アウトサイダー (2018年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウトサイダー
The Outsider
監督 マーチン・サントフリート英語版
脚本 アンドリュー・ボールドウィン
製作 ジョン・リンソン英語版
アート・リンソン
ケン・カオ
製作総指揮 ウィリアム・W・ウィルソン三世
ジャレッド・レト
出演者 ジャレッド・レト
浅野忠信
椎名桔平
忽那汐里
田中泯
大森南朋
音楽 スーネ・マーチン
撮影 カミラ・イェルム
編集 ミッケル・E・G・ニールセン
製作会社 Linson Entertainment
Waypoint Entertainment
配給 Netflix
公開 世界の旗 2018年3月9日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

アウトサイダー』(The Outsider)は2018年アメリカ合衆国の犯罪スリラー映画。ジャレッド・レト主演、マーチン・サントフリート英語版監督。劇場公開ではなく、2018年Netflixにて配信公開された。日本が舞台であり、大阪やくざ社会で生きていく元米兵のアメリカ人を描く。全編日本ロケで撮影され、日本からは浅野忠信椎名桔平忽那汐里田中泯大森南朋などが出演。

あらすじ[編集]

元米兵のニックは、軍を脱走後日本の刑務所に収監されていた。しかしある日、脱走を図ろうとする清という男を助けたことにより、釈放後に清の導きのもと大阪の白松組の世話を受け、後に正式な組員となりアメリカ人でありながらヤクザの道を進んでいく。

しかし清の幼馴染で白松組組員のオロチがかねてから小競り合いを繰り返していた神戸の勢津会との手打ちを勧め始めると、白松組の組長である秋弘はそれを拒否。ニックは、両組織の抗争に本格的に巻き込まれる。

キャスト[編集]

制作[編集]

キャスティング[編集]

当初、マイケル・ファスベンダー出演、ダニエル・エスピノーサ監督で制作が進んでいたが実現には至らず、後にトム・ハーディ出演、三池崇史監督という企画となったが、こちらも両者ともに降板した。[1]ジャレッド・レトの出演は2016年4月に告知され、浅野忠信は5月に告知となった。

撮影[編集]

撮影は2016年10月より福岡県北九州市でクランクインし、北九州フィルムコミッションの協力のもと門司港旦過市場戸畑区の倉庫などにて撮影が行われた[2]

公開[編集]

2018年3月9日に、Netflixで公開された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]