伊藤武雄 (声楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 武雄
5 Ito Takeos.JPG
右から2番目の人物が声楽家の伊藤武雄(他の4人は同姓同名の人物である。1951年撮影)
基本情報
生誕 1905年8月2日
出身地 日本の旗 日本広島県広島市
死没 (1987-12-02) 1987年12月2日(82歳没)
学歴 東京音楽学校卒業
ジャンル 声楽
職業 声楽家バリトン
教育者

伊藤 武雄(いとう たけお、1905年(明治38年)8月2日 - 1987年(昭和62年)12月2日)は、日本の声楽家バリトン)、教育者広島県広島市出身。

経歴[編集]

1930年東京音楽学校東京芸術大学)卒。研究科に残りH・ヴーハー・ペーニッヒに師事。1935年デビューリサイタル。戦前から歌曲オペラに活躍。1937年日中戦争召集され従軍、上海の戦闘で右手を失うが、帰国後は母校の助教授として後進の育成に尽力した。またコロムビア・レコード専属となりドイツ歌曲の吹き込みを行う。1940年山田耕筰に請われオペラ「夜明け」で初舞台。しかし助教授がオペラに出るのは学校も文部省も当時許さず、学校は退職した。真剣にオペラに取り組み、新響演奏会で「フィデリオ」、「カルメン」、「フィガロの結婚」などの主役を張り、その歌唱で注目された。

戦後は藤原歌劇団のオペラ「リゴレット」や武智鉄二演出の「修禅寺物語」などに出演。また、邦訳歌詞の質の向上にも努め、シューベルトの「冬の旅」、「魔王」、「さすらい人」、モーツァルトの「魔笛」など、歌曲やオペラの日本語訳に優れた作品を残した。詩人の大木惇夫と共作した「誰かが誰かと」は、外国の歌はもっと原語に忠実に訳すべき、という考え方から、国民的唱歌の一つ「故郷の空」をロバート・バーンズの原詩、春歌の形に戻したもので1970年、一世を風靡したなかにし礼作詞、ザ・ドリフターズ歌の「誰かさんと誰かさん」は、これをさらに発展させたものである。

1948年には斎藤秀雄井口基成吉田秀和らと「子供のための音楽教室」発足に加わり、この後、江戸英雄や吉田、柴田南雄らと桐朋学園を訪れ、音楽科の併置を懇願するなどで桐朋学園大学創立にも尽力した。また同大学の声楽家主任教授として多くの後進を育てながら、1966年には「ルクリシアの凌辱」など、オペラの演出も手がけた。1959年には実写版の鉄腕アトムの主題歌を歌唱している。また東京大学音楽部の指導等も行った。演奏と教育の両面に於いて、日本の声楽界発展の基礎を築いた一人である。

1976年勲四等旭日小綬章受章。妻・伊藤花子もソプラノ歌手。

著書[編集]

  • 『左手の書 音楽伍長の手記』万里閣、1940

翻訳[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]