碌山美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 碌山美術館
Rokuzan Art Museum
150921 Rokuzan Art Museum Azumino Nagano pref Japan01s3.jpg
碌山美術館の位置(長野県内)
碌山美術館
長野県内の位置
施設情報
専門分野 荻原守衛
管理運営 公益財団法人 碌山美術館
開館 1958年4月
所在地 399-8303
長野県安曇野市穂高5095-1
位置 北緯36度20分37.3秒 東経137度52分53秒 / 北緯36.343694度 東経137.88139度 / 36.343694; 137.88139座標: 北緯36度20分37.3秒 東経137度52分53秒 / 北緯36.343694度 東経137.88139度 / 36.343694; 137.88139
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

碌山美術館(ろくざんびじゅつかん)は長野県安曇野市穂高にある美術館

概要[編集]

近代彫刻家荻原碌山(守衛)の個人美術館。碌山は東穂高村(旧穂高町内、現・安曇野市穂高)出身で、「東洋ロダン」として知られる。当館はその作品と資料の蒐集、保存および公開を目的として、1958年4月に開館した。 また碌山と関係の深い芸術家たち、高村光太郎戸張孤雁中原悌二郎らの作品も併せて展示している。

施設[編集]

碌山館[編集]

碌山館

キリスト教教会堂を思わせるシンボリックな建物に碌山の彫刻・絵画・書簡等を展示している。2009年に国の登録有形文化財に登録された。

建築概要

杜江館(とこうかん)[編集]

杜江館

碌山絵画室。1Fは荻原守衛の油彩、デッサン、スケッチを展示、2Fは図書資料室。 

建築概要

  • 設計 - 基俊太郎
  • 竣工 - 2008年
  • 構造 - RC造
  • 規模 - 地上2階
  • 延床面積 - 425.14m2

第一展示棟[編集]

第一展示棟

高村光太郎、戸張孤雁、中原悌二郎、柳敬助、斎藤与里らの作品を展示している。

建築概要

  • 設計 - 基俊太郎
  • 竣工 - 1982年
  • 構造 - RC造
  • 規模 - 平屋
  • 延床面積 - 158.75m2

第二展示棟[編集]

第二展示棟

常設展および特別展・企画展の会場。

建築概要

  • 設計 - 基俊太郎
  • 竣工 - 1996年
  • 構造 - RC造
  • 規模 - 地上2階
  • 延床面積 - 216.92m2

グズベリーハウス[編集]

グズベリーハウス

レストハウス。館内の一角にはミュージアム・ショップが設けられている。

建築概要

  • 設計 - 笹村草家人
  • 竣工 - 1967年
  • 構造 - 木造(校倉造り石葺屋根)
  • 規模 - 平屋
  • 延床面積 - 97.40m2

主な展示品[編集]

  • 荻原守衛「北条虎吉像」(石膏原型は重要文化財
  • 荻原守衛「女」
  • 高村光太郎「手」

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]