これからの人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
これからの人生
La vie devant soi
監督 モーシェ・ミズラヒ
脚本 モーシェ・ミズラヒ
原作 エミール・アジャール
製作 ジャン・ボルヴァリ
製作総指揮 ラルフ・ボーム
音楽 フィリップ・サルド
撮影 ネストール・アルメンドロス
編集 ソフィー・クッサン
製作会社 リラ・フィルムズ
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 フランスの旗 1977年11月2日
日本の旗 1979年2月17日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

これからの人生』(La vie devant soi)は、モーシェ・ミズラヒ監督、脚本による1977年のフランスの映画である。ロマン・ガリー(エミール・アジャール名義)の1975年の同名の小説を原作としている。アパートで娼婦の子供たちを預かりながら暮らすユダヤ人老女のローザ(シモーヌ・シニョレ)とアラブ人のモハメド少年(サミー・ベン・ユーブ)の交流が描かれる。

第50回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞した[1]

キャスト[編集]

受賞とノミネート[編集]

賞歴一覧[2]
部門 対象 結果
セザール賞 主演女優賞 シモーヌ・シニョレ 受賞
美術賞 バーナード・エヴァン ノミネート
音響賞 ジャン・ピエール・ルー ノミネート
アカデミー賞[1] 外国語映画賞 『これからの人生』 受賞
ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 『これからの人生』 ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞 外国映画賞 『これからの人生』 受賞

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]