坂崎直盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
坂崎直盛
Sakazaki Naomori.jpg
坂崎直盛像(個人蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄6年(1563年)※諸説あり
死没 元和2年9月11日1616年10月21日
改名 宇喜多詮家、浮田詮家、坂崎直盛
別名 正親、正勝、貞盛、成正[1]、成政[1]、知家、直行、重長、信顕
戒名 正法寺殿一峯玄秀大居士
霊名 パウロ
墓所 島根県鹿足郡津和野町後田ロの永明寺
官位 従五位下左京亮出羽守対馬守
幕府 江戸幕府
主君 宇喜多秀家徳川家康秀忠
石見津和野藩
氏族 宇喜多氏坂崎氏
父母 宇喜多忠家
兄弟 宇喜多基家富田信高継室、直盛成方高橋元種
戸川秀安
津川平四郎重行伊丹勝長正室、
大村純長室ら
小野寺左京堀親秀
テンプレートを表示

坂崎 直盛(さかざき なおもり) / 宇喜多 詮家(うきた あきいえ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名宇喜多忠家の子。宇喜多直家の甥にあたる。宇喜多秀家に仕えた後に徳川家康に仕えた。関ヶ原の戦いの功により津和野城主となって坂崎と改姓。

生涯[編集]

宇喜多家時代と関ヶ原[編集]

備前国戦国大名宇喜多直家の弟である宇喜多忠家の子として生まれ、従弟の宇喜多秀家に仕えた。父・忠家が豊臣秀吉の直臣に取り立てられた天正14年(1586年)頃に家督を相続したと考えられている[要出典]

文禄3年(1594年)冬頃、詮家は大坂城下でキリシタンの講話を聞いてその教義に傾倒した。日本人修道士のヴィセンテ洞院は、詮家がキリスト教に傾倒していることを知って詮家を小西行長の屋敷に招き、徹夜でキリスト教の教義を議論した結果、詮家は洗礼を強く希望した。それに対してヴィセンテは多くの教理を理解しなければ受洗は難しいと説明したが、詮家はできるだけ早く洗礼を受けることを求めて受洗し、パウロ洗礼名を名乗った[2]

当時の豊臣政権は、天正15年(1587年)のバテレン追放令によってキリスト教の信仰を制限していたため、ヴィセンテは詮家の身の安全のため入信を隠すように約束させたが、詮家は約束を破って備前国に帰国して入信を宣伝し、布教のようなことを始めたという[3]。なお、詮家の受洗の経緯はこの頃のイエズス会宣教師オルガンティーノの書簡に詳しく記されている。

文禄5年(1596年)、詮家は自身の屋敷にイエズス会の宣教師を招き、同僚の明石全登への宣教を依頼し、松田毅一の推定[4]によると同年末か翌年初頭、大西泰正の推定[5][6]によると同年10月までに全登は受洗したという。同年10月に秀吉によって再度禁教令が発布され、京都や大坂の多くのキリシタンが捕縛され長崎へ送られて処刑されたが(長崎二十六聖人殉教事件)、この禁教令が発布された直後、詮家・全登は大坂の教会を訪れて2人のイエズス会の宣教師を説得して退避先に逃がしたというエピソードがある。

詮家は従弟の宇喜多秀家に仕えて、2万4000石の知行を与えられていたが、折り合いが悪かった。そのため慶長5年(1600年)1月に宇喜多氏において御家騒動が発生すると、主君・秀家と対立することとなる。徳川家康の裁定によってそのまま家康のもとに御預けとなり、直後に発生した関ヶ原の戦いでは東軍に与し、戦後その功績により石見浜田2万石を与えられ、後に同国津和野に3万石(のち大坂の陣の功により加増され4万石)を与えられた。この時、宇喜多の名を嫌った家康より坂崎と改めるよう命があり、これ以降坂崎直盛と名乗るようになった。

千姫事件[編集]

元和元年(1615年)の大坂夏の陣による大坂城落城の際に、家康の孫娘で豊臣秀頼の正室である千姫を大坂城から救出した。この後、千姫の扱いを巡って、直盛と幕府は対立することになり、最終的に千姫を奪おうとする事件を起こしており、これが千姫事件と呼ばれる。

この千姫事件については、直盛が千姫を再嫁させることを条件に直接家康の依頼を受けていたが、これを反故にされたとする説[要出典]、家康は千姫を助けた者に千姫を与えると述べただけで直盛に依頼したわけではないという説[1]がある。また直盛が千姫を救出したかという点についても、また実際に直盛が救出したわけではなく、千姫は豊臣方の武将である堀内氏久に護衛されて直盛の陣まで届けられた後、直盛が徳川秀忠の元へ送り届けた、とする説[要出典]があり、この他、直盛が火傷を負いながら千姫を救出したにもかかわらず、その火傷を見た千姫に拒絶されたという説もある[要出典]が、このうち火傷に関しては俗説であるという意見もある[1]

また、事件の原因としてはこうした千姫の救出ではなく、寡婦となった千姫の身の振り方を家康より依頼された直盛が、公家との間を周旋し、縁組の段階まで話が進んでいたところに[1]、突然姫路新田藩主・本多忠刻との縁組が決まったため、面目を潰された[7]という説もある。

いずれの理由にしても、直盛は大坂夏の陣の後、千姫を奪う計画を立てたとされるが、この計画は幕府に露見していた。幕府方は坂崎の屋敷を包囲して、直盛が切腹すれば家督相続を許すと持ちかけたが、主君を切腹させるわけにはいかないと家臣が拒否し討たれたという説、幕閣の甘言に乗った家臣が直盛が酔って寝ているところを斬首したという説[1]立花宗茂の計策により[8][9]柳生宗矩の諫言に感じ入って自害したという説がある。なお、柳生宗矩の諫言に感じ入ったという説に拠れば、柳生家の家紋の柳生笠(二蓋笠)は坂崎家の家紋を宗矩が譲り受けたとも伝わっている[7]

一方、当時江戸に滞在していたイギリス商館リチャード・コックスの日記によれば、

1616年10月10日夜遅く、江戸市中に騒動起これり、こは出羽殿と呼ばれし武士が、皇帝(将軍秀忠)の女(千姫)が、明日新夫に嫁せんとするを、途に奪うべしと広言せしに依りてなり。蓋し老皇帝(家康)は、生前に彼が大坂にて秀頼様の敵となりて尽くしし功績に対し、彼に彼女を与へんと約せしに、現皇帝は之を承認せずして、彼に切腹を命ぜり、されど彼は命を奉ぜず、すべて剃髪せる臣下一千人及び婦女五十名とともに、其邸に拠り、皆共に死に到るまで抵抗せんと決せぬ。是に於いて皇帝は兵士一万人余人を以て其邸を囲ましめ、家臣にして穏かに主君を引き渡さば凡十九歳なる長子に領土相続を許さんと告げしに、父は之を聞くや、自ら手を下して其子を殺せり。されど家臣などは後に主君を殺して首級を邸外の人に渡し、其条件として、彼等の生命を助け、領土を他の子に遺はさん事を求めしが、風評によれば、皇帝は之を諾せし由なり。

とある。ともあれこの騒動の結果、大名の坂崎氏は断絶した(石見の中村家や加賀の三宅家など、出羽守の子孫と伝わる家も存在する)。

関ヶ原の戦いに敗れ、改易された出羽横手城主・小野寺義道は、津和野で直盛の庇護を受けていた。直盛の死後、13回忌に義道はその恩義に報いるため、この地に直盛の墓を建てたと言われている。墓には坂崎出羽守ではなく「坂井出羽守」と書かれている。これは徳川家に「坂崎」の名をはばかったとされる(一説に一時、坂井(酒井)を名乗っていたとも言われる)。

人物[編集]

藩政においては、側溝を多く作ったことによる蚊の大量発生に備えて、鯉の養殖を創始したと伝えられる。また、紙の原料であるコウゾの植樹を奨励するなど、のちの津和野藩に与えた影響は大きい。

直盛の性格は、直情的で愚直、偏執気質だった[1]宇和島藩主で縁戚にあたる富田信高が直盛の家臣を殺した宇喜多左門を匿っていたのを知ると引き渡しを求め、拒否されると武力衝突覚悟で一戦に及ぼうとしたり[10]、引き渡しの一件を家康や秀忠に訴えてまで求めたりするなど、性格にかなりの執拗性が見られる[11]。なお最終的に、幕府は直盛の訴えを受け、富田を改易に処した。

浦上宇喜多両家記』においては「武気強精、常に荒くして家人など手討する事数知れず、武道も尤も強し。されどもさして勝れたる働きなき故にここに記さず」と記述されており、「気性は荒いが特段の武功はない[12]」という評価もある。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 宇神 2011, p. 33.
  2. ^ 大西 2019, p. 163.
  3. ^ 大西 2019, p. 164.
  4. ^ 松田 1953.
  5. ^ 大西 2015, p. 96.
  6. ^ 大西 2019, p. 166.
  7. ^ a b 宇神 2011, p. 34.
  8. ^ 岡茂政、柳川郷土研究会編 『柳川史話(全)』 青潮社、1984年、348頁。 (由布壱岐家聞書・坂崎出羽守御追伐の節諸事立斎樣へ御内意被蒙仰始終立斎樣御謀を以て無滯御退治被遊候由、出羽守家老の内一人及沙汰候勇士有之候を上にも大事に被思召上候処立斎樣御謀にて寺へ被名寄、由布壱岐へ被仰付、壱岐寺の白洲にて出羽守家老に立迄無事右討果被申、御家之御面目壱岐一分之誉より其節)
  9. ^ 古賀敏夫『立花宗茂』九州出版社〈長編歴史物語戦国武将シリーズ(1)〉、1974年、331頁。(将軍秀忠は宗茂と柳生宗矩とに命じて、謀反のあった坂崎直盛を討たせた。これも、宗茂の智謀により、坂崎の家臣が主君を殺して降参し、無事に落着した。)
  10. ^ 宇神 2011, p. 31.
  11. ^ 宇神 2011, p. 32.
  12. ^ 大西 2019, p. 162.

参考文献[編集]

  • 松田毅一 「一条兼定と明石掃部」 『切支丹史論叢』 小宮山書店、1953年。 
  • 宇神幸男 『宇和島藩』 現代書館〈シリーズ藩物語〉、2011年。 
  • 『津和野町史』 第二巻、1976年。 
  • 大西泰正 『宇喜多秀家と明石掃部』 岩田書院、2015年5月。ISBN 9784872948905 
  • 大西泰正 『「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家』 KADOKAWA角川新書〉、2019年9月。ISBN 9784040822877