ヨハン・ホイジンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨハン・ホイジンガ
人物情報
生誕 (1872-12-07) 1872年12月7日
オランダの旗 オランダフローニンゲン
死没 1945年2月1日(1945-02-01)(72歳)
出身校 フローニンゲン大学
学問
研究分野 歴史学
研究機関 フローニンゲン大学ライデン大学王立科学アカデミー
テンプレートを表示

ヨハン・ホイジンガ[1]: Johan Huizinga [ˈjoːɦɑn ˈɦœy̯zɪŋɣaː][2][3]1872年12月7日 - 1945年2月1日)は、オランダの歴史家。サンスクリット文献研究から歴史研究に転じた。『中世の秋[4]『ホモ・ルーデンス』などの著作で知られる。

生涯[編集]

年譜[編集]

研究内容・業績[編集]

  • ホイジンガはブルクハルトのルネサンス観には、疑問を持っていた。彼は『中世の秋』で14-15世紀のブルゴーニュ公国の文化について考察を行っているが、第8章で遊びと真面目が截然としていない文化たるキリスト教社会にあって、卑猥な言葉も隠し言葉もこれらは全て民族的背景を基盤とし、貴族文化の成熟の象徴であると称えている。これを発展させ、人間の本質を「遊戯」に見出したのが『ホモ・ルーデンス』(1938年)である[5]
  • エラノス会議を通し神話学者のカール・ケレーニイ等とも交流があった。

日本に関する言及[編集]

ホイジンガは、オランダの東洋語・サンスクリット語学者であるラーデル教授から得た考察として、日本語に関する考察を述べている。[要出典]それによると、日本語は中国語とは対照的であるが、その反面、現代西洋語に酷似しているとのことである。

日本に与えた影響[編集]

  • 著作は邦訳されたものも多い。『中世の秋』の訳者で、ホイジンガ研究の第一人者である堀越孝一は、ホイジンガのシンボリック的暗示のもつ偉大なる魅力にとりつかれたと述べている。

伝記・用語[編集]

  • 里見元一郎『ヨハン・ホイジンガ その歴史観と文明論』(近代文芸社新書、2001年)
    • 『西欧中世の宮廷文明』(近代文芸社新書、2003年)- 「中世の秋」論がある。
  • ホモルーデンス (homo ludens) - 〔遊ぶ人の意〕 オランダの歴史学者ホイジンガの用語。遊戯が人間活動の本質であり,文化を生み出す根源だとする人間観。遊戯は生活維持を求める生物学的活動を超え、生活に意味を与えるものであると主張される[6]

著書[編集]

日本語訳
  • 『ホイジンガ選集』(全6巻、藤縄千艸ほか訳、河出書房新社、1971-72年、新装版1989-91年) 
    1. ホモ・ルーデンス、2. 明日の蔭の中で[7]、3. 歴史を描くこころ[8]
4. ルネサンスとリアリズム[9]、5. 汚された世界[10]、6. 中世の秋
  • 『祖国の歴史より ホイジンガ歴史画集』(里見元一郎訳・解説、河出書房新社、1972年)

脚注[編集]

  1. ^ 「ホイジンハ」、「ハウジンハ」と日本語表記したものもある
  2. ^ ネイティヴによる「Johan Huizinga」の発音”. Forvo. 2014年4月1日閲覧。
  3. ^ 「Huizinga」のオランダ語での発音は「ハウジンハ」または「ハイジンハ」に近い(『神戸新聞』1998年6月29日付夕刊、3頁。)。
  4. ^ 徳井淑子 『色で読む中世ヨーロッパ』講談社、2006年、37頁。ISBN 978-4-06-258364-0 
  5. ^ 片山一道 『身体が語る人間の歴史 人類学の冒険』筑摩書房、2016年、21頁。ISBN 978-4-480-68971-9 
  6. ^ コトバンク > 大辞林 第三版 > ホモルーデンスとは
  7. ^ 他に、人間と文化/バーナード・ショウの聖女/ロマン主義の諸テーマについての小さな対話
  8. ^ 他に、天使と闘う二人/歴史とは何か/歴史学の成立/三人の歴史家/ホイジンガ自伝
  9. ^ 他に、ルネサンスの問題/オランダはいかにして一つの国民となったか/エラスムス ほか
  10. ^ 他に、アメリカの精神/ヴァン・エイクの芸術
  11. ^ 創文社は、度々再版。河出版「選集6」と同一訳。
  12. ^ 責任編集・解説は堀米庸三。1971年に単行版、1979年に新装版「中公バックス 世界の名著 67 ホイジンガ」が刊(版は同一)
  13. ^ 「選集1」の単行版

参考文献[編集]

  • 栗原福也 『ホイジンガ その生涯と思想』潮出版社〈潮新書〉、1972年。 
  • 西部邁「38 ホイジンガ」 『学問』講談社、2004年、131-133頁。ISBN 4-06-212369-X 
  • 西部邁「文化的小児病への恐怖 ヨハン・ホイジンガ」 『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年、151-165頁。ISBN 978-4-7584-3629-8 

外部リンク[編集]