BUNGO〜ささやかな欲望〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

BUNGO〜ささやかな欲望〜』(ぶんごう ささやかなよくぼう)は、2012年日本の映画2010年TBSBS-TBSなどで放送された短期ドラマシリーズ『BUNGO -日本文学シネマ-』の映画版である。

昭和を代表する文豪による短編小説6作品を映画化したオムニバス作品で、3作ずつ「見つめられる淑女たち」と「告白する紳士たち」に分けて2本同時に(ただし、各々別料金で)公開された[1]

見つめられる淑女たち[編集]

BUNGO〜ささやかな欲望〜
見つめられる淑女たち
監督 冨永昌敬
西海謙一郎
熊切和嘉
脚本 菅野友恵
岨手由貴子
山田太郎
原作 宮沢賢治
三浦哲郎
永井荷風
音楽 石塚徹
主題歌 JOOWON「撫子」
製作会社 ボイスアンドハート
配給 日本の旗 角川映画
公開 日本の旗 2012年9月29日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

注文の多い料理店[編集]

キャスト
  • 藤子 - 石原さとみ: 受付嬢。愛人の左右吉を影で「銀行」と呼んでいる。
  • 左右吉 - 宮迫博之: 専務。社長の娘と結婚した婿養子で恐妻家。藤子と不倫中。
原作との違い
舞台を昭和40年代に設定し、主人公の2人組を、互いに自分にとって都合のいい形で別れようと考えている不倫カップルに変更している。

乳房[編集]

キャスト

人妻[編集]

キャスト

告白する紳士たち[編集]

BUNGO〜ささやかな欲望〜
告白する紳士たち
監督 関根光才
山下敦弘
谷口正晃
脚本 大森寿美男
向井康介
鎌田敏夫
原作 岡本かの子
坂口安吾
林芙美子
音楽 石塚徹
主題歌 JOOWON「撫子」
製作会社 ボイスアンドハート
配給 日本の旗 角川映画
公開 日本の旗 2012年9月29日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

[編集]

キャスト
原作との違い
鮨屋の亭主が、ともよの父から祖父(じっちゃん)に変えられ、ともよの両親は登場しない。

握った手[編集]

キャスト
原作との違い
原作のラストシーンを冒頭に持って来て、これまでの経緯を松夫が由子に語る構成になっている。

幸福の彼方[編集]

キャスト
原作との違い
絹子が物売り一家の娘で、家族との縁が薄い女性として設定されている。また、原作のラストに登場する子連れの家族を、物売りの一家と設定して、本編中盤にも登場させている。

その他[編集]

本作のパンフレットは、上映劇場では販売されず、電子書籍ダウンロード販売のみとなっている[2]

主題歌[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]