上条政繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上条政繁
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文22年(1553年)?
死没 寛永20年(1643年)?
改名 上条景義→政繁→宜順斎(号)
別名 通称:弥五郎
官位 山城守播磨守織部正
幕府 江戸幕府
主君 上杉謙信景勝豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
氏族 八条上杉家上条上杉家
父母 父:上杉定実
養父:上杉頼房または上条定憲
長尾政景
養子:畠山義春

上条 政繁(じょうじょう まさしげ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将上条上杉家当主。上杉氏の家臣。越後国上条城主。一説に上条上杉家の一族で越後守護上杉定実の舎弟といわれる。

略歴[編集]

八条上杉家上杉定実の子として誕生。

上条上杉家は長尾為景と敵対して没落していたが、元亀2年(1571年)、為景の子・上杉謙信の代に廃絶していた上条上杉家[1]の家督を政繁が相続したものと見られる。天正初年間頃までには入道して宜順と号した。

謙信に仕えて上野国越中国に転戦した。天正3年(1575年)の『天正三年上杉家軍役帳』によると96人の軍役を負担し、上杉家一門の第四位に列したという。天正5年(1577年能登国守護・畠山氏七尾城を攻めた際には、謙信の命で畠山氏(畠山義続か)の遺児(後の義春)を養嗣子とした。

謙信の死後、御館の乱では上杉景勝に味方して、戦後もそのまま景勝に従い、重臣として遇された。天正9年(1581年)越中松倉城河田長親が没したために、後継として同城に入る。天正12年(1584年羽柴秀吉に人質を送る事になると、当時景勝に実子がいなかったため、孫(義春の子)の義真[2]を景勝の養子として送る事となり、軍役を免除される事となった。同年、信濃国海津城山浦景国が失脚すると、その後任として海津城に入るが、翌天正13年(1585年)には須田満親に代わられたため、景勝と対立するようになり、天正14年(1586年)上杉家を出奔して秀吉の下に依り、河内国高安郡津田・保谷500石を与えられる[3]。以後、養子の義春の事跡に変わるので、間もなく没したものと思われる。出奔の理由については、景勝と信濃統治などをめぐる対立があったとされるほか、景勝の側近として頭角を現していた直江兼続による讒言説、さらに当時上杉氏に叛旗を翻していた政繁と新発田重家が親しい仲にあったなどの諸説がある。

ただし異説もある。文禄・慶長の役では肥前国名護屋城に在陣する。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に属した[4]。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、徳川方との内通を疑われた片桐且元大坂城退去に伴って退城し、翌慶長20年(1615年)、大坂夏の陣では徳川方に属した。戦後は江戸幕府に仕える。寛永20年(1643年)死去。後に上杉氏とは和解し、義春の次男の長員旗本として高家となり、同じく旗本となった宅間上杉家深谷上杉家よりも高禄であった。

異説[編集]

『寛政重修諸家譜』などの史料から、養子の義春は政繁の改名と言われてきたが、『上杉家御書集成』『上杉家御家年譜』や同時代の名乗り(宜順)から別人とする説が有力となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 上条頼房または上条定憲
  2. ^ 景広とも。
  3. ^ 寛政重修諸家譜』では直江兼続に讒言されたためとある。
  4. ^ この頃、徳川家康の食客となったとも。