倉敷国際ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倉敷国際ホテル
Kurashiki Kokusai Hotel.jpg
ホテル概要
運営 株式会社倉敷国際ホテル
階数 地下1 - 5階
レストラン数 1軒
部屋数 106室
スイート数 1室
延床面積 8,270 m²
駐車場 30台
開業 1963年12月1日
最寄駅 JR西日本倉敷駅
最寄IC 山陽自動車道 倉敷インターチェンジ
所在地 〒710-0046
岡山県倉敷市中央一丁目1番44号
位置 北緯34度35分46.3596秒 東経133度46分11.1504秒 / 北緯34.596211000度 東経133.769764000度 / 34.596211000; 133.769764000座標: 北緯34度35分46.3596秒 東経133度46分11.1504秒 / 北緯34.596211000度 東経133.769764000度 / 34.596211000; 133.769764000
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社倉敷国際ホテル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本
710-0046
岡山県倉敷市中央一丁目1番44号
設立 1962年3月
業種 サービス業
法人番号 9260001013074
事業内容 ホテル、旅館、飲食店
代表者 鳥生 雅夫 (代表取締役)
資本金 4億5000万円
純利益 1974万6000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 20億1538万6000円(2018年12月31日時点)[1]
決算期 3月
主要株主 クラレロイヤルホテル
関係する人物 大原総一郎
外部リンク [1]
テンプレートを表示

倉敷国際ホテル(くらしきこくさいほてる)は、岡山県倉敷市にあるホテル

概要[編集]

当ホテルは倉敷美観地区にあり、大原美術館に隣接するホテルである。建物は浦辺鎮太郎が和と洋の融合を意図して設計されており、1963年に竣工し1964年の第16回日本建築学会賞作品賞を受賞している。竣工当時はRC打放しのひさしと白いモルタル壁による外観であったが1987年の改修によりひさしの部分は塗装が施されている。

建物の構造はコの字型になっており中央に吹き抜けの玄関ロビーを配置している。木を基調とたロビーに飾られている木版画は、棟方志功の作品の中でもっとも大きく、オープンに合わせて大原総一郎が制作を依頼したものである。隣接する大原美術館にも棟方志功版画室がある。

2013年(平成25年)度のDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選出されている[2]

  • 所在地 : 岡山県倉敷市中央1丁目
  • 敷地面積 : 3,500㎡
  • 建築面積 : 2,430㎡
  • 延床面積 : 8,270㎡
  • 構造規模 : RC造一部S造 地上5階地下1階
  • 竣工 : 昭和38年11月
  • 増改築 : 昭和62年9月

客室[編集]

  • 105室
    • スイート: 1
    • ツイン: 84
    • シングル: 18
    • ダブル: 2

設備[編集]

  • レストラン
    • 「ウィステリア」 
  • バー
    • 「レジーナ」
  • 宴会場
    • 桜花の間
    • 藤の間
    • アリカンテ
  • 駐車場
    • 30台

関連施設[編集]

  • 料理旅館 鶴形
  • レストラン 亀遊亭

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社倉敷国際ホテル 第58期決算公告
  2. ^ 2013年度DOCOMOMO JAPAN 選定作品 - DOCOMOMO JAPAN

参考文献[編集]

  • 『2012年度版 岡山企業年報』 発行者:安藤展義、発行所:株式会社瀬戸内経済レポート、2011年11月発行。
  • 倉敷国際ホテルホームページ
  • 浦辺設計ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]