トラキスの女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トラキスの女たち』(: Τραχίνιαι, トラーキーニアイ, Trachiniai、: Trachiniae)は、ソポクレスによるギリシア悲劇の1つ。

題材はヘーラクレースの最後について。ヘーラクレースの妻デーイアネイラが待つトラーキースの屋敷に、ヘーラクレースに滅ぼされたオイカリヤの女たちが捕虜として連れてこられるが、ある男がデーイアネイラに事の真相(ヘーラクレースがオイカリヤ王の娘イオレーに恋をし、彼女を手に入れるためにオイカリヤを滅ぼし、彼女を家に住まわせるために捕虜という体裁を採っている)を暴露し、伝令のリカースもそれを認める。事態を憂いたデーイアネイラは、浮気防止薬と教えられていた「ネッソスの血」を塗った晴れ着をヘーラクレースに届けさせるが、「ネッソスの血」は実際は「ヒュドラー(水蛇)の猛毒」であり、ケーナイオン岬の戦勝感謝の供犠で晴れ着を着たヘーラクレースは死の病に倒れる。事の成り行きを息子ヒュロスから聞いたデーイアネイラは自死し、ヒュロスは父ヘーラクレースに自分の代わりにイオレーを娶ることを命令されつつ、その最後を看取る。以上の様を描く。

表題の「トラキスの女たち」は、舞台となっているヘーラクレースの屋敷があるトラーキースの女たちであり、舞台上ではコロス(合唱隊)の役割を担う。

上演年代は分かっていないが、『アイアース』『アンティゴネー』と共に、初期の作品だと考えられる[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

翻案[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集4』 岩波 p.410