亀井矩賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
亀井矩賢
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和3年(1766年)6月
死没 文政4年2月24日1821年3月27日
改名 吉三郎(幼名)、矩賢
戒名 賢体院殿崇隆泰翁大居士
墓所 島根県鹿足郡津和野町亀井家墓所
官位 従五位下、隠岐
幕府 江戸幕府
石見国津和野藩
氏族 亀井氏
父母 父:亀井矩貞、母:側室・浜野正武の娘
兄弟 矩賢茲益茲尚、祐三郎、豊次郎、茲邑、他
正室:松平忠啓の娘・雲性院
吉三郎、鉄五郎、娘(大村純昌正室)、
娘(間部詮允正室)、娘(菅沼定敬正室)、
娘(相良頼之正室)
養子:茲尚、養女:亀井茲明室)
松平清良正室)片桐貞信正室)
テンプレートを表示

亀井 矩賢(かめい のりかた)は、石見津和野藩の第8代藩主。津和野藩亀井家9代。

生涯[編集]

明和3年(1766年)6月、第7代藩主亀井矩貞の長男として津和野で生まれる(生年は宝暦11年(1761年)とも)。父の養子となっていた茲休が早世したため世嗣となり、天明3年(1783年)4月18日、父の隠居により家督を継いだ。天明4年(1784年)12月、従五位下・隠岐守に叙位・任官する。

しかし天明の大飢饉、さらに幕府の公役などにより財政難はさらに進んだ。このため財政整理や目安箱設置など改革を行なったが、父と同じく学問肌の藩主であり、天明6年(1786年)に藩校養老館を設置する[1]などして文学の発展に尽力したため、結局のところ財政再建はならなかった。ただし寛政12年(1800年)には藩士から庶民にまで範囲を広げ、医学を志す者には学資を貸与するという、現在でいう留学制度を設けるなど、優れた政策があった。

文政2年(1819年)5月16日、弟で養子の茲尚に家督を譲って隠居する。文政4年(1821年)2月24日に江戸で死去した。享年56。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太皷谷稲成神社所蔵 『藩校養老館 扁額』(藩主揮毫、源矩賢銘)