(小山力也
アーヴィン・ランバート亡き後の「サード・エシュロン」現局長。
「サード・エシュロン」局長でありながら、ある目的の為にルーシャス・ガリアードの民間軍事会社「ブラックアロー」を借り受けているなど不審な行動が目立つ。
アンナ・グリムスドッティア(田中敦子
「サード・エシュロン」のチーフ技術者で、通称「グリム」。
アーヴィン・ランバートによって「サード・エシュロン」にスカウトされた。
彼の死後、彼から託された重要なメッセージを受け取っており、組織の裏切り者の捜索及び、サムに復職するよう呼びかける。
アンドリー・コビン(江川央生
マルタ島を根城にするギャング。以前はケチなギャングに過ぎなかったが、「サード・エシュロン」と協定を結んだことで羽振りが良くなる。
サムの娘・サラの死に関わる容疑者でもある。
ルーシャス・ガリアード(小形満
アメリカ人実業家。22か月前に攻撃的な投資を始め、民間軍事会社「ブラックアロー」と軍事研究開発機関「ホワイトボックス」を含む複数の企業を買収、今はそれらのオーナーに君臨している。
リードとは共通の組織で繋がっており、「ブラックアロー」の貸し出し等を行っている。
エージェント・アーチャー(河本邦弘
ハーバード大学で経済学を修めた後、情報分析官としてアメリカ国家安全保障局に奉職。
極めて優秀な分析官として多くの実績を挙げた後「サード・エシュロン」へスカウトされる。
エージェント・ケストレル(三宅健太
チェチェンの首都グロズヌイで捕虜になり、凄絶な拷問を受けた後スペツナズに救出された過去を持つ。
その後、提出した報告書がロシア対外情報庁士官の目にとまり、新設される特殊部隊「ヴォロン」への参加を打診される。
幼い頃に両親を亡くして18歳で軍に徴兵されるまで荒れた生活を送っていた。右腕に今もある刺青はその頃の名残である。

ゲーム・システム[編集]

ステルスを重視したアクションゲームだが、今回は新システムの導入と過去の作品にあったシステムの排除により、戦略的かつスピーディーなアクションに仕上がっている。下記のものは今回から導入された新システム。

ラスト・ノウン・ポジション
敵が最後にプレイヤーを目視した場所にゴーストが表示される。敵はゴーストの位置に向かって攻撃或いは近付いてくるので、その間に別の場所に移動したり、敵の背後を取るなどの戦略的な行動を取れる。
マーク&アクション
格闘戦で敵を倒すとマーク&アクションの発動が可能となり、装備している銃によるが最大4つまでマーク可能。
マーカーが白の場合は発生しないが赤の時にはアクション可能となり、敵やオブジェクトを銃の攻撃力無視で倒したり破壊できる。またマークを敵に付けることで、敵の現在地を把握するのにも役立つ。
ソーシャルステルス(シングルモードのみ)
同社のアサシンクリードシリーズからの導入。群集の中に身を隠す事ができ、サムの行動が周囲の人々に影響を及ぼすのだが、ごく一部のステージしか群集がいない為あまり活かされていない。それでも銃を抜いたり、尋問を暗がりで行わないと群衆がパニックに陥り敵に見つかったり、ゲームオーバーになる等の要素を持っている。
ビジュアルメッセージ
次の目標やストーリーの推移などを知らせる情報が、壁などにメッセージや映像で表示される。基本的に英語表記になるが、ポーズを押すことによって日本語表記が出る為困る事は無い。
(また日本語版のみ、日本人にもわかりやすいように英文が少々変更されている)

ステージ[編集]

シングルモード[編集]

ストリートマーケット(マルタ島)
娘サラの死に関わる人物を探し出す為マルタ島を訪れたサムの元に、かつての同僚「アンナ・グリムスドッティア」から、銃を持った島のチンピラがサムを狙っているとの忠告の電話が入る。サムはグリムの忠告に従い、銃を手にチンピラ達を相手にストリートマーケットを抜け、チンピラ達を纏め上げるグラムコスを尋問するのだった。
コビンの屋敷(マルタ島バレッタ)
グラムコスを尋問した結果、サムの殺害指示を下した人物、及び娘サラを殺害したのはこの島のギャング「アンドリー・コビン」と判明。コビンを捕らえサラ殺害の真意を問うと「サード・エシュロンからサラに良く似た死体を捜せと命令された」と自白。その時、二人の前に「サード・エシュロン」の秘密工作員「スプリンターセル」が急襲。グリムから抵抗しないよう指示を受けたサムはおとなしく投降。直後麻酔弾を撃たれ、そのまま眠りにつく。
プライス飛行場(アメリカ合衆国ヴァージニア州オールドタヴァーン)
麻酔弾を撃たれたサムは貨物便でアメリカに送還され、プライス飛行場に連行される。そこにはグリムの他に「サード・エシュロン」現局長「トーマス・ジェフリー・リード」もいた。リードはサムの殺害をグリムに命令すると部屋から出て行く。薬を打たれる寸前にグリムに助けられるサム。グリムはリードの陰謀を暴くよう頼み込むが、サムは応じようとしない。そこでグリムはサラが生きている事をほのめかす。グリムから車の鍵を受け取ったサムは飛行場の施設を破壊し、「兄弟」である「ヴィクター・コステ」と連絡を取る。
ディウニヤ/イラク(イラク カーディーシーヤ)
コステとの会話の中でサムとコステは20年前、海軍特殊部隊「シールズ」に所属し、湾岸戦争のデザートストーム作戦に従事していた。そんなある日イラク兵の襲撃を受け、コステ以外の味方は死亡。部隊長であるサムは敵兵に拉致されてしまう。一人残されたコステは味方の回収を断り、一人サムを救うべく市街地へと向かのだった。
ワシントンモニュメント(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区
グリムからの依頼をこなすため、EMP兵器と「ブラックアロー」の情報を必要としていたサムはコステと連絡をとりあい、ワシントンモニュメントのあるナショナルモールで落ち合う事にした。しかし「ブラックアロー」はサムを捕らえる為にコステを尾行していた。「ブラックアロー」の尾行者を始末しコステと再開したサムは、詳しい情報を得るべく一度別れる事にする。
ホワイトボックス(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区)
コステから現在の「ホワイトボックス」の状況を確認したサムは侵入を試みる。傭兵達による虐殺から免れた科学者から、DAPRAの依頼でEMP対策を研究していたが、ロバートソンが来てから「ブラックアロー」が「ホワイトボックス」を占拠し実験データを全て破棄してしまった話を聞いたサムは、唯一データが残っているロバートソンのコンピューターから実験データを得るべくオフィスへと向かう。
リンカーン記念堂(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区)
「ホワイトボックス」、「ブラックアロー」のオーナー「ルーシャス・ガリアード」の名前を聞いたグリムは、副大統領演説後にガリアードとリードが密会することをサムに伝え、二人の会話を盗聴するよう依頼する。その後ガリアードを尋問すると、彼等の背後に「メギド」という巨大な組織が暗躍している事を自白するが、口封じの為に暗殺されてしまう。しかし犯人も逃走用に用意された車に仕掛けられた爆弾で死亡。その直後、サムを始末するべく送り込まれた「サード・エシュロン」の部隊が周囲を包囲する。
サードエシュロン本部(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区)
かつての所属機関である「サード・エシュロン」へ戻ってきたサム。グリムから協力者である「チャーリー・フライマン」に会う様に指示を受ける。「サード・エシュロン」のメイン電源を破壊し、内部に侵入したサムはフライマンと合流。その後、グリムのオフィスでランバートの遺言を聞かされる。サラを人質に、サムを手駒として利用しようと企む裏切り者の目を欺く為に、グリムを通してコビンにサラに良く似た死体を捜させた事。サラを保護し匿っている事。全てを知ったサムは衝撃を受ける。
ミシガン通り貯水場(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区)
全てを知ったサム。グリムから、ロシアから密輸されたEMP兵器の一つがサラの匿われているアパートの近くに設置されている事を伝えられる。全ては破壊出来ないがサラだけは救いたいと頼み込むグリム。サムはサラをEMP兵器の脅威から守るべくミシガン通り貯水場へと向かう。救出した科学者から、EMP兵器の充電を行う発電機を同時に破壊する様に伝えられ、コステに発電機破壊を依頼。コステはヘリで発電機を破壊。
そしてそのヘリには死んだと思われていた娘サラも乗っていた。父と娘は再会の喜びを噛みしめる。
ダウンタウン(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区)
ホワイトハウスへ向かう一行の眼前でEMP兵器が起動。コロンビア特別区は半壊状態となる。追い討ちをかけるかのように、サム達の乗るヘリに地対空ミサイルが発射され、ヘリは墜落。サラからグリムを助けるよう懇願され、サムは混乱するダウンタウンを「警備」という名目でホワイトハウスへの道を封鎖する「ブラック・アロー」と交戦しながらホワイトハウスへ向かう。
ホワイトハウス(アメリカ合衆国ワシントン・コロンビア特別区)
EMP兵器によりあらゆる機能を停止したホワイトハウス。「サード・エシュロン」と「スプリンターセル」によってホワイトハウス内部は一部屋一部屋掃討され、大統領はシークレットサービスによりオーバルオフィスに匿われているが、特殊部隊を相手にシークレットサービスは為すすべなく倒されてゆく。サムはグリムと大統領の安否の確認とリードの野望を阻止するべく、後輩たちと対峙する事となる。わざとグリムに捕らえられたサムは、オーバルオフィスで裏切り者であるリードと対面。グリムの協力もあり、オフィス内の「スプリンターセル」を一掃。大統領は陸軍により無事に保護される。「誰もいない」とされるオフィス内にサム、グリム、リードの3人だけが残された。リードに対しサムは決断を下す。

協力モード[編集]

ネフスキープロスペクト(ロシア・サンクトペテルブルク
サム・フィッシャーがマルタ島へ渡る10日前。「サード・エシュロン」はロシアの不穏分子が大量破壊兵器を手に入れブラックマーケットへ流そうとしている情報を掴んだ。ロシア政府に伝えたところ、どんな犠牲を払ってもブラックマーケットへの大量破壊兵器の流出を阻止すべきという結論に達した。「サード・エシュロン」は現地に「エージェント・アーチャー」を派遣。ロシア側も新設されたばかりの「ヴォロン」より「エージェント・ケストレル」を派遣する。
「サード・エシュロン」の協力者である「アンドリー・コビン」によれば、ロシア人マフィア「ヴァレンティン・レソフスキー」が軍とのパイプを利用して、兵器の密輸を牛耳ろうと企んでいる。アーチャー、ケストレルの二人は運河から侵入し、レソフスキーとその腹心の部下である「ボリス・シチェフ」を暗殺し、レソフスキーの連絡先リストを手に入れてロシア軍内部の協力者を割り出す事を指示される。
ロシア大使館(アゼルバイジャン・バクー)
レソフスキーの連絡先リストから、組織の窓口は元ロシア連邦軍参謀本部情報総局の大佐「レオニード・ビュホフ」と他数名が関わっている事が判明した。 ビュホフは祝賀行事に出席する使節団に同行し、アゼルバイジャンのロシア大使館に着任予定となっている。
今回の任務はロシア大使館に潜入し、ビュホフが大量破壊兵器をどうするのか確認する事。ロシア大使館に潜入した二人は、取引が破談になり大量破壊兵器が処分される前に、ビュホフの手下から大量破壊兵器を確保する。しかし確保したのは大量破壊兵器ではなく「JDAMブロック2」という次世代のスマート爆弾誘導システムであった。
二人は更に奥へ潜入。ビュホフを尋問した結果、組織の首謀者である「ケルツァコフ少将」の名と居場所を知る事となる。任務を終えた二人は脱出する為に屋上へと向かう。
ヤストレブ本部(ロシア・モスクワ
敵の組織が「ヤストレブ・ネットワーク」という名前である事、その本部が赤の広場の地下にある事が判明した。ロシア大使館にあった「JDAMブロック2」のシリアルナンバーを手がかりに調査した結果、残る装置はイラン人に売却された事、その運び出しが間もなく行われる事も分かった。
今回の任務は表向きは「ヤストレブ・ネットワーク」の施設に忍び込み、残りの「JDAMブロック2」を見つけて破壊する事。更に調査で大量破壊兵器はEMP弾頭である事が判明。「ヤストレブ・ネットワーク」のデータネットワークを調べ、ブラックマーケットへのEMP弾頭の流出を何としても阻止する、非公式の任務も同時に遂行する事となる。
潜入した二人はデータネットワークからEMP弾頭のデータを収集後、特別保管庫に向かい「JDAMブロック2」の無力化を行う。しかしケルツァコフは施設を自爆するように指示。兵器庫でついにケルツァコフを追いつめるものの、タレットの激しい攻撃に手も足も出なかったが、コンテナを動かしタレットとケルツァコフを始末した後、二人は施設から脱出する。
北コーカサス軍管区モズドク試験場(ロシア・北オセチア共和国
「ヤストレブ・ネットワーク」のデータネットワークから行方不明になっていたEMP弾頭の保管施設が判明した。しかし「ヤストレブ・ネットワーク」の残党が既にEMP弾頭の買い手を見つけており、輸送機に積み込んでいる状態である事も判明。
今回の任務は対空防衛網を阻止する為のモズドク試験場の通信センターの破壊、及び「サード・エシュロン」の協力者である「アンドリー・コビン」とその部下が既に押えてある「ヤストレブ・ネットワーク」の輸送機で脱出する事。
無事に通信設備を破壊するものの、コビンから弾頭は4発あるはずが3発しかないと連絡が入る。そこへ「サード・エシュロン」現局長「トーマス・ジェフリー・リード」から、残る1発は実験場に残されていると連絡が入り、二人は最後の弾頭を運び込む為に実験場から搬送システムセレクションへ移動させ、輸送機への積み込みを完了させる。
だが、敵の増援とタレットを装備した装甲車が輸送機を飛ばさないように押し寄せてきた。二人はポータブルEMPを施設にセット。タレットを無力化し、故障し動かないタラップを手動で上げ、輸送機は無事大空へと飛び立つ。
輸送機格納庫内(ロシア上空)
任務を終え、それぞれ休息するアーチャーとケストレル。彼等の元へそれぞれの組織、「サード・エシュロン」と「ヴォロン」から連絡が入る。アメリカ、ロシアという枠を超え、友情が芽生えた二人に冷酷な指示が下された。「相棒を始末しろ」・・・。
組織に縛られたエージェント達の、過酷かつ残酷な最後の任務が格納庫内で繰り広げられる。

外部リンク[編集]