ピーター・ライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ライス(Peter Rice、1935年6月16日 - 1992年10月25日)は、アイルランド構造家構造エンジニア。1988年からRIBAの名誉会員。1992年、RIBAゴールドメダル受賞。ダンドーク生まれ。

ベルファストクイーンズ大学で教育を受け、学位を取得。その後1年ロンドン・インペリアルカレッジで過ごす。もともと専攻は航空工学で、その後建設構造工学の方面に切り替えている。オヴ・アラップ・アンド・パートナーズに入社し、最初に担当したのが、シドニー・オペラハウスの屋根である。

1956年から1992年に死去するまで、オヴ・アラップ・アンド・パートナーズのディレクターを務める。レンゾ・ピアノと、1977年から1980年にかけては、ピアノ・アンド・ライス・アンド・アソシエイツを共同主宰。1978年からは、RFR(パリ)のパートナーにもなる。また、構造家フライ・オットー、建築家リチャード・ロジャースらとも協働した。

自伝に記した、建築家とエンジニアの違い「建築家は課題に対してクリエイティブに対応するが、エンジニアは本質的に革新性に満ちた方法をとる」は、つとに有名。

1991年に脳腫瘍と診断され、翌年57歳で死去した。ジョナサン・グランシーの弔辞によれば、「おそらくライスは、工学の構造界のジェイムズ・ジョイスである。彼の詩的な発明、彼の能力と頭に受け入れに向けるのアイデアを彼の厳密な数学的、哲学的論理が作りだす、私たちの時代後最も求められたエンジニアである」

携わったプロジェクト[編集]

スタンステッド空港
オペラハウス
  • シドニー・オペラハウス 1957年から7年間
  • クルーシブル劇場、シェフィールド、1967年
  • アンバーリーロード子供のホーム、ロンドン、1969年
  • ナショナルスポーツセンター・クリスタルパレス、ロンドン、1970年
  • ウォーリック大学・アートセンター 、コヴェントリー、1970年
  • ジャーミンストリート宝石商店・パースペクスの螺旋階段、ロンドン、1970年
  • ロンドン・スタンステッド空港
  • スーパーグリメンツスキー村、ヴァレー、スイス、1970年
  • 会議センター、 メッカ 、サウジアラビア、1971年
  • ポンピドゥー・センター - ジャンフランコ・フランキーニなども協力して設計された、パリ、フランス; 1971年
  • ジャンボジェットの格納庫、ヨハネスブルグ、南アフリカ、1976年
  • TGVリール駅、1994年
  • TGVロワシー駅; 1991年から1994年
  • Elektronikfabrik、トムソンサン=カンタン=アン=イヴリーヌ県、1990年
  • ロイズ・本社ビル、ロンドン
  • シテ科学産業博物館ガラスと鉄の構造物温室のガラスファサード エトワール パリ
  • デメニルコレクション ヒューストン; 1981年から1986年
  • くまもとアートポリス・牛深ハイヤ橋 レンゾ・ピアノ+ピーター・ライス+岡部憲明+マエダ
  • IBMパビリオン 1980年から1984年
  • コルチャーノ住宅団地; 1978年から1982年

参考[編集]

  • 『ピーター・ライス自伝-あるエンジニアの夢みたこと』岡部憲明監訳 鹿島出版会 1997年
  • 『Le Verre Structure l』ピーターライス他著、1990年
  • 『構造家列伝 ピーター・ライス プロトタイプとヴァリエーション』「建築文化」1996.11月号 彰国社