福の神 (アリストパネス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福の神』(ふくのかみ、: Πλοῦτος, Ploutos, プルートス: Plutus)は、古代ギリシアアリストパネスによるギリシア喜劇の1つ。

原題の「プルートス」は、「富の神」(福の神)を意味すると同時に、「富」そのものも意味した[1]

アテナイの老農夫クレミュロス、その召使カリオーン、富神プルートス、貧乏女神ペニアー、伝令・商売神ヘルメース等が絡みながら、貧富の問題を風刺する物語が展開される。

紀元前388年に上演された。アリストパネスによって生前に上演された最後の作品である[2]。アリストパネスはこの後に、『コーカロス』『アイオロシコーン』という2作品を書いているが、これらは彼の死後に息子アラーロースによって上演された。

紀元前408年にも同名の作品が上演されているが、断片しか残っておらず、内容上の関連性は分かっていない。

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集4』 岩波 p.442
  2. ^ 『全集4』 岩波 p.441