木子七郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木子七郎
生誕 1884年明治17年)4月30日
京都府
死没 1955年????
静岡県熱海市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学工科大学
職業 建築家
木子清敬
所属 大林組→木子七郎建築事務所

木子 七郎(きご しちろう、明治17年(1884年4月30日 - 昭和30年(1955年))は、大阪を拠点に公共建築などの設計を手がけた建築家。とりわけ、妻・カツの父・新田長次郎(新田帯革製造所(現・ニッタ)創始者)関係の作品が多く、新田家の出身地である愛媛県にも名建築を残している。

経歴[編集]

旧木子七郎邸(大正年間竣工・大阪市中央区)

主な作品[編集]

*現況欄の✕は現存せず

建造物名 所在地 現況 備考
/旧木子七郎邸 1913年(大正2年) 27大阪市中央区
/旧新田長次郎琴乃浦別邸
(現・琴ノ浦温山荘)
1915年(大正4年) 30和歌山県海南市 重要文化財
/大阪国技館(初代) 1919年(大正8年) 27大阪市浪速区
/旧山陰合同銀行出雲支店
(現・本町会館)
1920年(大正9年) 32島根県出雲市
/旧稲畑二郎邸 1928年(昭和3年) 28兵庫県神戸市東灘区
/旧久松伯爵本邸
(現・萬翠荘
1922年(大正11年) 38愛媛県松山市 重要文化財
/石崎汽船旧本社 1925年(大正14年) 38愛媛県松山市 登録有形文化財
/旧山口萬吉邸 1928年(昭和3年) 13東京都千代田区 共同設計:内藤多仲今井兼次
/旧新田利國邸
(現・松山大学温山記念会館)
1928年(昭和3年) 28兵庫県西宮市 登録有形文化財
/愛媛県庁舎 1929年(昭和4年) 38愛媛県松山市
/鍵谷カナ頌功堂 1929年(昭和4年) 38愛媛県松山市 登録有形文化財
/松江商工会議所 1929年(昭和4年) 32島根県松江市
/旧新田帯革製造所東京出張所 1930年(昭和5年) 13東京都中央区
後の新田ビル
/新潟県庁舎本館 1932年(昭和7年) 15新潟県新潟市
/日本赤十字社大阪支部病院 1934年(昭和9年) 27大阪市天王寺区
/関西日仏学館
(現・アンスティチュ・フランセ関西-京都)
1936年(昭和11年) 26京都市左京区 登録有形文化財 原案:レイモン・メストラレ(フランス人)
設計監督:木子七郎

参考文献[編集]

  • 関西の近代建築(石田潤一郎 著)
  • 新版 日本近代建築総覧(日本建築学会 編)
  • 建築と社会 第19輯第7号(日本建築協会、1936年(昭和11年)7月)

関連項目[編集]

外部サイト[編集]