越後妻有里山現代美術館キナーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 越後妻有里山現代美術館キナーレ
Echigo-Tsumari Satoyama Museum of Contemporary Art KINARE
Echigo-Tsumari Satoyama Museum of Contemporary Art KINARE.JPG
越後妻有里山現代美術館キナーレの位置(新潟県内)
越後妻有里山現代美術館キナーレ
越後妻有里山現代美術館キナーレの位置
施設情報
前身 越後妻有交流館キナーレ
専門分野 現代美術
開館 2012年(平成24年)7月29日
所在地 948-0003
新潟県十日町市本町6
位置 北緯37度8分20秒 東経138度45分37秒 / 北緯37.13889度 東経138.76028度 / 37.13889; 138.76028座標: 北緯37度8分20秒 東経138度45分37秒 / 北緯37.13889度 東経138.76028度 / 37.13889; 138.76028
プロジェクト:GLAM
越後妻有里山現代美術館キナーレ
情報
旧名称 越後妻有交流館キナーレ
用途 美術館
設計者 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
構造設計者 金箱構造設計事務所
施工 丸山村山特定共同企業体
構造形式 鉄骨造及び鉄筋コンクリート造
敷地面積 19,147.71 m²
建築面積 5,138.06 m² (建蔽率27%)
延床面積 6,093.03 m² (容積率32%)
階数 地上2階
高さ 10.65m
着工 2001年(平成13年)10月
竣工 2003年(平成15年)6月
テンプレートを表示

越後妻有里山現代美術館キナーレ(えちごつまりさとやまげんだいびじゅつかんきなーれ)は、新潟県十日町市本町6にある現代美術を収蔵した美術館。一般的にはキナーレと呼ばれることが多い。「キナーレ」の言葉の意味は、この地域で使われている方言で、この場所に来て下さいという意味である「来なされ」と、十日町地域の特産品であるキモノを着て下さいという意味である「着なされ」という意味をかけて付けられたもので、公募して集まった多数の候補の中から一番ふさわしいものとして選ばれた愛称である[1]

2003年開催の第2回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレに合わせて建設された越後妻有交流館キナーレを前身とする。2012年に開催された第5回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレに合わせて設計者原広司によりリニューアルされ、越後妻有里山現代美術館キナーレとなった[2]

概要[編集]

十日町の名称のもととなった節季市をイメージし、圏域全体のヒト・モノ・情報が交差する場として、京都駅札幌ドームで知られる建築家・原広司氏が設計。コンクリート打ちっぱなしの正方形の建造物であり、真ん中は屋根のない吹き抜けで通常時は池になっているが、冬季は雪原、3年に1度の大地の芸術祭の期間中は特別展示の会場となる。1階はとおかまちてづくり市などの催し物会場として使われるほか、温泉「明石の湯」が併設されている。2階の回廊には常設展示、ミュージアムショップ、カフェレストラン 「越後しなのがわバル」、コミュニティFMエフエムとおかまちのスタジオと事務所がある。道の駅クロス10十日町が隣接しており、付近は大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ十日町地区の観光拠点として多くの観光客を集めている。

収蔵作品[編集]

常設展示作品一覧[編集]

特別展示[編集]

併設施設[編集]

  • ミュージアムショップ
  • カフェレストラン 「越後しなのがわバル」
  • 温泉「明石の湯」

開館情報[編集]

  • 開館時間:10:00-17:00(芸術祭期間中は9:00-19:00 / 企画展によって変更あり)
  • 休館日:水曜日(芸術祭期間中は無休)
  • 入館料: 一般800円(芸術祭期間中は別料金 / 企画によって変更あり)

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 明石の湯 キナーレとは?
  2. ^ 越後妻有里山現代美術館キナーレ

外部リンク[編集]