三国峠 (群馬県・新潟県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三国峠
Naebatop.jpg
画面右が三国峠(苗場スキー場より)
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
位置 北緯36度45分58秒 東経138度49分21秒 / 北緯36.76611度 東経138.82250度 / 36.76611; 138.82250座標: 北緯36度45分58秒 東経138度49分21秒 / 北緯36.76611度 東経138.82250度 / 36.76611; 138.82250
山系 三国山脈
通過する交通路 Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号三国トンネル
三国街道
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

三国峠(みくにとうげ)は、日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町の境(上越国境)を越えるである。

概要[編集]

古くは越後江戸を最短距離で結ぶ三国街道の一部として整備されていたが、冬期の積雪、雪崩、夏場の集中豪雨による土砂災害など難所であった。昭和になり、国道17号三国トンネル)の開通により物流大動脈となるが、その後の関越自動車道の開通により交通量は減少した。ただし、燃料や一部の薬品などの危険物を搭載した車輌は関越トンネルの通行が禁止されているため、現在でもこの峠を経由している。バブル景気のころには、月夜野ICから苗場スキー場に向けてスキーヤーの車で大渋滞した。現在、三国トンネルの老朽化などに伴って新三国トンネルの建設が計画されている。

新人時代の田中角栄が選挙民向けに行った演説として、「三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばすのであります。そうしますと、日本海の季節風は太平洋側に吹き抜けて越後に雪は降らなくなる。出てきた土砂は日本海に運んでいって埋め立てに使えば、佐渡とは陸続きになるのであります」というものがある[1]

名前の由来[編集]

付近にある三国山脈の標高1,636mの三国山に由来する。下の群馬県側・新潟県側の両方から登山道がある。

峠上にある三国権現(三坂神社)は、弥彦赤城諏訪の三明神を合祀したもの[2]

歴史[編集]

その他[編集]

司馬遼太郎の小説『』における河井継之助の三国峠越えは、司馬の創作で史実ではない。なお、実際に河井が越えた碓氷峠も峠越えが困難である点で共通している。

脚注[編集]

  1. ^ 水木楊「田中角栄 - その巨善と巨悪」、文藝春秋、2001年
  2. ^ 藤倉朋良『図解にいいがた歴史散歩<南魚沼>』p16 新潟日報事業社出版部

関連項目[編集]