道興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

道興(どうこう、永享2年(1430年) - 大永7年7月7日1527年8月3日[1][2])は、室町時代僧侶聖護院門跡

関白近衛房嗣の子。兄弟に近衛教基近衛政家寛正6年(1465年)に准三宮宣下を受ける。

幼少の頃から出家し、聖護院門跡となる。その後、園城寺の長吏、熊野三山、新熊野社の検校も兼ねた後に大僧正に任じられ、准后となった後は道興准后(どうこうじゅごう)と呼ばれるようになった[3]

文明18年から19年(1486–87年)にかけては聖護院末寺の掌握を目的に東国を廻国した。文明18年6月に京都を発つと、若狭国から越前国加賀国能登国越中国越後国北国を経て、下総国上総国安房国相模国の関東を廻り、翌年5月には武蔵国から甲斐国を廻り、奥州まで至っている。道興は後に東国廻国を紀行文『廻国雑記』として著している。

出典・参考文献・外部リンク[編集]

  1. ^ 『華頂要略』第百四十三 諸門跡伝四、『読史備要』
  2. ^ 実隆公記』では文亀元年(1501年)9月24日死去とする。
  3. ^ 歴史を紐解く15「巡歴の高僧・道興准后の歌」志木市ニュースレター Shimin Press 16号、2004年7月1日刊(2017年8月8日閲覧)