レソス (エウリピデス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レソス』(レーソス、: Ῥῆσος, Rhēsos、: Rhesus)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。

トロイア戦争10年目の一場面を描いたものであり、内容は『イーリアス』第10巻「ドローネイア」に相当する。

作成年も真偽も定まっていない[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『希臘悲壯劇 エウリーピデース 上』 世界文學社、1949年
  • 『ギリシア悲劇全集Ⅲ エウリピデス篇Ⅰ』 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅲ エウリーピデース編〔Ⅰ〕』 鼎出版会、1977年
  • 『ギリシア悲劇Ⅳ エウリピデス(下)』 ちくま文庫、1986年
  • 『ギリシア悲劇全集9』 岩波書店、1992年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集9』 岩波 p.375-377