鈴木隆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 隆之(すずき たかゆき、1961年4月‐ )は日本の建築家小説家京都精華大学教授、鈴木隆之デザインネットワーク(SDN)代表。

経歴[編集]

千葉県生まれ。京都大学工学部建築学科を卒業後、原広司主宰のアトリエファイ建築研究所に勤務。その後鈴木隆之デザインネットワークを設立・主宰し、現在に至る。

  • 1979 千葉県立千葉高等学校卒業
  • 1985 京都大学工学部建築学科卒業
  • 1989~2017 京都精華大学教授
  • 2005 Southern California Institute of Architecture (アメリカ)客員教員
  • 2017 The University of Saint Joseph (マカオ)Visiting Professor
  • 1991〜現在(有)鈴木隆之デザインネットワークを設立、主宰

1991年湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人中上健次津島佑子田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。

受賞歴[編集]

  • 1987 「ポートレイン・イン・ナンバー」で第30回群像新人文学賞受賞
  • 1989 大阪平和資料館コンペ佳作 入選
  • 2006 「小説家の家」でSD Review 2005 入選

著書[編集]

  • 「ポートレイト・イン・ナンバー」(現代企画室/1988) 
  • 「未来の地形」(講談社/1992) 
  • エースをねらえ!論」(風塵社/1995)
  • 「「建築」批判 空間をめぐる光芒」(彰国社/1995) ISBN 4-395-00430-X
  • 「不可解な殺人の風景」(風塵社/2002) ISBN 4-938733-97-8
  • 「500万で家をつくろうと思った」藤井誠二共著(アートン/2003)
  • 「パーフェクト・ワールド」(論創社/2014)
  • 「表現空間論」(英訳併記、論創社/2017)

外部リンク[編集]