戸張孤雁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸張 孤雁(とばり こがん、明治15年(1882年2月19日 - 昭和2年(1927年12月19日)は日本の彫刻家、版画家。本名は亀吉。

略歴[編集]

志村久蔵の長男に生まれ、後に母方の姓、戸張を継いだ。青年期には苦学して渡米、荻原守衛の跡をついだ彫刻家であり、創作版画の草分けの一人であったが、1910年代に「孤雁新東錦絵会」を創設、自作の版画の頒布会を開催し、浮世絵の技法による新版画も残している。洋風挿絵の先駆者としても知られる。渡米の際、荻原守衛と知り合ったことを機に彫刻を始めた。帰国後、彫塑を学びつつ、自刻の版画を制作、色調による量感の表現や輪郭線を使わず、独自の流動感を示した孤雁の没骨調の版画は、最大の特色といえる。代表作として、「千住大橋の雨」、「化粧」、「女」、「淵」などが挙げられる。大正11年(1922年)刊行の『創作版画と版画の作り方』は最初の単行技法書であった。墓所は台東区谷中の大泉寺。

年譜[編集]

  • 1882年 - 東京日本橋魚河岸に生まれる
  • 1895年 - 常盤小学校高等科3学年を修了
  • 1898年 - 日本銀行に採用される
  • 1899年 - 片山潜より英語を学ぶ
  • 1900年 - 日本銀行内書記補に昇進する
  • 1901年 - 渡米。メカニック・インスチチュート、ナショナル・アカデミーで挿絵、洋画(水彩画)を学ぶ
  • 1902年 - 荻原守衛と知り合う
  • 1903年 - アカデミーをやめアート・スチューデンツ・リーグへ通う
  • 1906年 - 病にて帰国
  • 1907年 - 東京日暮里に住む。徳富蘆花の『自然と人生』『不如帰』などの挿絵を描く
  • 1908年 - 『孤雁挿絵集壱巻』を刊行する
  • 1909年 - 中原悌二郎中村彝を知る。このころ朝倉文夫のところで塑造をおぼえる
  • 1910年 - 太平洋画研究所彫塑部に入る。第四回文展に彫刻を初出品する
  • 1911年 - 保田龍門を知る。荻原守衛遺稿『彫刻真髄』を編集
  • 1912年 - 中原悌二郎と交換モデルをはじめる
  • 1914年 - 武井直也、孤雁に師事する
  • 1916年 - 日本美術院彫刻部研究会員となり研究をはじめる。院友に推挙される
  • 1917年 - 院展に出品し同人に推挙される。喜多武四朗山本豊市、孤雁に師事する
  • 1918年 - 日本版画会の発起人となり創立する
  • 1919年 - 日本版画会を日本創作版画協会とする
  • 1922年 - 『創作版画と版画の作り方』を編集上梓する
  • 1927年 - 45歳で永眠

作品[編集]

彫刻[編集]

新版画[編集]

  • 「麻の葉」 木版画 大正2年(1913年) 加藤版画研究所より

創作版画[編集]

  • 「玉のり」 木版画 大正3年(1914年) 千葉市美術館所蔵
  • 「小田原妓楼」 木版画 東京国立近代美術館所蔵
  • 「女の顔(女学生)」 木版画 東京国立近代美術館所蔵
  • 「麻の葉」 木版画 大正2年(1913年) 東京国立近代美術館所蔵
  • 「十二階」 木版画 東京国立近代美術館所蔵

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田漱『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 『戸張孤雁と大正期の彫刻』