伊藤延男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 延男(いとう のぶお、1925年3月8日 - 2015年10月31日[1])は、日本の建築史学者、文化財保護者、文化功労者

愛知県名古屋市出身。1947年東京帝国大学工学部建築学科卒業後、国立博物館に入り、奈良国立文化財研究所建造物研究室長、1961年「中世和様建築の研究」で東京大学工学博士。1971年文化庁文化財保護部建造物課長、1978年東京国立文化財研究所所長。87年定年退官、名誉研究員、神戸芸術工科大学教授、同名誉教授。2004年文化功労者[2]。2012年ガッゾーラ賞受賞[3]

文化財保護振興財団理事、文化財建造物保存技術協会理事長。国際記念物遺跡会議(イコモス)副会長。文化財の保存修復に関する国際交流にも尽力、文化財保存と研究で国際交流を進めた。

著書[編集]

  • 五箇山地方の建築について』富山県郷土史会叢書 1958
  • 『日本の建築』社会思想研究会出版部 現代教養文庫 国宝シリーズ 1959
  • 『中世和様建築の研究』彰国社 1961
  • 『日本の建築』日本交通公社 JTB教養文庫 1966
  • 『古建築のみかた かたちと魅力』第一法規出版 1967
  • 『日本の美術 8 密教の建築』小学館 ブック・オブ・ブックス 1973
  • 『文化財の話』愛知県教育サービスセンター編 第一法規出版東海支社 県民大学叢書 1989

共編著[編集]

監修
  • 『大工彫刻 社寺装飾のフォークロア』INAXギャラリー企画委員会 企画 監修 INAX出版 1986

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤延男さん死去:朝日新聞(2015.10.31 朝日新聞)
  2. ^ 日本人名大事典
  3. ^ 伊藤延男 名誉教授 Gazzola 賞を受賞神戸芸術工科大学2012.1)