9坪ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

9坪ハウス(9つぼハウス)とは、昭和を代表する建築家増沢洵による狭小住宅の代表作『吹抜けのある家-最小限住居』(通称「増沢邸」)[1]を原形とする最小限住宅である。

詳細[編集]

これは、ブーフーウー(【旧】コムデザイン)によって開発・販売され、数々の建築家によってリメイクされている、デザイン住宅シリーズである。 本製品群はデザイナー建築家などが手掛けた高品質の住宅を気軽に購入できるようにし、一般に広く普及することを目的としている。

9坪ハウスには、増沢邸のコンセプトを踏襲すべく、以下の5つの原則が定められている[2]。 建築家がリメイクする際にはこれらの原則が提示された上で設計される。

賞罰[編集]

デザイナー[編集]

関連書籍[編集]

  • 萩原修9坪の家 つくって住んだ、こんなに快適!廣済堂出版、2010年3月27日。ISBN 978-4-331-51453-5
  • 萩原百合9坪ハウスオーナーズクラブ9坪ハウス 小さな家で大きな暮らし河出書房新社、2006年10月13日。ISBN 978-4-309-28070-7
  • 萩原百合9坪ハウス狂騒曲マガジンハウス、2001年4月19日。ISBN 978-4-838-71287-8

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西暦1952年に竣工した氏の自邸
  2. ^ 9坪ハウスとは?”. ブーフーウー. 2016年7月1日閲覧。
  3. ^ Design House [9 tubo house]”. 日本デザイン振興会. 2002年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]