関野克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関野 克(せきの まさる、1909年2月14日 - 2001年1月25日)は、建築史家。文化功労者

関野貞の長男として東京に生まれる。1929年、旧制浦和高等学校理科甲類卒業、1933年、東京帝国大学工学部建築学科卒。1945年、東京大学工学博士。テーマは「日本住宅建設の源流と都城住宅の成立」。1946年、母校(のち東京大学)教授、1965年、東京国立文化財研究所所長、のち博物館明治村館長。法隆寺金堂、五重塔の補修用資材の乾燥に高周波電波を用いるなど、文化財の保存科学に大きく貢献した。1990年、文化功労者。2001年1月25日、肺炎のため自宅にて死去。

著書[編集]

  • 日本住宅小史 相模書房, 1942年
  • 建築のいろいろ 筑摩書房, 1951年 (中学生全集)
  • 寺と社 大日本雄弁会講談社, 1956年 (講談社アート・ブックス)
  • 文化財と建築史 鹿島研究所出版会, 1969年
  • 明治のたたずまい 博物館明治村 講談社, 1980年
  • 日本の民家 学習研究社, 1980年

編纂[編集]