ロストパラダイス・イン・トーキョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロストパラダイス・イン・トーキョー
監督 白石和彌
脚本 高橋泉
白石和彌
出演者 小林且弥
内田慈
ウダタカキ
音楽 安川午朗
撮影 辻智彦
編集 加藤ひとみ
製作会社 KOINOBORI PICTURES
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
公開 日本の旗 2010年9月18日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ロストパラダイス・イン・トーキョー』(LOST PARADISE IN TOKYO)は、2010年9月18日公開の日本映画SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009・SKIPシティアワード受賞作品。ロッテルダム国際映画祭釜山国際映画祭、ドバイ国際映画祭、正式出品作品。

概要[ソースを編集]

新人作家発掘を目的に創設されたシネバザール・ニューレーベル『KOINOBORI PICTURES』第1回製作作品。2010年9月18日の東京・ポレポレ東中野ほか全国3館で順次公開。白石和彌の長編監督作品デビュー作。共同脚本は『ある朝スウプは』の高橋泉。主演は『ランニング・オン・エンプティ』の小林且弥、『南極料理人』の内田慈、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』のウダタカキ

キャッチコピーは「安住の地(パラダイス)はどこにある?。」「どん底の世界から、ほんの少しだけ浮上する『愛』と『希望』の物語。」「ここで、いいんだ。」。

ストーリー[ソースを編集]

知的障害者の実生とその弟の幹生、そして性欲処理ができない実生のためにデリヘル嬢として呼んだ自分の島を持つことを夢に持つ秋葉原地下アイドル・マリン。やがて3人の奇妙でささやかな共同生活が始まるが、マリンの取材をするドキュメンタリー演出家が彼女がデリヘル嬢である事を突き止め更に実生が起こした10年前の幼女暴行事件を暴き、3人はバラバラになってしまう。様々な社会の波に押しつぶされそうになりながらも、それぞれの未来を信じて歩み始める。

キャスト[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]