西川幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西川 幸治(にしかわ こうじ、1930年 - )は、日本歴史学者。専攻は都市史。京都大学名誉教授、滋賀県立大学名誉教授・元学長。

来歴・人物[編集]

滋賀県彦根市出身。京都大学工学部建築学科卒業後、同大学院工学研究科(建築学専攻)単位取得。京都大学助手、助教授、教授を務める傍ら、1985年から1991年まで同埋蔵文化財研究センター長を併任し、1994年同名誉教授。1995年より、滋賀県立大学教授および人間文化部長を経て、2001年より日高敏隆の後任として同学長を2005年まで務めた。2005年より国際日本文化研究センター客員教授を務める。

1968年京都大学より工学博士。論文の題は「都市構成に関する史的考察」[1]

主な著作[編集]

  • 『日本都市史研究』
  • 『都市の思想―保存修景への指標―』
  • 『仏教文化の原郷をさぐる-インドからガンダーラまで-』
  • 『彦根の町の歴史-都市の記憶を読む-』
  • 『近江から望みを展く』
  • 『城下町の記憶-写真が語る彦根城今昔』

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース