鳥羽市立海の博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海の博物館 (鳥羽市)から転送)
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 鳥羽市立海の博物館
Toba Sea-Folk Museum
Toba Sea-Folk Museum01.jpg
敷地外から保存施設と展示棟Aを見る
鳥羽市立海の博物館の位置(三重県内)
鳥羽市立海の博物館
海の博物館の位置
施設情報
正式名称 鳥羽市立海の博物館
愛称 海の博物館
専門分野 海洋に関する人文科学社会科学
来館者数 約27,000人(2016年度)[1]
館長 石原義剛(2017年10月現在)[1]
事業主体 鳥羽市[1]
管理運営 公益財団法人東海水産科学協会[1]
開館 私立:1971年(昭和46年)12月7日
公立:2017年(平成29年)10月3日
所在地 517-0025
三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
位置 北緯34度26分57.15秒 東経136度53分59.54秒 / 北緯34.4492083度 東経136.8998722度 / 34.4492083; 136.8998722座標: 北緯34度26分57.15秒 東経136度53分59.54秒 / 北緯34.4492083度 東経136.8998722度 / 34.4492083; 136.8998722
アクセス 鳥羽駅よりかもめバスで約35分
公式サイト www.umihaku.com/
プロジェクト:GLAM

鳥羽市立海の博物館(とばしりつうみのはくぶつかん、英語: Toba Sea-Folk Museum)は、三重県鳥羽市浦村町にある、鳥羽市が設置し、公益財団法人東海水産科学協会が指定管理者として運営する博物館である[1]

概要[編集]

「海民(かいみん)」と呼ばれる海と共に生活する人間との関わりについて、さまざまな視点より調査・研究・展示・社会教育活動を行っている。研究分野は水産業海運業造船(主に木造船)・海産物流通など海に関わる経済活動の他、宗教民俗文化、資源保護や海洋汚染等多岐に及ぶ。

資料収集にあたっては、資料に対する偏見を極力排除するため、「どんなモノでも集める」が方針となっている。三重県の海沿いの地域、特に志摩半島から熊野灘沿岸の漁村を中心に収集しているが、船や海女に関する資料などには日本国外の物もある。漁具など約6万点の実物資料の中には6,879点の重要有形民俗文化財を含み、写真資料は約12万点を保有する[1]

創立当初は鳥羽市街地の近くにあったが、年々増え続ける膨大な収集資料の保管場所に困窮し、また建物の雨漏りや塩害による窓枠の腐食等により資料の保管状況も劣悪だった。1985年(昭和60年)収蔵資料の一部が重要有形民俗文化財に指定されたことを契機に、文化庁の補助をうけて収蔵庫を現在地に移転新築した。バブル景気の真っ直中で、旧所在地跡の敷地を高値で転売できたたことから展示棟も建設できることになり、1992年(平成4年)に全面移転した。開館以来、東海水産科学協会が運営してきたが、経営難のため鳥羽市に施設の寄付と一部買い取りを要請し、2017年(平成29年)10月より鳥羽市が設置し東海水産科学協会が指定管理者として運営する「鳥羽市立海の博物館」に移行した。館長は同協会の石原義剛が引き続き務める[1]

沿革[編集]

右手がA棟、左奥がカフェテラス
池のアートは小清水漸の作品
  • 1971年(昭和46年)12月7日 - 三重県所管の財団法人東海水産科学協会により鳥羽市鳥羽1丁目に設立・開館。
  • 1985年(昭和60年)4月19日 - 収蔵品のうち、「伊勢湾・志摩半島・熊野灘の漁撈用具」6879点が国の重要有形民俗文化財に指定される。
  • 1989年(平成元年) - 鳥羽市浦村町の現在地に重要文化財収蔵庫が完成・移転。
  • 1992年(平成4年) - 展示棟が完成し全面移転。日本文化デザイン賞受賞、公共建築百選に選定される。
  • 1993年(平成5年) - 体験学習棟が完成。日本建築学会賞作品賞、芸術選奨文部大臣新人賞、吉田五十八賞受賞。
  • 2012年(平成24年)2月18日 - 中止となった「牡蠣の国まつり」に代わって開かれた「浦村かき応援まつり」の会場となる[2][3]
  • 2017年(平成29年)10月3日 - 鳥羽市に移管し、鳥羽市立海の博物館に改称する[1]。即日指定管理者制度を導入し、東海水産科学協会が運営を行う[1]

4つテーマ[編集]

下記の4つテーマが博物館としての活動の柱となっている。

  • 海に生きる人々 - 海民
  • 船 - 木造船の世界
  • 魚介藻を獲る - 漁具と漁法
  • 海の環境を守る - 汚染の現状

主な建物[編集]

付近の海岸から見た展示棟B(右奥)
重要文化財収蔵庫内部
展示棟A内部
展示棟B内部

移転前に塩害に苦しんだ経験から、外装材には極力金属を用いず、全ての建物の屋根日本瓦葺きとなっている。このため、周辺地域の漁村風景に溶け込んだ意匠となっている。バブル経済時代の設計にもかかわらず、低コストで建築できた点も注目を集めた。

  • 所在地 - 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
  • 敷地面積 - 18,058平方メートル
  • 設計 - 内藤廣建築設計事務所
  • 構造設計 - 構造設計集団〈SDG〉(渡辺邦夫
  • 外構設計 - 内藤廣建築設計事務所

重要文化財収蔵庫(3棟)[編集]

資料の材質毎に保管に適した湿度が異なるため、3棟を5ブロックに分け、それぞれ床・壁面の仕上材を変えている。比較的乾燥した方が良い収蔵庫には床・壁共板張仕上とし、湿度が高い方が良い収蔵庫には三和土間を用いている。当初木造で計画されていたが、木造では文化庁から補助金が交付されないため、プレキャストコンクリート造に変更している。

3棟ある内、船の収蔵庫1棟のみが公開されている。庫内は土足厳禁であり、来館者は収蔵庫入口で付属のスリッパに履き替える。

展示棟(2棟)[編集]

体験学習棟[編集]

  • 構造 - 鉄筋コンクリート造+木造
  • 規模 - 地上2階
  • 建築面積 - 202平方メートル
  • 延床面積 - 386平方メートル
  • 施工 - 大種建設
  • 竣工 - 1993年3月

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 西山和宏「愛される施設へ再始動 海の博物館 鳥羽市立に」中日新聞20117年10月4日付朝刊、伊勢志摩版14ページ
  2. ^ 読売新聞"海の博物館で「浦村かき応援まつり」…三重・鳥羽市"読売新聞社、2012年2月19日(2012年2月26日閲覧。)
  3. ^ 鳥羽市観光協会"浦村カキ応援まつり"(2012年2月26日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]