関野貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
せきの ただし
関野 貞
Tadashi Sekino.jpg
生誕 1868年1月9日
(旧暦慶応3年12月15日)
越後国中頸城郡高田町
(現・新潟県上越市
死没 (1935-07-29) 1935年7月29日(67歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 帝国大学工科大学
職業 建築史学者、建築家
子供 関野克
所属 内務省奈良県東京帝国大学→東方文化学院東京研究所
建築物 旧奈良県物産陳列所
著作 「朝鮮古蹟図譜」

関野 貞(せきの ただし、慶応3年12月15日1868年1月9日) - 昭和10年(1935年7月29日[1])は、日本建築史学者、東大教授。文化財の保存に努めたことで知られる。

経歴[編集]

高田藩士関野峻節とヤエの次男として生まれた。旧制一高を経て、1895年に東京帝国大学工科大学造家学科(建築学科)を卒業[2]。卒業論文は平等院の研究であった。辰野金吾の指揮下に日本銀行の工事に参加する。古社寺保存法が立案された1896年伊東忠太の勧めで内務省技師、奈良県技師となり、奈良の古建築を調査し、建築年代を判定していった。また、1889年平城宮址を発見し[3]1912年基肄城跡を確定し、1917年屋嶋城跡を発見した。

1901年東大助教授、1910年教授。この間、平城宮址の研究を進め、1908年に工学博士の学位を授与された[4]。平城宮址は1922年、国の史跡(のちに特別史跡・特別名勝)に指定された[5]

1910年朝鮮総督府からの委嘱で、度々朝鮮半島や中国の古建築調査を行い、保護に努めた。『朝鮮古蹟図譜』により、フランス学士院からスタニスラス・ジュリアン賞を受賞。

1906年清国に派遣され、中国建築の研究にも手を染める。1920年には国民軍石友三によって焼き討ちされる前の少林寺を撮影した[6]1929年東方文化学院東京研究所で、「支那歴代帝王陵の研究」や「遼金時代の建築とその仏像」などを研究した。

1935年7月29日に急性骨髄性白血病で死去。

著作[編集]

名称 出版社 備考
/韓国建築調査報告 1906年 東京帝國大學工科大學
/平城京及大内裏考 1907年 東京帝國大學工科大學
/支那山東省に於ける漢代墳墓の表飾 1916年 東京帝国大学
/朝鮮古蹟図譜 1916年 - 1935年 朝鮮総督府 全15冊
/支那仏教史蹟 1925年 - 1929年 仏教史蹟研究会 共著:常盤大定
/楽浪郡時代之遺蹟 1926年 朝鮮総督府
/ 1928年 雄山閣
/高句麗時代之遺蹟 1928年1929年 朝鮮総督府
/支那建築 1929年 - 1932年 建築学会 共著:塚本靖伊東忠太
/朝鮮美術史 1932年 朝鮮史学会
/支那工芸図鑑 1933年 帝国工芸会
/熱河 1934年 座右宝刊行会
/支那文化史蹟 1939年 - 1941年 法蔵館 共著:常盤大定 全12冊
/日本の建築と芸術 上・下 1940年 岩波書店
  • 『朝鮮古蹟図譜』15冊(1916年-1935年
  • 『韓国建築調査報告』
(これらの資料は、現在でも韓国の文化財の、保存、修復、復元の上で重要)

建築作品[編集]

名称 所在地 現況 備考
/日本生命保険株式会社大阪本社 1902年 大阪市中央区 現存せず 辰野金吾・片岡安監修
/旧奈良県物産陳列所
(現・奈良国立博物館仏教美術資料研究センター)
1902年 奈良県奈良市 重要文化財

その他[編集]

  • 建築様式史を重視する立場から法隆寺非再建論を唱え、論争を行った。
  • 子息の関野克も建築史学者である。
  • 関野貞の研究に関して、以下の書籍が刊行されている。藤井恵介・早乙女雅博・角田真弓・西秋良宏編『関野貞アジア踏査』東京大学総合研究博物館、2005、関野貞研究会編『関野貞日記』中央公論美術出版、2009.

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2582号、昭和10年8月10日、p.309
  2. ^ 東京帝国大学一覧 従明治28年至明治29年』 東京帝国大学、1896年、461頁。 
  3. ^ 関野貞「平城宮及大内裏考」、『東京帝国大学紀要 ; 工科第3冊』、東京帝国大学、1907年2017年10月13日閲覧。
  4. ^ 『官報』第7450号、明治41年4月30日、p.734
  5. ^ 国指定 史跡・名勝・天然記念物一覧”. 奈良市. 2017年10月13日閲覧。
  6. ^ 少林門の研究”. 日本少林拳同盟会. 2018年3月4日閲覧。

関連項目[編集]